1. TSUTAYAトップ
  2. ランキング
  3. 年間ランキング
  4. 2017年度 年間ランキング
  5. 2017年度 年間販売CDランキング:シングル(総合)

2017年度 年間販売CDランキング:シングル(総合)

【年間販売CDランキング:シングル(総合)】

ジャニーズ勢がランキングを埋め尽くす結果は2016年と変わらないものの、今年は乃木坂46、欅坂46といったいわゆる“坂道グループ”の躍進も印象的だ。
1年ぶり16枚目のアルバムが2位にランクインしていた嵐は、最新シングル「Doors~勇気の軌跡~」が2位、アルバムにも収録されている「I’ll be there」「つなぐ」が3位4位と3作がランクイン。
そして、デビュー10周年を記念したベスト盤を発売したHey!Say!JUMP、様々なアーティストとのコラボレーションに挑戦したアルバムをリリースした関ジャニ∞、メンバーそれぞれの新たな試みが詰まったアルバムを作り上げたKis-My-Ft2と、それぞれ2017年にリリースしたアルバムが話題を呼んだグループのシングルがランクインしているのも、さすがと言ったところ。
スペシャルユニット・亀と山Pは、“青春アミーゴ”から約12年ぶりの2人のコラボレーションだっただけに、彼らの変わらぬ関係性の良さとあわせてファンが歓喜した1作だった。
欅坂46が「不協和音」で嵐を押さえて1位を獲得したほか、「風に吹かれても」が5位にランクイン。乃木坂46は2017年にリリースした3作すべてを20位以内に送り込んだ。
そんなアイドル勢の中で、2015年以降作品リリースのなかったMr.Childrenの2作がランクイン。揺るぎない実力を知らしめた。また、日本デビューを果たした韓国のガールズグループTWICE、名古屋を拠点に活動するBOYS AND MENの弟分・祭nine、それぞれの1stシングルもランクインを果たし、新たな風を感じさせた。

2017年度 年間販売CDランキング:シングル(総合)

集計期間:2017年1月1日~2017年10月31日

2017年度 年間ランキングトップへ

その他の注目情報