篠原ともえが自作ワンピースで登場!『デビアスなメイドたち シーズン1』DVD&デジタル配信リリース記念イベント

 (C)2015 ABC Studios.

 篠原ともえ(中央) (C)2015 ABC Studios.

『デスパレートな妻たち』のスタッフが贈る、オシャレでセクシーな5人のデビアス=(よこしま)なメイドたちが、セレブ屋敷の秘密を暴く、コミカルでスキャンダラスなサスペンスドラマとして人気を集めている『デビアスなメイドたち シーズン1』の、DVD&デジタル配信記念イベントが、ユザワヤ新宿タカシマヤタイムズスクエア店イベントスペースで開催された。

真っ赤なカーペットが敷かれた会場に軽快な音楽が鳴り響くと、海外ドラマ『デビアスなメイドたち』出演者のような、黒のメイド服に包まれたモデル4名が登場。衣装の上には、<ジャパニーズ・スタイル・エプロン=割烹着>を着用していた。続いて、今回のユザワヤ主催<ドラマに出演するメイドたちに着させたい!オリジナル割烹着を作ろう、デコろうキャンペーン!>の特別審査員でもある篠原ともえが、デビアスなメイドをイメージしてデザインした、赤を基調のメイド風ワンピースで華やかに登場。衣装について訊かれた篠原は、「可愛らしい赤のメイド風ワンピースをデザイン&製作しました。デザインに3~4日かかりましたが、インスピレーションが降りてきた後は一気に仕上げました。ドレスは丸3日夜な夜なかけて、本番寸前まで夢中で製作しました」と語った。

その後MCが、篠原がデザインした割烹着のイラストパネルを披露。ベールに包まれた1体のマネキンから、音楽と共にベールを外して、割烹着がお披露目された。ユザワヤ芸術学院講師により製作された、自身がデザインした割烹着を見ての感想は? という質問には、「世界に1つだけの真っ白なオリジナル割烹着<メイドレス>に大満足です。今回のデザインのポイントはダイナミックなAライン。和×洋で、クルッと廻ってもかわいい、オリジナルなフリルも付けました。中の衣装が見えるシースルーの生地。光をはじく素材で、明るくキラキラ光る白にしました。日本だと着物の上に羽織るので、裾を含めて、可愛い+セクシーをイメージしています」と楽しそうに答えた。

続けて篠原は、「また、デザインはプレゼントだと思いますので、働く皆さんに力を与えたい。日本の女性の力になるようなデザインとして、大きなリボンをデザイン=プレゼントしました。後ろのリボンが大きくてかわいいので、テンションが上がります!」とコメント。「今回のお仕事で<オリジナル割烹着=メイドレス>を製作したので流行らせたいです。」とも付け加えた篠原は、「そしてもっともっと手芸を流行らせたいので、イベントで仲良しになった、ももクロちゃん(ももいろクローバーZ)と一緒にドレスなども作ってみたい」と語り、創作意欲に改めて火が付いた様子。

最後にMCより、『デビアスなメイドたち』について訊かれると、「カルチャーとか時事ネタが入っているので、海外ドラマは、勉強で月2~3本見てファッションやインテリアなどを参考にしています。本作は展開が予想出来ない内容で、メイドという仕事をしながら、事件を解決したり自分の夢を見たりと、たくさんの要素が詰まっていて、仕事をしながらも多くの夢を持っている日本の女性のみなさんにもリンクする作品だと思います。文化のことファッションのことなど、とても楽しく見易い海外ドラマです」と締めくくった。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST