uchuu,首謀者Kが語る「生きてることもまさに音楽だ」

大阪を拠点を活動する男女混成5人組バンド。uchuu,(ウチュウ)が4月22日に3rdミニアルバム『HELLO, HELLO, HELLO,』をリリースした。ダイナミックなダンスミュージックと生命力溢れるロックを融合したハイブリッドサウンドに、英語詞や抒情的な日本語詞をのせた奥深い世界観。それはどのように生まれたのか?今回の初インタビューではバンドの首謀者であるKに話を訊いた。どこか理系的な佇まいを持つクールな存在感とは裏腹に、“人が好き”と人懐っこい口調で語る彼の多面的な思考回路は、まさにuchuu,の音楽そのものだった。(インタビュー&文:秦理絵)

u=You(あなた)、chu(キス)、u=you(あなた)

―オフィシャルHPによると、バンド名の表記にはu=You(あなた)、chu(キス)、u=you(あなた)という意味があるようですが。

K:もともと「uchuu,」は言葉の響きだけでつけたんです。日常の会話のなかで、「明日、ウチュウ見にいくねん」っていう会話があったら素敵やなって。でも、特にスペイシーな感じをやりたいわけではないので、表記は宇宙をイメージしすぎないように。それで、僕たちは人(の魅力)が大前提なので。自分を大切にしてほしい、uchuu,に関わる人はみんながハッピーな気持ちでいてほしい、という意味を文字には込めました。

―結成はどんなふうに?

K:もともとは僕が前のバンドを解散したときに、もうバンドは組むつもりもなかったんです。でも、Sujin(B)が別のバンドでやる企画に誘われて。「バンドせえへんて言ってるのに」と思ったんですけど。それに出るために作ったのがuchuu,なんです。

―そこからメンバーを集めて?

K:そうですね。でも「もうバンドやめる!」って言ってた人間やから、売れたい欲は全くなくて。単純に好きな人とやろうと思ったんです。だからErico(Key)もAiriちゃん(Dr)も別のバンドをやってたけど、二足のわらじで両方ともがんばるんじゃなくて、「uchuu,は楽しくやろうよ」みたいな感じがベーシックです。Hiroshi(Sequence・Percussion)も別のバンドをやっててたんですけど、後から加入して。僕らは岩さまって呼んでるんですけど……。

―岩さま?

K:名字が岩崎なんで(笑)。居酒屋でこの電話に岩さまが出たらメンバーに誘おうみたいなノリで。「10分で行きます」って来てメンバーになったんですよ。

―ちなみにHiroshiさんの担当がシークエンス、パーカッションになってるんですけど、これは具体的には何をするんですか?

K:実際には踊ってるだけです(笑)。

―そうなんですか!?

K:ま、パーカッションはやってますよ。シークエンスっていうのは同期ですね。プログラミングは僕の担当なんで、ライブでは絶妙の間でパーンッて再生・停止をやる係です。メンバーの空気を読まないとできないんですよ(笑)。リアルタイムでエフェクトをかけたり、DJ的なこともやりますね。ファンモン(FUNKY MONKEY BABYS)のDJケミカルみたいな感じかな。

―ああ、ムードメイカー。

K:あの人がいないとuchuu,は成り立たないですね。

音楽すべてダンスミュージックやと思ってる

―なるほど。Kさん自身けっこう音楽は何でも聴くタイプみたいですけど、一番影響を受けたのは何だと思いますか?

K:一番は難しいな……。

―たとえばuchuu,の曲ってロックとダンスミュージックを融合したサウンドじゃないですか。ポストパンク的なものとか?

K:メンバーみんな好きなのはLUNA SEAじゃないですかね(笑)。あー……でもルーツ…一番って言われたら、父親の影響で子供のころによく聴いてたのはレッド・ツェッペリンなんです。ギターをはじめたきっかけもツェッペリンですね。

―そこからダンスミュージックに傾倒していく時期とかはあったんですか?

K:ダンスミュージックに向かっていくというよりは、結果ダンスミュージックに繋がったという感じなんです。いわゆる踊れる音楽を聴こうと思って聴いたわけじゃなくて、気づいたら、あ、ダンスミュージックってこういう良さがあるよねっていう。だから、今もダンスミュージックをやろうとは思ってやってないし。音楽すべてダンスミュージックやと思ってる。言い方が正しいかわからないですけど、にわかダンスミュージックはあんまり好きじゃないですね。たとえば4つ打ちでもそれは思います。

―Kさんにとって本物のダンスミュージックだと思うアーティストは?

