【TSUTAYA先行レンタル】オトナTVドラマ 上質なドラマをどこよりも豊富なラインナップでお届けします。

敏腕法医学者と女性研修医が遺体に隠された謎を解明していくミステリーや、実力派俳優たちが雪国を舞台に演技合戦を繰り広げるサスペンスなど、大人向けのTVドラマをピックアップ。

『ヒポクラテスの誓い』

『ヒポクラテスの誓い』

司法解剖であぶり出される、遺体にまつわる人々の闇

中山七里の同名小説を基に、連続テレビ小説『まれ』などの篠﨑絵里子が脚本を手がけドラマ化した法医学ミステリー。尊敬する内科教授の勧めで法医学教室に異動した研修医の真琴(北川)が、偏屈だが解剖の腕は超一流という法医学教授、光崎(柴田)と出会い、さまざまな死を見つめていく。解剖を巡る人々の葛藤や苦悩と、遺体に隠された真実。その裏に潜む大学病院の陰謀など、スリリングな物語から目が離せない。

『ヒポクラテスの誓い』

リアリティを徹底的に追求した緊張感あふれる遺体の解剖シーン

映像化困難と言われるほど原作でもそのリアルさが話題となった解剖シーンを、法医学教室のセットを含め忠実に再現。遺体にメスを入れていく様子や、開頭、臓器描写など、鮮明に映し出される解剖シーンは衝撃的!

純粋な研修医と謎めいた天才医師を北川景子と柴田恭兵が熱演

北川が、医療従事者としての理想を胸に秘めた研修医の真琴を、柴田が、遺族感情を無視してでも、遺体の解剖に強い執着を持つ謎多き光崎を熱演。不可解な光崎の行動に振り回される真琴に訪れる変化とは?

『ヒポクラテスの誓い 上、中、下』(全3巻)

『ヒポクラテスの誓い 上、中、下』(全3巻)

NOW RENTAL & ON SALE(TSUTAYA先行レンタル)
'16年・日
監督/内片輝
原作/中山七里
脚本/篠﨑絵里子
出演/北川景子、柴田恭兵、尾上松也、濱田マリ、佐藤めぐみ、相島一之、金田明夫、古谷一行
【セル】11,400円(税抜/BOX)

⇒作品詳細・レビューを読む

©2016 WOWOW INC.

『氷の轍』

『氷の轍』

荒涼たる北の大地で起きた連続殺人事件の悲しき真相

北海道釧路を舞台にした柴咲コウ主演のサスペンス。新人刑事の大門真由(柴咲)が、雪原で見つかった身元不明死体を発端とする、釧路、札幌、青森にまたがる連続殺人事件の真相に迫っていく。余命短い父親を持つ孤独と、母親の顔を知らずに育ったという屈託を抱える主人公を柴咲が好演。殺人事件のカギを握る二人の女性を演じた余貴美子と宮本信子の圧倒的な存在感と迫真の演技が、作品に奥行きを与えている。

『氷の轍』

原作は直木賞作家の桜木柴乃がこのドラマのために書き下ろし!

『ホテルローヤル』で直木賞を受賞した桜木柴乃が、自身の出身地である釧路を舞台にしたサスペンスを書き下ろし。深い人物描写を得意とする桜木が、それぞれに苦悩や葛藤を抱える人々の心情を切なく描き出した。

『氷の轍』

全編釧路で撮影された雄大かつ幻想的な風景

真冬の北海道、釧路で20日間にわたって撮影を敢行。昼間でも氷点下という過酷な環境下で撮られた哀愁あふれる壮大な景色と、画面からにじみ出る“寒さ”が、登場人物たちの孤独をより一層際立たせる。

『氷の轍』

『氷の轍』

2.22 RENTAL(TSUTAYA先行レンタル)
'16年・日
演出/瀧本智行
原作/桜木紫乃
出演/柴咲コウ、沢村一樹、嶋田久作、品川徹、根岸季衣、岸部一徳、塩見三省、余貴美子、宮本信子

⇒作品詳細・レビューを読む

©桜木紫乃・小学館/朝日放送

(文:深田尚子)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST