1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. TSUTAYA文庫 ~TSUTAYA書店員が自信をもってオススメする本~

TSUTAYA文庫

3月のラインナップはこちら

※展開開始時期は店舗により異なる場合がございます。
手紙
著者: 東野圭吾
出版社: 文藝春秋
出版年月: 2006年10月
定価(税込): 759円
展開開始時期: 2020年3月1日ごろ
プロデュース内容:
表紙
店頭用POP
ここがオススメ!

読んだ人の誰もが心を震わせた、日本最高峰の小説のひとつ『手紙』。「正しい、悪い」という判断で人を見る事が本当に人として正しい事なのか?考えさせられることの多い今こそ、また多くの方に読んで欲しい作品です。

あらすじ

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

小指物語
著者: 二宮敦人
出版社: TOブックス
出版年月: 2020年3月
定価(税込): 715円
展開開始時期: 2020年3月2日ごろ
プロデュース内容:
表紙
店頭用POP
ここがオススメ!

「自殺」を少しでも考えた事が無い人はいるのだろうか。苦しさでどうしようもなくなった瞬間、誰もがそれを頭に浮かべてしまうものだと私は思う。小指物語は自殺について考える物語。この作品のラストに、あなたはどんな自分を重ねる事になるのでしょうか。

時間のおとしもの
著者: 入間人間
出版社: KADOKAWA
出版年月: 2012年1月
定価(税込): 671円
展開開始時期: 2020年3月1日ごろ
プロデュース内容:
店頭用POP
ここがオススメ!

時間ミステリーはいつの時代も読者を魅了しますが、そんな時間ミステリーのデパートともいうべき短編集がこの作品です。色とりどりの時間トリックは、読んでいて心が躍る驚きばかり。あなたはどの時間ミステリーが好みでしょうか?

あらすじ

『携帯電波』―少女が台所で偶然見つけた携帯電話。耳を傾けた向こう側には、もう一人の自分がいて…。『未来を待った男』―この時代にタイムトラベラーを呼び寄せる。それが男の目標だった。『やり直したいことがある』のだという。そして、ついにその時が訪れる。『ベストオーダー』―四人の俺が、同じ場所に現れた。自分自身が…

あなたが消えた夜に
著者: 中村文則
出版社: 毎日新聞出版
出版年月: 2018年11月
定価(税込): 825円
展開開始時期: 2020年3月1日ごろ
プロデュース内容:
表紙
店頭用POP
ここがオススメ!

殺人事件をテーマにした本は多い。多くはどうやって殺したかなどの表向きの部分を書いているが、その裏にある犯人の心理にこそえぐられるような真実が存在しています。この作品に書かれているのはその心理。この1冊はきっとあなたの心に深い傷を残します。

断崖の愛人
著者: 笹沢左保
出版社: 祥伝社
出版年月: 2020年2月
定価(税込): 990円
展開開始時期: 2020年2月14日ごろ
プロデュース内容:
表紙
店頭用POP
ここがオススメ!

この物語の裏側にある、悪意よりもおぞましい善意をあなたもきっと知っている…。この物語は「正しい」結末を迎えますが、それは決してハッピーエンドではありません。あまりにゾッとする妻が導くどんでん返しが、読者の倫理観を揺さぶります。

あらすじ

同じ会社の井ノ口一也と結ばれ、安城由布子は幸せの絶頂にいた。たとえ不倫と呼ばれる関係であっても。だが、不幸は突然訪れた。二人の仲を裂きに現れた井ノ口の母親が、何者かによって由布子のマンションの屋上から突き落とされたのだ。やがて由布子に疑惑の目が。これは罠だ―追いつめられた二人は、一か八か逃避行を図る。…

人喰いの時代
著者: 山田正紀
出版社: 角川春樹事務所
出版年月: 1999年2月
定価(税込): 858円
展開開始時期: 2020年2月15日ごろ
プロデュース内容:
店頭用POP
ここがオススメ!

5編目までは普通の推理小説。6編目を読み始めたその瞬間、その全てが伏線でしかなく、物語の世界観がいっぺんに変わってしまうのです。この鳥肌、他の作品では絶対に味わえません。。。

あらすじ

東京からカラフトへ向かう「紅緑丸」の船上で発見された変死体(「人喰い船」)、山中を走るバスから消えた五人の乗客の謎(「人喰いバス」)、谷底から消えた墜落死体(「人喰い谷」)、密室から消えた凶器の謎(「人喰い倉」)―。昭和初期を舞台に、放浪する若者二人―呪師霊太郎と椹秀助が遭遇した六つの不可思議な殺人事件を…

偶然の殺意
著者: 中町信
出版社: 徳間書店
出版年月: 2020年3月
定価(税込): 710円
展開開始時期: 2020年3月5日ごろ
プロデュース内容:
表紙
店頭用POP
ここがオススメ!

中町信先生は、物語の思わせぶりな「始まり」を読んだ瞬間にもう騙されているという、極上のどんでん返し作品を多く書かれヒットしているが、この作品もその一つ。浅草を舞台とした、濃厚で人情溢れる驚きをどうぞ堪能してください。

気分別のオススメはこれ!

その他の注目情報