K:ダフト・パンクは完全にダンスミュージックですね。ファレル(・ウィリアムス)もそうだし。シックとか、ニュー・オーダーもそうですね。

―さっき言ってた、すべての音楽はダンスミュージックっていうのはもう少し詳しく言うと?

K:結局、何かが踊るんだと思うんですよ。身体が踊る、心が躍る。今回の「HELLO」っていう曲でも言ってるんですけど、テンポを表すBPMっていう言葉は医学用語なんですね。1分間に何拍脈打つか。それに気づいて、生きてることもまさに音楽である。それがきっかけで全部ダンスミュージックやなと思うようになったんです。

―とはいえ、にわかダンスミュージックには嫌いというか、理想とするダンスミュージック像があるわけですよね。

K:んー、自分が理解できてないだけかもしれないんですけど、「どういう経緯で4つ打ちになったん?」と思うことがあるんです。4つ打ちはめっちゃ深いんですよ。まったく同じ4つ打ちでも200パターンぐらいある。たとえばPCを使って1拍を16個にわけて、それを1つ後ろにズラしたら沖縄っぽい感じ、2拍ズラしたらアフリカっぽい感じになるっていうのをドキュメンタリー番組でやってましたけど。そこまでやれるからYMOは海外のアーティストも好きなんでしょうね。ジャパニーズテクノとして。

今回は僕たちもちゃんと伝える作業をする。漠然とした絵から具体的な絵になったというか。
天気が晴れです、丘の上です、ぐらいは言おうっていうのはありました

―Kさんはそういうふうに音楽を分析するのが好きなんですか?

K:研究するのは好きですね。

3rd Mini Album『HELLO,HELLO,HELLO,』からリード曲「HELLO」

―今回のアルバム『HELLO,HELOO,HELLO』はuchuu,のダンスミュージック的なこだわりもありつつ、ロックが持つ生命力をすごく感じる、作り手が見える作品になったと思います。

K:ありがとうございます。

―曲づくりのときに目指した方向性はありましたか?

K:特になかったですけど。でも、1曲1曲、具体的にしようっていうのはありました。今までは聴いてくれた人に風景が見えるような音楽を作りたくて、絶対的な何かを提示しなかったんですね。誰かがいて初めて成立する音楽だった。でも、それは僕らが伝える作業をしてないような気がして。今回は僕たちもちゃんと伝える作業をする。漠然とした絵から具体的な絵になったというか。天気が晴れです、丘の上です、ぐらいは言おうっていうのはありましたね。

―まさに「AO-HARU」は青春の群像が見えるような曲ですし。

K:そうですね。「AO-HARU」は、日本語詞でしかできない表現をしたかった曲です。

―今作では日本語詞の比重が増えたこともあり、J-ROCK寄りのアプローチにも感じましたけど。何か意図はあったんですか?

K:やっぱり日本語はより細かく気持ちを表現できるんです。そのぶん日本語にすると踊るっていうよりも聴くものになりますよね。英語はリズム感が良いので、結局、音楽的になるけど。僕はダンスミュージックは言葉がないのが理想だと思ってるので。ヴォーカルが入ると、本物のダンスミュージックからズレていくんですよね。

―ズレといえば、「calling」のピアノだったり、「labyrinth」のアコースティックギターだったりもいわゆるダンスミュージックのイメージとはズレてるというか。

K:生楽器は今回から出てきたっていうよりは、ずっと曲づくりで使ってきたものが、そのまま曲に配合されたっていう感じですね。曲は全部ガットギターで作ってるんですよ。アコースティックギターは持ってないので(笑)。もともとメンバー全員がアナログが好きなんですよね。同期を使ってエレクトロって言われるけど、僕らが使う機材はデジタルじゃない。アナログのシンセサイザーだったり、アナログの何かなんです。でも最近はますます生楽器が好きになってきてますね。

―なるほど。今回のアルバムでは、「Calling」とかそうですけど、Kさんヴォーカルの存在感も増しているような気がします。

K:それは、岩さまの影響ですね。今までヴォーカルに関しては誰も何も言わなかったんです。でも、岩さまは「(ヴォーカルに)Kさんの良さが出てないな」って言ってくれて。

―それは大きいですね。

K:やっててもわかりました。「あ、そっちのほうが良いよな、確かに」って。しかも、けっこうギリギリを歌うのが好きで。鬼気迫る感じというか。これはロックにしか出せませんよね。

自分のことを24枚組ディスクだなって。ちょっとわからんくなる(笑)

―変な質問ですけど、Kさんはダンスミュージックとロックはどちらが好きですか?

K:ロックですね。結局、ロックは感情論ですから。極端に言うと、ダンスミュージックには感情がない。音楽そのものだと思うんです。うーん、難しいな……アゲですよね。アッパー。でもロックはアッパーでもあり、ダウナーでもあり、日常的な平然でもあり。いろんなものを表現できると思うんです。

―うん。そのダンスミュージックとロックの二面性もそうですし、全ての音楽がダンスミュージックだけど、にわかダンスミュージックは嫌いとか、エレクトロな音楽だけど生楽器が好きとか。そんなKさんの複雑さがuchuu,なんだなという気がしました。

K:最近それは自分でも思うんです。自分のことを24枚組ディスクだなって。チェンジャーから24枚のいろんな側面が出てきて、自分でもちょっとわからんくなるんですよ(笑)。たぶん人が好きすぎるんだと思います。誰かが言ってたことを、「へー」って思ったら納得しちゃうところがあって。たまに、「大丈夫か?俺」って思いますよ。「俺はこうですから」って言ってるほうがかっこいいじゃないですか。アーティストとしては。

―逆にその素直な感じがKさんらしいのかも。

K:そうですかね(笑)。

―じゃあ、最後にこのアルバムを引っさげたリリースツアーが6月から始まるということで意気込みをお願いします。

K:『HELLO, HELLO, HELLO』っていうアルバムなので、いろんな人と出会いたいと思います。まずは、このアルバムで新しいお客さんとも出会って。そしたら、ぜひツアー、ライブに来もてほしいです。今まで出会ってくれてた人も、このアルバムで出会ってくれた人も、みんなライブでもう一度再会しましょう。そんな気持ちですね。

uchuu, リリース情報

HELLO,HELLO,HELLO,

2015年4月22日発売

PECF-3142 \1,500円(税抜)

1; AnswerSong 2; HELLO 3; labyrinth 4; AO-HARU 5; HARDDISK 6; calling (#NHK_FM “Music Line” 4月5月オープニングソング)

uchuu,3rd Mini Album『HELLO,HELLO,HELLO,』ライヴ情報

6月3日( 水) 神戸・太陽と虎

6月16日(火) 福岡・LIVE HOUSE Queblick

7月1日(水) 愛知・名古屋APOLLO BASE

7月2日(木) 東京・下北沢シェルター ゲストバンド:或る感覚

7月9日(木) 大阪・梅田zeela ゲストバンド有※後日発表

ツタロック×SHIBUYA TSUTAYA presents SCRAMBLE FES 2015開催概要

■開催日時:2015年6月7日(日) 12:00会場/13:00開演(リストバンド交換は11:00から実施します)
■出演:赤色のグリッター、uchuu,、Awesome City Club、空想委員会、恋する円盤、Shiggy Jr.、シシド・カフカ、SHIT HAPPENING、シナリオアート、水曜日のカンパネラ、セプテンバーミー、NUMBER VOGEL、NECOKICKS、Bentham、魔法少女になり隊、Mrs. GREEN APPLE、Yogee New Waves、LILI LIMIT
■会場:TSUTAYA O-EAST、O-WEST、O-Crest、O-nest(東京都渋谷区道玄坂2-14-8 2F)
■料金:スタンディング:4,500円(税込/1ドリンク代込)
■チケット:SHIBUYA TSUTAYA店頭、Tチケットにて発売中。Tチケットでご購入の上、Tカードで入場された方全員にTポイント39(サンキュー)ポイントプレゼント!
5月2日(日)AM10:00 イープラス(http://eplus.jp)、チケットぴあ(Pコード:263-986)にてチケット取り扱い開始。
■主催/企画/制作:SHIBUYA TSUTAYA、株式会社TSUTAYA、株式会社シブヤテレビジョン
■協力:Tチケット

uchuu, オフィシャルサイト

ツタロック×SHIBUYA TSUTAYA presents SCRAMBLE FES 2015開催概要

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST