1. TSUTAYAトップ
  2. ジョン・ボイド
TSUTAYAプレミアム 夏のキャンペーン 9/1(日)まで CLICK!

ジョン・ボイド のレンタル・通販・ニュース-TSUTAYA/ツタヤ

ジョン・ボイドの新作DVDをレンタル・通販。プロフィールやおすすめの動画・DVDの出演情報。

ジョン・ボイド『BONES -骨は語る- ファイナル・シーズン』
  • このアーティストの関連する最新作のジャケット写真を掲載しています。

ジョン・ボイド のアーティスト詳細

ジョン・ボイド のプロフィール

■本名はJonathan Voight。父はプロゴルファー。NYのカトリック大学で舞台美術、演出、演技を学んで60年に卒業。その後地方の舞台に立ちNYに戻って演技コーチに指導を受ける。やがてオフ・ブロードウェイを経て『サウンド・オブ・ミュージック』でブロードウェイ・デビュー。67年に出演した芝居でシアター・アワード賞を受賞した。それをきっかけにTVへの出演も多くなり、ハリウッドに渡って67年に「墓石と決闘」で映画デビュー。その2年後、「真夜中のカーボーイ」でテキサスから夢を追ってやってきた青年ジョーを演じ、病弱な相棒ラッツォを演じたダスティン・ホフマンと共にアカデミー主演賞候補となった。惜しくもその栄冠はジョン・ウェインのものとなったが、ヴォイトはNY批評家賞を受賞して一躍注目を浴びる事となった。その後、「帰郷」と「暴走機関車」でアカデミー主演賞のノミネートされ前者で受賞。出演作を重ねる毎に演技の幅を広げて実力を発揮、95年の「ヒート」あたりからは演技にも深みを増し……と思いきや、「Uターン」や「アナコンダ」では怪演を見せるなど、その芸風は留まることを知らずに今尚活躍を続けている。62年にローリー・ピータースと結婚するが5年後に離婚。73年に再婚して一男一女をもうけるも78年に離婚している。息子ジェームズは助監督となり、娘のアンジェリーナは女優となって大活躍を続けている。

主な作品の受賞履歴

MOVIE パール・ハーバー

  • 2001年 第74回 アカデミー賞 歌曲賞
  • 2001年 第74回 アカデミー賞 音響賞(編集)
  • 2001年 第74回 アカデミー賞 音響賞(調整) 他

MOVIE チャンプ(ジョン・ヴォイト)

  • 1979年 第52回 アカデミー賞 作曲賞

ジョン・ボイド のDVDや映画・動画

旧作DVDレンタルも、動画配信も月額1,000円(税抜) TSUTAYAプレミアム 夏のキャンペーン 7/12(金)~9/1(日) 7/12(金)~ポケモンオリジナルミニタオル 8/1(木)~ Love アジア book 2019 夏号(動画配信カタログ付) 詳しくはこちら

POWER PUSH

おすすめ映画ガイド