『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.2―本作を機にブレイク!満島ひかりの芝居に見る陰と陽。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

園子温監督がメガホンを取り、『第59回ベルリン国際映画祭』で国際批評家連盟賞とカリガリ賞をW受賞した映画『愛のむきだし』。信仰や罪といったテーマを、超個性的な登場人物が抱えるむきだしの愛とともに描き出した本作が、未収録の映像や再構築された音楽などを追加して、全10話のTVドラマシリーズ『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』として生まれ変わった。8月23日にDVDがTSUTAYA先行でレンタル開始(9月27日Blu-ray発売)となった本作の魅力を全4回で紹介する連載の第2回は、ヒロイン役を務めた満島ひかりの芝居に焦点を当てる。

クリスチャンなのに盗撮魔となった男子高校生・ユウ(西島隆弘)が、妻の死を機に神父となった父・テツ(渡部篤郎)、テツの教会に通っていたカオリ(渡辺真起子)、男嫌いでカオリとともに暮らしている女子高校生・ヨーコ(満島)、新興宗教“ゼロ教会”の信者・コイケ(安藤サクラ)らと織りなす人間模様を描いた本作。吸い込まれそうになる抜群の透明感と、演じるキャラクターを問わない卓越した演技力を武器に、今や日本を代表する女優の一人となった満島にとって、本作で演じたヨーコは、キャリアにおけるターニングポイントとなった役だ。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

【最長版 THE TV-SHOW】では第3話にて初登場を飾るヨーコ。彼女は母の愛を知らないまま、父親による精神的虐待を受け続けてきた過去を持つ少女だが、悲劇的な過去がある故に、強烈なミサンドリー(男性嫌悪)とタフな精神性を持っている。憂さ晴らしのために、町中のチンピラを相手に繰り広げた喧嘩で培った腕っぷしは滅法強く、普通の男では全く相手にならない。その姿は、とてもヒロインとは思えないほど男っぽい。

ユウ(=女装したサソリ)との出会いも、コイケが手配した大人数のチンピラを相手に繰り広げる大立ち回りでのこと。ヒロインらしからぬボーイ・ミーツ・ガールを果たすヨーコだが、満島の芝居はまずここで光り輝く。ドスの効いた声で祈りを捧げ、セーラー服を翻しながら、パンチラを厭わぬ激しい戦いぶりで男どもを蹴散らす彼女は、一般的なヒロインとは性質を異にした、アンチ・ヒロインとして見る者に衝撃を与える。決してレベルの高いアクションを行っているわけではないが、ヨーコから放たれる気迫には引き込まれるし、溌溂とした表情を浮かべながらアクションを行う満島の姿にも好感が持てる。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

一見すると実に男前なヨーコだが、彼女はアンチ・ヒロインとして終始するわけではない。共にチンピラと戦う中でサソリ(ユウ)に惹かれた彼女は、サソリとの交流を通じて、それまで見せていた猛々しい姿とは180度異なる、ストレートなヒロイン像を全開にしていくのだ。わざとらしいほどにもじもじした態度、憧れの眼差し、パンツを見られた時の照れ笑い、なかなか会えないことに対する悶々とした感情の鬱積、初めてのオナニーに対する戸惑い…。ヨーコはサソリを好きになったことによって、正統派な少年漫画の主人公のような姿(アンチ・ヒロイン)だけでなく、ベタベタな少女漫画の主人公のような姿(ヒロイン)も見せるようになる。

ヨーコはこの二面性が生むギャップによってヒロインとしての求心力を高めていくが、満島はヒロイン化のプロセスにおいて「あざとさ」を上手く表現している。サソリと向かい合った際に見せる、一つ一つのセリフ回しや所作といったディテールには、必ずと言ってよいほどに「わざとらしいのに可愛らしい」=「絶妙なあざとさ」が内包されているのだ。園監督による独特なキャラ付けも見事なものだが、満島の「あざとさ」を軸とする芝居が、中盤にかけてヨーコを魅力的なキャラクターに仕立てていることは疑いようがない。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

しかし、中盤以降は満島の芝居の性質が大きく変わっていく。中盤以前が陽だとすれば、中盤以降は陰だ。中盤以降にかけて、ヨーコは一つの嘘(サソリはユウではなくコイケであるというもの)をきっかけにコイケに洗脳されていき、その一連の流れの中では、それまで発散していた熱量を次第に失っていき、空虚な操り人形のようになる。これに合わせて、満島は生気のない瞳と、気持ちの込められていないセリフ回しを用いて、心がなくなった人間しか出すことができないような、言いようのない空虚感を醸し出し(このテクニックは、のちに出演する『愚行録』でも活かされている)、ヨーコの変貌に説得力を伴わせている。その繊細な芝居には脱帽するほかない。

満島の芝居に関しては、ほかにも見どころは盛り沢山だ。心配するあまり、そして愛するあまり誘拐という暴挙に出たユウに向かって、ヨーコが海辺で「コリントの信徒への手紙 13章」を独唱するシーンでは、約2分30秒に及ぶ長回しを通じてヨーコの感情を大爆発させ、見る者の目を画面に釘付けにする。クライマックスにおける「泣きの芝居」も、論理性が見えにくい物語を、強引ながら爽やかなハッピーエンドに導く原動力の一つとして、見事に機能している。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

当時はまだそれほど知名度が高くなかった満島だが、本作で見せた熱演によって、報知映画賞、ヨコハマ映画祭、毎日映画コンクールを含む新人賞を受賞。キネマ旬報賞では助演女優賞を獲得するなど、一躍脚光を浴びることとなった。その後は、映画では『悪人』や『愚行録』、テレビドラマでは『Woman』『カルテット』で見せた好演・怪演が非常に高い評価を受けているほか、ゲスト出演的な立ち位置の作品でも、その存在感は常に煌いている。映画やテレビドラマに数多く出演するタイプの女優ではないが、役を得れば、何かしら見る者の記憶に残る芝居を見せてくれるのが満島だ。その女優としての力量に、これからも魅了されていきたいものである。

(文:岸豊)

>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.1―“受け”と“攻め”の両面に見えるAAA西島隆弘の演技力
>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.3―サイコだけど切ない!安藤サクラの“ギリギリな”芝居に痺れる
>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.4―論理性はなく強引なのに、なぜか感動してしまう不思議な物語としての『愛のむきだし』。


TVドラマ『愛のむきだし 最長版 THE TV-SHOW』
2017年8月23日(水)TSUTAYA先行レンタル開始
2017年9月27日(水)Blu-ray発売開始

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

Nissy

生年月日1986年9月30日(31歳)
星座てんびん座
出生地北海道

Nissyの関連作品一覧

満島ひかり

生年月日1985年11月30日(32歳)
星座いて座
出生地沖縄県

満島ひかりの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST