【おすすめ!海外ドラマ】レナード・ニモイ追悼:『宇宙大作戦』そして『スタートレック』シリーズ

スポックとレナードの対談で書かれた自伝『私はスポック』

『スタートレック』で一躍有名になったレナード・ニモイ。この顔はどこかで見たことがあるはず

先日、レナード・ニモイという米国俳優が亡くなりました。

宇宙大作戦』(「スタートレック」)で演じた「Mr.スポック」役で一躍スターとなった俳優です。

この『宇宙大作戦』は1966年に放送が開始されSFドラマ。

本作の生みの親であるプロデューサーのジーン・ロッテンベリーの徹底したこだわりによって作り上げられた未来社会では、貨幣も差別も貧困もなく、人々は向上心をモチベーションに「人類最後のフロンティア」である宇宙をエンタープライズ号で探索する物語です。

リメイク版もヒット

シリーズは、『宇宙大作戦』に続き、『新スタートレック』『スタートレック:ディープスペースナイン』『スタートレック:ヴォイジャー』『スタートレック:エンタープライズ』と全5作に及び、テレビドラマを元にした映画も多数制作されています。

2009年、2013年にはJ・J・エイブラムス監督クリス・パイン主演でリメイク映画が公開され、2作ともヒットしているので、こちらをご覧になった方も多いかもしれませんね。

レナード・ニモイが出演していた『宇宙大作戦』はスタートレックシリーズの原点であり、物語の世界観を定義する基本となる作品です。ウィリアム・シャトナー演じる熱血艦長ジェームス・T・カーク

彼を支えるのは、論理と理性を規範として行動するヴァルカン人と、人間のハーフ、Mr.スポック。そして医師としてエンタープライズに搭乗するレナード・マッコイの3人が主役であり、トレッキーと呼ばれる本作の熱狂的なファンはこれらの役柄をこよなく愛しています。

『スタートレック』シリーズなら、エピソード満載の「ヴォイジャー」

「ヴォイジャー」は幅広いエピソード展開で飽きない

「ヴォイジャー」は幅広いエピソード展開で飽きない

もちろん、『宇宙大作戦』は是非観ていただきたい作品ですが、SFドラマの枠組みを超えて、多様なテーマで完成度の高いエピソードが並ぶスタートレック:ヴォイジャーを未観の方にまずお勧めしたいと思います。

シリーズの中では、話題に上る機会の少ない作品なのですが、異星人(=文化背景の異なる人々)との交流から人間社会の問題を鋭く指摘したようなエピソードや、シリーズ最大の敵となる機械生命体集団ヴォーグとの壮絶な戦い。艦長が女性という設定から生まれるジェンダー問題を考えるようなものまで、幅広いエピソード展開で飽きることがありません。

また、『X-メン』でもおなじみのパトリック・スチュワートがピカード艦長を演じる『新スタートレック』、宇宙ステーションを舞台とした『スター・トレック:ディープスペースナイン』、最終シリーズとなった『スター・トレック:エンタープライズ』まで、いづれも見ごたえ十分な作品が並びます。

世界中に多くのファンが存在し、番組放送終了後も新たな視聴者を獲得し続けるSFドラマの名作です。

まだ観ていない方、オタクっぽいと観ずに遠ざけている方も、是非一度、本シリーズを鑑賞してみてください!

長くにわたってファンを持つ作品の底力を感じていただけるはずです。
”Live long and prosper”

(文:鈴木 菜月)

鈴木菜月

海外ドラマウォッチャー。『ビバリーヒルズ青春白書』に出会って以来、海外ドラマファンに。毎年秋の新ドラマスタート時期には、ネットを駆使して米各ネットワークの話題のドラマ第1話をチェック。今一番のお気に入りドラマは『ビッグバン★セオリー』

TM & (C) 2013 CBS Studios Inc. STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved. TM, (R) & (C) by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

レナード・ニモイ

生年月日1931年3月26日(83歳)
星座おひつじ座
出生地米ボストン

レナード・ニモイの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST