【おすすめ!海外ドラマ】ベネディクト・カンバーバッチの出世作、『シャーロック』な英国の魅力

海外ドラマ好きの方の多くは、セレブ情報にも詳しいのではないか? と思います。

昨年くらいから、日本でも人気が高まっているのが最近公開された映画『イミテーションゲーム』でも主役を務めたベネディクト・カンバーバッチです。

チベットで英語教師もしていた異色の経歴

メールの表示などをうまく演出している『シャーロック』 Colin Hutton (C)Hartswood Films 2010 John Rogers (C)Hartswood Films 2010

メールの表示などをうまく演出している『シャーロック』 Colin Hutton (C)Hartswood Films 2010 John Rogers (C)Hartswood Films 2010

両親ともに俳優で、父方の祖父はロンドンの社交界の有名人でもあった、という家柄出身です。大学入学前の一時期、チベットの僧院で英語を教えていた、という面白い経歴の持ち主でもあります。

彼の人気が日本でも上昇するきっかけとなったのが、今回ご紹介する『Sherlock/シャーロック』です。

日本で放送される海外ドラマは米国製作のものがほとんどですが、本作はカンバーバッチの母国である英国BBC製作・放送のミステリ。

タイトルからわかるように、アーサー・コナン・ドイルの名作 『シャーロック・ホームズ』を原案に、舞台を現代のイギリスに置き換えて 物語は展開しています。

21世紀のシャーロック・ホームズは、天才的なひらめきと推理力だけでなく、デジタル機器を駆使して事件を解決します。

相棒のワトソンと共に、スコットランド・ヤードが解決できない事件の中から、自らが満足できる案件だけを無償で引き受け、解決に導きます。

スローペースの英国ドラマ

カンバーバッチ演じるシャーロックは、頭脳明晰で多くの分野に秀でた 知見を持っていながらも、偏屈で人を見下した態度が共に事件に挑む人々をうんざりさせています。

反面、その立ち振る舞いがなんとも 英国人らくしもあり、カンバーバッチの洗練された雰囲気と相まって、 多くの女性を虜にしています。

2010年に放送が始まっているのですが、作品の高い完成度を求める あまり、米国ドラマとは比べ物にならないくらいゆっくりとしたペースで 作られており、1シーズンが3話で構成されているので今からでも 物語の全貌を充分にキャッチアップできます!

英国ならではの高貴さと洗練を身にまとったカンバーバッチの破天荒な活躍を、彼のゴシップと共にお楽しみください!

Elementary, my dear Watson.

(文:鈴木 菜月)

鈴木菜月

海外ドラマウォッチャー。『ビバリーヒルズ青春白書』に出会って以来、海外ドラマファンに。毎年秋の新ドラマスタート時期には、ネットを駆使して米各ネットワークの話題のドラマ第1話をチェック。今一番のお気に入りドラマは『ビッグバン★セオリー』

ベネディクト・カンバーバッチ、「カンバービ●チ」を自称するファンに苦言!

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ベネディクト・カンバーバッチ

生年月日1976年7月19日(42歳)
星座かに座
出生地英・ロンドン

ベネディクト・カンバーバッチの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST