大木伸夫(ACIDMAN)「映像にも興味を持ちだしたきっかけ」 「不滅の名盤 」×「MUSIC SOUP -45r.p.m.-」

著名人が人生を変えた名盤45曲をリコメンド!
ACIDMANのフロントマンであり、楽曲のほとんどを手掛ける大木伸夫。科学用語を織り交ぜた歌詞や詩的なリリックで独自の世界観を表現したプロモーションビデオは高い評価を受け、文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞している。映像にこだわるようになったきっかけはbjörkだと語る彼の選んだ45曲とは (2012年7月オンエア)

※第8回 文化庁メディア芸術祭 にてACIDMAN short film 「彩-SAI-(前編) / 廻る、巡る、その核へ」がアニメーション部門で優秀賞に選ばれた

大木伸夫

大木伸夫のプロフィール

'77年埼玉県生まれ。”静”と”動”を行き来する幅広いサウンドで3ピースの可能性を広げ続ける日本を代表するロックバンド”ACIDMAN”のVo&Gを担当。宇宙に造形の深い”宙ボーイ”としても知られる。

はじめて聴いたときのカッコよさはすごく覚えていますね

リンダリンダ

リンダリンダ / THE BLUE HEARTS

中学校の最初のころに、まだバンドもやってないしギターも弾いてない時代でした。当時BOOWYとかが流行ってて、もちろん素晴らしくてカッコいいなと思ったんだけど、自分のなかではもう少し荒々しいほうがいいというか、もっとがむしゃらなものがいいなと思っていたらこのバンドに出会ったんです。

作品詳細・レビューを見る

はじめて歌った曲がツェッペリンの「ROCK AND ROLL」

ROCK AND ROLL

ROCK AND ROLL / LED ZEPPELIN

いまのACIDMANの前身はギターだけのバンドだったんですけど、ヴォーカルだけをやるというバンドも高校時代には友達とやらせてもらって。それではじめて歌ったのがこの曲でした。

作品詳細・レビューを見る

なんといってもギタリストのソロ

DADDY,BROTHER,LOVER,LITTLE BOY(THE ELECTRIC DRILL SONG)

兄貴の影響でギターを始めたんですけど、なかなかバンドが組めなくて。高校に入ってバンドを組むんですけど、ポール・ギルバートのソロにすごく衝撃を受けて。バンドでずっとこの曲を練習してた記憶があります。

作品詳細・レビューを見る

映像にも興味を持ちだしたきっかけ

ALL IS FULL OF LOVE

これはPVを最初に見ました。あのビデオを見てすごく切なくなって。自分は曲から先に作るんです。そこから浮かんだものを言葉にしていったり、そのときに得た気持ちを言葉にする。そういう時にけっこうビジョンがあるので、それとズレてしまうのはなんか嫌。必然的にどんどん映像のほうにもこだわるようになっていった感じです。

作品詳細・レビューを見る

音楽だけでなく詩も素晴らしい

夏の日の午後

夏の日の午後 / eastern youth

それまでずっと洋楽しか好きじゃなくて、洋楽のほうが優れているという間違った考えをずっと持っていたんです。大学のときにアルバイトをしていたCD屋さんの店長がすごいパンクな人だったんですが、その人が「そういう音楽が好きなら絶対に邦楽も素晴らしいのがあるから」って教えてくれて。「こんなにギターが荒々しくて、叫んでる音楽が日本にあるんだ」と思いました。

作品詳細・レビューを見る

大木伸夫の人生に影響を与えた45曲

1. JUPITER,THE BRINGER OF JOLLITY/HERBERT VON KARAJAN
2. リンダリンダ/THE BLUE HEARTS
3. 歩いていこう/JUN SKY WALKER(S)
4. CRAZY DOCTOR/LOUDNESS
5. DADDY,BROTHER,LOVER,LITTLE BOY(THE ELECTRIC DRILL SONG) /Mr.BIG
6. LIVE WIRE/Mötley Crüe
7. ROCK AND ROLL/LED ZEPPELIN
8. ENTER SANDMAN/METALLICA
9. GIVE IT AWAY/RED HOT CHILI PEPPERS
10. BASKET CASE/GREEN DAY
11. MIRANDA/ALL
12. BREED/NIRVANA
13. DOWN/311
14. BEETLEBUM/BLUR
15. CALVIN/THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION
16. POW/BEASTIE BOYS
17. BOMBTRACK/RAGE AGAINST THE MACHINE
18. DEVILS HAIRCUT/BECK
19. SPOON/CIBO MATTO
20. REAL GREAT BRITAIN/ASIAN DUB FOUNDATION
21. CREEP/RADIOHEAD
22. ANSWER FOR…/BRAHMAN
23. STAY GOLD /Hi-STANDARD
24. REFLECTION ETERNAL/NUJABES
25. WHEN/VINCENT GALLO
26. OPPOSITE SIDE/OTHELLO & THE HIPKNOTICS
27. THE MOON WAXES/CALM
28. POETS OF THOUGHT the rhyme goes on/LTJ BUKEM
29. 1日7拍子/ロレッタセコハン
30. TWO MONTHS OFF/UNDERWORLD
31. RIGHT HERE,RIGHT NOW/FATBOY SLIM
32. KNIFE/DRY & HEAVY
33. STAR GUITAR/THE CHEMICAL BROTHERS
34. ALL IS FULL OF LOVE/björk
35. FRIEND OF THE NIGHT/MOGWAI
36. ファウスト/bloodthirsty butchers
37. 夏の日の午後/eastern youth
38. トカゲ/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
39. ベルガマスク組曲 3)月の光/Michel Béroff
40. 美貌の青空/04/坂本龍一/ジャキス・モレレンバウム/後藤勇一郎
41. HEART OF THE SUNRISE/YES
42. TWENTY FIRST CENTURY SCHIZOID MAN/KING CRIMSON
43. Glósóli/Sigur Rós
44. ALICE CHILDRESS/BEN FOLDS FIVE
45. Hoppípolla/Sigur Rós

MUSIC SOUP -45r.p.m.-

音楽に対し、愛情深くもシビアな耳を持つ“Music Master”たちが、自身の音楽体験を45曲に託して披露する音楽番組。毎回一人のアーティストが登場し、人生の岐路で出会った珠玉のナンバーと思い出の数々を自らの言葉で語ります。素敵な楽曲との出会いから、出演者の人生に関する深い話まで、栄養満点の20分間。

試聴方法や放送スケジュールはこちらから

ここで紹介した名盤コーナーはTSUTAYA店頭でも展開中!

 

 

 

ACIDMAN オフィシャルサイト

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST