2017年完結コミックBEST5。休日に一気読みしよう! -TSUTAYAマンガ通おすすめ

2017年完結コミックBEST5

2017年にめでたく完結を迎えたコミックを紹介していきます。映像化した時の最新巻で止まってるアナタ! 年末年始にまとめ読みしてみてはいかがでしょうか。

東村ワールドの魅力が全て詰まったラブコメ。アニメ、実写映画、月9!

『海月姫』(東村アキコ 著、講談社 刊)

海月姫 』( 東村アキコ 著、 講談社 刊)

【 全巻一気読み ポイント】
2008年から講談社『Kiss』にて連載開始。10年にテレビアニメ化、14年に実写映画化し、不定期連載を経て、ついに16巻が今年11月に発売。しかも18年1月からはなんと“月9”に! 鉄道オタクや三国志オタクが出てくるし、コメディ要素が強いので、男性にも自信を持ってオススメできます。同じく今年完結した『東京タラレバ娘』と合わせて一気読み推奨です。第34回(平成22年度)講談社漫画賞少女部門受賞。2010年 第3回 マンガ大賞 第7位。

【あらすじ】
男子禁制の共同アパート、天水館。そこで暮らすオタク女子たち、通称「尼~ず」。彼女たちが出会ったのは、美しすぎる女装男子だった!彼女らは危機にさらされた天水館での暮らしを守るため、ファッションブランドを立ち上げるが…!? オタク女子がファッション業界をリアルに駆け抜けるネオシンデレラストーリーの結末は…!?

作品詳細・レビューを見る

「壁ドン」を世に広めた少女コミックの次世代金字塔!

『L♥DK』(渡辺あゆ 著、講談社 刊)

L♥DK 渡辺あゆ 著、 講談社 刊)

【 全巻一気読み ポイント】
2014年流行語大賞にもノミネートされた「壁ドン」。この言葉を世に広めたのが同居から始まるラブコメ作品の『L♥DK』(講談社別冊フレンド)。この後、少女マンガ界やテレビドラマでは壁ドン・袖クル、顎クイ…とイケメンの胸キュンアクションが次々に大流行しました。2010年代の少女マンガの方向性を決定付けた作品と言えるでしょう。

【あらすじ】
学校一の美少年とラブ同居(L❤DK)したら、こんなことや!あんなことや!!そんなことまで!!? 高鳴る鼓動が聞こえちゃう! ひとつ屋根の下青春ラブ!! つき合ってから初めて迎えるクリスマス!遊園地でラブラブXmasデートを楽しむ2人の気持ちは最高潮☆ でも、2人でずっと一緒にいるために、柊聖はある決断をして…??

作品詳細・レビューを見る

1巻を初めて読んだときの、後半の加速が忘れられない…!

『アイアムアヒーロー』(花沢健吾 著、小学館 刊)

アイアムアヒーロー 花沢健吾 著、 小学館 刊)

【 全巻一気読み ポイント】
前作ボーイズ・オン・ザ・ランが2008年に完結し、翌09年に連載開始。1巻発売直後から話題だったが、「マンガ大賞2010」で4位、「このマンガがすごい!2011オトコ編」3位と立て続けに受賞し、一気にスピリッツの看板タイトルに。ファンタジー世界ではない、現代のごく普通の日常がある日突然終わってしまう、というフィクションでありながらリアルなストーリーが人気を呼びました。16年には実写映画化もされ、茨城・長崎・大阪を描いたスピンオフも刊行されています。

【あらすじ】
ZQNと呼ばれる謎の感染症が蔓延し、主人公の漫画家・鈴木英雄の日常は、突如パニックに陥る。英雄の物語は、漫画史上かつてないミニマムかつダイナミックな終わりを迎える。鈴木英雄は、この日常のヒーローになれるのか。さようなら、生きて、英雄。

作品詳細・レビューを見る

平成の“日常コメディ”の金字塔!

『それでも町は廻っている』(石黒正数 著、少年画報社 刊)

それでも町は廻っている 石黒正数 著、 少年画報社 刊)

【 全巻一気読み ポイント】
昭和の“下町人情コメディ漫画”といえば私は大好きな『じゃりン子チエ』を挙げますが、平成となると「それ町」一択。いわゆる“日常系”ですが、ときにファンタジー要素が入ったり、時系列が前後したり、と他の“日常系”とは一線を画する作品。第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門(2013年)優秀賞。

【あらすじ】
いつも愉快な歩鳥が大ボケかまします! 究極の天然が巻き起こす想定外なハプニング続出! 個性あふれる下町商店街のメンツに爆笑必至、下町の人々の人情味も味な抱腹絶倒ギャグコメディ!

作品詳細・レビューを見る

壮大なファンタジー大河、16年の連載に幕!

『7SEEDS』(田村由美 著、小学館 刊)

7SEEDS 田村由美 著、 小学館 刊)

【 全巻一気読み ポイント】
『7SEEDS』の最大の魅力は壮大な世界観。舞台や主人公を変えながら話が進んで行き、それぞれが過酷な運命に立ち向かいます。『ぼくの地球を守って』や著者前作『BASARA』が好きならきっとハマります。平成18年度(第52回)小学館漫画賞少女向け部門受賞。

【あらすじ】
ごちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。どうして自分がここにいるのかわからない。やがて流れ着いた無人島。生きるための過酷な冒険が始まった!! 幾多の困難や生と死を乗り越え、残された彼らの最後の戦いが始まる―!

作品詳細・レビューを見る

さまざまなジャンルやテーマでマンガをおすすめ! TSUTAYAマンガ通スタッフが教えるとっておきの作品はコチラ

五十嵐雅行

五十嵐雅行

TSUTAYA本部でコミックに関する仕事をしています。
気になるコミックや次に来そうなコミックを紹介させていただきますので、ピンときたらぜひTSUTAYAへ。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST