読みやすさ抜群のマンガ5選! 新刊から完結済みまで-TSUTAYAマンガ通おすすめ

読みやすさ抜群マンガ

「時間はないけど、マンガは好き」そんなアナタにおススメしたい、読みやすさ抜群の作品を新刊からすでに完結している作品まで紹介します。ヒーロー物から胸キュン、極道、グロテスク。何でも読む私の最近のお気に入りを取り上げています。

『僕たちがやりました』金城先生の最新作! 今度の主役はダークヒーロー!?

『ジャガーン』(にしだけんすけ 、 金城宗幸 著、小学館 刊)

ジャガーン』(にしだけんすけ金城宗幸 著、小学館 刊、最新刊2巻)

合言葉は「ぶっぱなーす」! “破壊”と“欲望”を心に秘めた、見た目は平凡なお巡りさん・蛇ヶ崎が主役のダークヒーローストーリー。

【読みやすさ◎ポイント】
突然現れた相棒「ドクちゃん」と共に、謎の生物「キチガエル」に寄生された人間「通称:壊人」を倒すシーンは強烈!! グロイ系作品なのに、ヒーローストーリーのため、読みやすさは抜群です。グロ初心者さんもぜひお試しあれ。

作品詳細・レビューを見る

え!『りぼん』連載作品なの!? オトナ女子にもおすすめの侮れない『りぼん』作品

『古屋先生は杏ちゃんのモノ』(香純裕子 著、集英社 刊)

古屋先生は杏ちゃんのモノ』(香純裕子 著、集英社 刊、最新刊3巻)

イケメン担任教師・古屋先生は、実はカフェでプロポーズに玉砕し号泣しちゃう、そんな残念男子でした……。先生の意外な一面を知り、恋に落ちてしまった主人公・杏! 積極的に迫るけれど、先生の頑丈なガードに大苦戦。この恋の結末はいかに!?

【読みやすさ◎ポイント】
主人公の杏ちゃんを中心に、登場してくるキャラクターの素直な感情表現や言葉が良い!! 「素直になる」ことの大切さを改めて教えられる。そんな胸キュン痛快コメディです。

作品詳細・レビューを見る

見逃せない新鋭、発見しました。

『死にあるき』(了子 著、小学館 刊)

死にあるき』(了子 著、小学館 刊、最新刊1巻)

「あの子が歩くと人が死ぬ」。主人公・黒須朱鷺子に関わった人々が次々に死んでいく、ミステリーホラー作品。養父の変死にも動じぬ朱鷺子に、家族や取調べに来た警察官の疑いが注がれる中、第2の変死が起きてしまい……。

【読みやすさ◎ポイント】
主人公「黒須朱鷺子」の存在感が圧倒的! 1巻にもかかわらずその世界観にどんどん引き込まれてしまいます。ホラーとミステリーの両方の顔を持ち合わせている一方で、誰もが必ず避けられずに迎える「死」について、真っ向から向き合っているところもみどころです。

作品詳細・レビューを見る

コメディと、極道と、アイドルと。

『バックストリートガールズ』(ジャスミン・ギュ 著、講談社 刊)

バックストリートガールズ』(ジャスミン・ギュ 著、講談社 刊、最新刊8巻)

人間やめますか? それともアイドルやりますか? 極道3人組がまさかのアイドルデビュー! 鬼より怖い組長の全面プロデュースのもと、路地裏美少女アイドル「ゴクドルズ(極道の元おっさん3人)」による、仁義なきアイドル・ギャグ漫画ここに誕生。

【読みやすさ◎ポイント】
とにかく、面白い。極道の道を歩んでいたおっさん3人が、全身整形の末に「路地裏美少女アイドル」に!! 見た目は美少女、心は極道のおっさん。そんな彼らのアイドル活動から目が離せません!

作品詳細・レビューを見る

『GANTZ』奥浩哉先生の話題作!

『いぬやしき』(奥浩哉 著、講談社 刊)

いぬやしき』(奥浩哉 著、講談社 刊、最新刊10巻※完結済み)

自分の死期を知ったその日、”それ”はおきた。これは、58歳サラリーマン2児の父、希望も人望もない冴えない男・犬屋敷さんの物語である。『GANTZ』で漫画表現の極地を切り拓いた奥浩哉がおくる、全く新しい世界がここに!

【読みやすさ◎ポイント】
何も言わず、家族のために黙々と頑張る。そんな父・犬屋敷さんがある日を境に変わっていく姿が、娘世代としてはちょっと切なくて、思わず応援したくなってしまう、そんな作品です。アニメ、映画の映像化公開も控え注目度も急上昇中! 注目の話題作です。

作品詳細・レビューを見る

中山由貴

中山由貴

映画も音楽も本も大好き。仕事もプライベートもTSUTAYAっ子です。
コミックに関する仕事を担当しているため、気になる新刊(1巻)は必ずチェックしています。
少女マンガ、女性マンガも読みますが、少年、青年マンガの購入比率が7割。
ミステリー、ホラーなど、引き込まれるような内容の作品が好きです。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST