1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. アカデミー賞
  4. 2019年 アカデミー賞(第91回)助演女優賞受賞・ノミネート映画 - TSUTAYA/ツタヤ

アカデミー賞

2019年 アカデミー賞(第91回)助演女優賞受賞・ノミネート映画 - TSUTAYA/ツタヤ

2019年 第91回 アカデミー賞(R)全部門の受賞・ノミネート発表。
作品賞、監督賞、主演男優賞のほか、主要6部門の受賞作品・ノミネート作品をまとめてご紹介。
さらに、映画公開前に観ておきたい前作や関連作のDVD情報も!

助演女優賞

'71年1月15日生まれ。アメリカ・ロサンゼルス出身。'80年代半ばからテレビシリーズで活躍し、『エネミー・オブ・アメリカ』('99年)や『キューティ・ブロンド ハッピーMAX』('03年)、『デンジャラス・ビューティー2』('05年)、『Ray レイ』('05年)などで名脇役ぶりを発揮してきた。'70年代のN.Y.ハーレムを舞台に描かれたラブストーリー『ビール・ストリートの恋人たち』('19年)では、主人公を支える母親役で物語の深みに貢献。近年はテレビで監督業にも挑戦中。

配給:ロングライド
(C) 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved

「レジーナ・キング」の関連作をCHECK

'74年8月20日生まれ。イタリア・ベネト州出身。父が駐在するイタリアで生まれ、米コロラド州で育つ。『ダウト あるカトリック学校で』('09年)や『魔法にかけられて』('08年)で注目され、『ビッグ・アイズ』('15年)、『メッセージ』『ノクターナル・アニマルズ』(ともに'17年)など話題作に数多く出演。主演女優賞に1回、助演女優賞に5回ノミネート。『バイス』('19年)では“影のファーストレディ”ともいえる、チェイニー副大統領の妻リン役を好演した。

配給:ロングライド
(C) 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

「エイミー・アダムス」の関連作をCHECK

'88年11月6日生まれ。アメリカ・アリゾナ州出身。幼少期から劇団に所属し、『ゾンビランド』('10年)、『ヘルプ 心がつなぐストーリー』('12年)、『マジック・イン・ムーンライト』('15年)、『教授のおかしな妄想殺人』('16年)などで存在感を発揮。助演女優賞には『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』('15年)でもノミネートされ、『ラ・ラ・ランド』('17年)で主演女優賞に輝く。本ノミネート作では、イングランド王室を混乱させる物語のキーパーソン、アビゲイル役を熱演。

配給:20世紀フォックス映画
(C) 2018 Twentieth Century Fox

「エマ・ストーン」の関連作をCHECK

マリナ・デ・タヴィラ(Marina de Tavira)

「ROMA/ローマ(Roma)」

  • Netflixで独占配信中
マリナ・デ・タヴィラ(Marina de Tavira)

'74年生まれ。メキシコ・メキシコシティ出身。家系ルーツはスペイン・バレンシアやカタルーニャからの移民で、親族に劇作家や役者がいたため、幼少期より劇場学校など演劇畑で学ぶ。デビュー後は舞台経験を積み重ね、メキシコの映画やテレビドラマでも活躍。ノミネート作『ROMA/ローマ』では、アルフォンソ・クァロン監督の母をモデルにしたソフィア役で注目された。ドミニカの観光スポットとして知られる舞台芸術「Casa de Teatro」で演技講師も務める。

配信:Netflix

'70年3月7日生まれ。イギリス・ロンドン出身。イギリスの芸能界で活躍し、ハリウッド進出作『チェーン・リアクション』('96年)で一気に注目を集めた。'05年『ナイロビの蜂』で助演女優賞を受賞し、近年は『ボーン・レガシー』('12年)、『ロブスター』('16年)、『光をくれた人』('17年)、主演作『否定と肯定』('17年)などで名女優の地位を確立。『女王陛下のお気に入り』('19年)では主人公を惑わす幼馴染み・サラに扮し、ライバル役のエマ・ストーンと対峙した。

配給:20世紀フォックス映画
(C) 2018 Twentieth Century Fox

「レイチェル・ワイズ」の関連作をCHECK

日本アカデミー賞特集はこちら

アカデミー賞 歴代ノミネート作

アカデミー賞 歴代受賞作

その他の注目情報