アニメ『3月のライオン』2期記念! おいしそうな食マンガ5選 -TSUTAYAマンガ通おすすめ

美味しそうなご飯がでてくるおすすめマンガ

昨年アニメが放送され、今年春には実写映画も好評だった『3月のライオン』。アニメ2期が10月からスタート! 実はこの作品、作中で出てくるごはんがとっても美味しそうなんです。そんな食欲の秋にもぴったりなごはんが美味しそうな漫画をご紹介。

プロ棋士の孤独な少年と下町に住む3姉妹をつなぐ橋は……

『3月のライオン』(羽海野チカ 著、白泉社 刊)

3月のライオン』(羽海野チカ 著、白泉社 刊)

高校に通いながらプロ棋士として将棋を指す桐山零。幼い頃家族を事故で失い、棋士の家に引き取られプロになった彼は、東京の下町で出会った川本3姉妹との交流の中で、失った夢や家族への想いを取り戻していく……。

【美味しそうなポイント】
将棋がテーマの作品ですが、ストーリーの中で欠かせない名脇役に川本3姉妹・長女あかりの手作りごはんがあります。次女・ひなたの受験勉強のときは好きなものを全部のっけた「甘やかしうどん」であったまり、家族で手巻き寿司パーティするときの具のひとつ「マグロのゴマ塩ユッケ」はお酒のおつまみにもしたくなっちゃう! “あかりおねいちゃん”のごはんを想像するだけで心が温まります。

作品詳細・レビューを見る

手を抜いても満足します! おいしくて可愛いグルメ・ショート!

『花のズボラ飯』(水沢悦子 著、秋田書店 刊)

花のズボラ飯』(水沢悦子 著、秋田書店 刊)

単身赴任の夫を持つ主婦・花は、今日もひとりごはん。支度にはあまり手をかけず、できる限りズボラしちゃいます。ズボラ飯のレシピものっていることもうれしいポイントです。

【美味しそうなポイント】
ひとりで作るごはんってどこか雑になってしまうもの。でも美味しいものが食べたい! そんな方は花さんのズボラ料理テクニックを真似してみてはいかがでしょう。カレーを最後の最後まで楽しめる花さん、ズボラの味方です!

作品詳細・レビューを見る

お隣のイケメンに、料理も恋も勉強中!

『トナリはなにを食う人ぞ』(ふじつか雪 著、白泉社 刊)

トナリはなにを食う人ぞ』(ふじつか雪 著、白泉社 刊)

大学進学と同時にひとり暮らしを始めたすずな。大学デビューを目指しはりきるも、上京早々金欠で行き倒れかける。そこを救ってくれたのが、お隣でクラスメイト瀬戸。以来、すずなは瀬戸に料理を教わりながら……。

【美味しそうなポイント】
料理を通してふたりの距離が少しずつ変わっていくのが読んでいてとっても癒されます。すずなのように料理が苦手でも瀬戸のような先生がいたら頑張ってしまうなと、うらやましくなってしまいます。

作品詳細・レビューを見る

野菜ってこんなに奥深い!

『にがくてあまい』(小林ユミヲ 著、マッグガーデン 刊)

にがくてあまい』(小林ユミヲ 著、マッグガーデン 刊)

仕事はバリバリのキャリアウーマンのマキ。男子校の教師でゲイのイケメン・渚。ひょんなことからふたりの共同生活が始まり、ベジタリアンの渚が作る料理をきっかけにマキは嫌いだった野菜に向き合うことに……。

【美味しそうなポイント】
あっさり・さっぱりとしたイメージの多い野菜料理ですが、渚が作る料理は"ジューシー""がっつり"という表現が似合う!! ダイエットしたいけど、がっつり食べたい! という人のヒントになりそうな漫画です。

作品詳細・レビューを見る

再現不可能! ドラゴンのステーキ!? ダンジョンの中の摩訶不思議料理が満載

『ダンジョン飯』(九井諒子 著、KADOKAWA 刊)

ダンジョン飯』(九井諒子 著、KADOKAWA 刊)

ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。このまま行けば、ダンジョンの中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」

【美味しそうなポイント】
いつか、もしも、ダンジョンに入ることがあったら、この作品でスライムの調理方法を予習しておけば飢え死にすることはないのでは!? ドラゴンのステーキは夢の中でいいので一度は食べてみたい!

作品詳細・レビューを見る

山本紗弥香

山本紗弥香

漫画も映画も大好き。
小さい頃は漫画をほとんど読まずに過ごしてきたのですが、高校生の頃松本大洋作品と出会い、その世界観に一気に夢中に。
今は夜寝る前に漫画を読むことが至福の時間です。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST