【おすすめ!海外ドラマ】人気の証“スピンオフ”も気になる『クリミナル・マインド』

海外ドラマを数多く楽しんでいるファンの方なら、人気の出たドラマが本編の設定や世界観を前提として、脇役を物語の中心に据えて新たに作られる「スピンオフ」と呼ばれる兄弟作品が数多くあることをご存じだと思います。

『クリミナル・マインド』 (C)ABC Studios and CBS Studios, Inc.

『クリミナル・マインド』 (C)ABC Studios and CBS Studios, Inc.

本コラムでも以前ご紹介した、最終シリーズとなった『CSI:科学捜査班』は、本編の人気を足がかりに2本のスピンオフを生み、そのいづれも長く続くシリーズとなった代表作です。

クライムサスペンスの金字塔『CSI:科学捜査班』もスピンオフ

CSI:科学捜査班』同様、クライムサスペンス系の海外ドラマで、今年に入って新たなスピンオフの制作が決定していたのが、『クリミナル・マインドByound Border』です。

本作は『CSI:NY』でマック・テイラーを演じたゲイリー・シニーズが再び主人公として抜擢!本国では本編の第10シーズン内でパイロット放送が行われたようで、是非作品を観た方の感想や意見が知りたいところ。

そして、本作を生みだした『クリミナル・マインドFBI行動分析課』は実在するFBIのプロファラー集団行動分析課(BAU)を舞台に、凶悪犯罪やシリアルキラーたちの陰惨な事件を微細な証拠や痕跡から、その行動や思考のパターンを読み解き解決していくストーリー。

各エピソードの中には実際に米国を震撼させた事件を下敷きにしたと思われるものもあり、犯罪モノが苦手という方には、少々刺激の強い描写や事件設定も…。

クリミナル・マインド FBI行動分析課』も前述した通り、米国では第10シーズンが放送を終え、日本でもすでに第9シーズンまで放送されている長寿ドラマ。厳しい事件に直面しながらも、お互いを思いやり、助け合う個性的なメンバーの家族のような姿に、感情移入してしまうファンも後を絶たず!

未見のクライムサスペンスファンの方がいらしたら、新スピンオフ放送が日本でも決定する前に、必ず本家をご覧いただくようお薦めしておきます!

…no matter what we do, no matter how hard we work,
no matter how good we are at what we do, this is never going to end.

(文:鈴木 菜月)

鈴木菜月

海外ドラマウォッチャー。『ビバリーヒルズ青春白書』に出会って以来、海外ドラマファンに。毎年秋の新ドラマスタート時期には、ネットを駆使して米各ネットワークの話題のドラマ第1話をチェック。今一番のお気に入りドラマは『ビッグバン★セオリー』

クリミナル・マインド シーズン1

クリミナル・マインド シーズン1

出演者 マンディ・パティンキン  トーマス・ギブソン  シェマー・ムーア  マシュー・グレイ・ガブラー  A.J.クック  カーステン・ヴァングスネス  ローラ・グラウディーニ
監督 リチャード・シェパード  チャールズ・ヘイド  ケヴィン・ブレイ  マット・アール・ビーズレイ  ガイ・ノーマン・ビー  アーネスト・R.ディッカーソン  ピーター・エリス  フェリックス・アルカラ  アンディ・ウォーク  アダム・デヴィッドソン  トーマス・J.ライト  クリス・ロング  J・ミラー・トービン  グロリア・ムツィオ  ポール・シャピロ  エドワード・アレン・バーネロ
製作総指揮 マーク・ゴードン  エドワード・アレン・バーネロ
脚本 ジェフ・デイヴィス[脚本]  アーロン・ゼルマン  エドワード・アレン・バーネロ  ジュディス・マクレアリー  アンドリュー・ワイルダー  サイモン・ミレン  デブラ・J・フィッシャー  エリカ・メッサー  エド・ネイピア  クリス・マンディ
概要 FBI行動分析課“BAU”の捜査官たちの活躍を描くサイコ・ミステリー。シアトルで女性を狙った連続殺人が起こり、ベテランのプロファイラー、ギデオン捜査官が呼ばれるが、チームのリーダー、ホッチナーは彼の能力に疑念を抱いていた。彼のチームには、爆弾処理班出身のモーガン、性犯罪のエキスパート、エル、天才的な頭脳の持ち主ドクター・リード、マスコミ対応を担当するJJ、元ハッカーでコンピュータに精通するガルシアがいる。チームは一丸となって事件解決にあたるのだが…。製作総指揮は「スピード」「プライベート・ライアン」のマーク・ゴードン。出演はマンディ・パティンキン(「シカゴホープ」)、トーマス・ギブソン(「ふたりは最高! ダーマ&グレッグ」)、マシュー・グレイ・ガブラー(「(500)日のサマー」)、シェマー・ムーア(「死刑判決」)、A・J・クック(「デッドコースター」)、ローラ・グラウディーニ(「ブロウ」)、カーステン・ヴァングスネス(「LAX」)。製作総指揮のひとり、エドワード・アレン・バーネロ(「サード・ウォッチ」)は元警察官。監督、脚本も兼ね、本作をよりリアルなものにしている。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ゲイリー・シニーズ

生年月日1955年3月17日(63歳)
星座うお座
出生地シカゴ

ゲイリー・シニーズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST