1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. アカデミー賞
  4. 日本アカデミー賞
  5. 第41回 日本アカデミー賞(2018年)優秀助演男優賞受賞映画 - TSUTAYA/ツタヤ

日本アカデミー賞

第41回 日本アカデミー賞(2018年)優秀助演男優賞受賞映画 - TSUTAYA/ツタヤ

第41回 日本アカデミー賞 受賞作品・受賞者発表。
優秀作品賞、優秀アニメーション作品賞、優秀監督賞、優秀主演男優賞など、計8部門の受賞作品をまとめてご紹介。
さらに、受賞作と一緒にチェックしたい前作や関連作のDVD情報も!

最優秀助演男優賞

'56年1月1日生まれ。長崎県出身。日本を代表する名優の1人。'83年、NHK大河ドラマ『徳川家康』の織田信長役で注目を集め、以後、数多くの作品に出演。代表作は映画『Shall we ダンス?』('95年)、『KAMIKAZE TAXI』('95年)、『失楽園』('97年)、『うなぎ』('97年)、『蜩ノ記(ひぐらしのき)』('13年)、『日本のいちばん長い日』('15年)、TVドラマ『陸王』(17年')など。'17年の『三度目の殺人』、『関ヶ原』で、第41回日本アカデミー賞優秀助演男優賞をそれぞれ受賞。

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

「役所広司」の関連作をCHECK

優秀助演男優賞

'47年11月4日生まれ。福島県出身の俳優。歌手やタレント、司会者としても活躍。'70年、劇団青年座に入団し初舞台を踏む。その後、TVドラマ『西遊記』('78年)、『池中玄太80キロ』('80年)、NHK大河ドラマ『おんな太閤記』('81年)、映画『北斎漫画』('81年)などの演技で注目を集める。'88年、映画『釣りバカ日誌』で主演を務め、大ヒット。22作続く人気シリーズとなる。このほか『敦煌』('88年)、『学校』('93年)、『ゲロッパ!』('03年)など代表作多数。

(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

おすすめニュース

「西田敏行」の関連作をCHECK

'60年、富山県出身。'94年にスタートしたTVドラマ「古畑任三郎」シリーズに出演し一躍人気を博す。映画『マルタイの女』('97年)、『ラヂオの時間』('97年)では、ブルーリボン賞助演男優賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞などの映画賞に輝く。近年の主な出演作として『武士の家計簿』('10年)、『東京家族』('13年)、NHK大河ドラマ「真田丸」('16年)など。'17年5月より「西村まさ彦」名義で活動中。

(C)2017「家族はつらいよ2」製作委員会

おすすめニュース

「西村雅彦」の関連作をCHECK

'83年5月9日生まれ、東京都出身の俳優。'99年、大島渚監督の映画『御法度』で主演を務め、俳優デビュー。『青い春』('01年)、『劔岳 点の記』('08年)などの話題作に出演したのち、'11年、『まほろ駅前多田便利軒』での行天春彦、『探偵はBARにいる』での高田が当たり役となり、ともにシリーズ化。『舟を編む』('13年)で日本アカデミー賞最優秀男優賞を受賞。TVドラマにも出演し、『あまちゃん』('13年)、『カルテット』('17年)などでの演技が高い評価を受ける。

(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

おすすめニュース

「松田龍平」の関連作をCHECK

'97年3月17日生まれ。東京都出身。河瀬直美監督の『2つ目の窓』('14年)で、主演として俳優デビューを果たす。このほか、主演作として『忘れないと誓ったぼくがいた』('14年)、『二度めの夏、二度と会えない君』('17年)、出演作として『神さまの言うとおり』('14年)、『ディストラクション・ベイビーズ』('16年)、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』('17年)などがある。'15年、話題のアニメを実写化した『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』でTVドラマ初主演。

(C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会

おすすめニュース

「村上虹郎」の関連作をCHECK

'56年1月1日生まれ。長崎県出身。日本を代表する名優の1人。'83年、NHK大河ドラマ『徳川家康』の織田信長役で注目を集め、以後、数多くの作品に出演。代表作は映画『Shall we ダンス?』('95年)、『KAMIKAZE TAXI』('95年)、『失楽園』('97年)、『うなぎ』('97年)、『蜩ノ記(ひぐらしのき)』('13年)、『日本のいちばん長い日』('15年)、TVドラマ『陸王』(17年')など。'17年の『三度目の殺人』、『関ヶ原』で、第41回日本アカデミー賞優秀助演男優賞をそれぞれ受賞。

(C)2017 「関ヶ原」製作委員会

おすすめニュース

アカデミー賞特集はこちら

その他の注目情報