1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. アカデミー賞
  4. 日本アカデミー賞
  5. 第41回 日本アカデミー賞(2018年)優秀助演女優賞受賞映画 - TSUTAYA/ツタヤ

日本アカデミー賞

第41回 日本アカデミー賞(2018年)優秀助演女優賞受賞映画 - TSUTAYA/ツタヤ

第41回 日本アカデミー賞 受賞作品・受賞者発表。
優秀作品賞、優秀アニメーション作品賞、優秀監督賞、優秀主演男優賞など、計8部門の受賞作品をまとめてご紹介。
さらに、受賞作と一緒にチェックしたい前作や関連作のDVD情報も!

最優秀助演女優賞

'98年6月19日生まれ。静岡県出身。雑誌「Seventeen」専属モデルから、『謝罪の王様』('13年)でスクリーンに進出。『海街diary』('15年)、'16年の『怒り』や『四月は君の嘘』、初主演の『ちはやふる』二部作など、彗星の如く現れたシンデレラガールとして映画界を席巻することに。'17年も『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』、『三度目の殺人』など主演・ヒロイン作が相次いだ。姉の広瀬アリスも女優。

(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

おすすめニュース

「広瀬すず」の関連作をCHECK

優秀助演女優賞

'81年11月4日生まれ。奈良県出身。中学2年で映画監督・河瀬直美に発掘され、『萌の朱雀』('97年)でデビュー。『EUREKA ユリイカ』('01年)、『リアリズムの宿』('03年)、河瀬監督との再タッグ主演作『殯の森』('07年)など、独自の世界観を持つ作品で実力派女優として評価を高めた。'13年の『そして父になる』で優秀主演女優賞、『探偵はBARにいる2』で優秀助演女優賞を受賞。表現力の豊かさから、ドキュメンタリー出演作も多い。

(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

おすすめニュース

「尾野真千子」の関連作をCHECK

'86年8月22日生まれ。兵庫県出身。高校在学中に地元・神戸でスカウトされ、人気モデルに。TVドラマ『美少女戦士セーラームーン』で女優デビューを飾り、'06年には『間宮兄弟』で映画初出演、『Cherry pie チェリーパイ』で初主演も果たす。近年は『ルームメイト』('13年)、『抱きしめたい 真実の物語』('14年)、『の・ようなもの のようなもの』('16年)などの作品で演技幅を広げている。本作では初の悪女役に挑戦している。

(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

おすすめニュース

「北川景子」の関連作をCHECK

熊本県出身。映画初主演の『夜がまた来る』('94年)でヨコハマ映画祭・最優秀新人女優賞受賞。TVドラマでは『青い鳥』('97年)など多数の話題作に出演。『孤高のメス』('10年)では日本アカデミー賞助演女優賞など数々の賞に輝いた。ほか出演作品に、『歩いても 歩いても』('08年)、『64 –ロクヨン-前編/後編』('16年)など。

(C)2017「家族はつらいよ2」製作委員会

おすすめニュース

「夏川結衣」の関連作をCHECK

'64年6月9日生まれ。東京都出身。中学1年のデビュー作『野生の証明』('78年)、『セーラー服と機関銃』('81年)、『探偵物語』('83年)などが大ブームを巻き起こし、アイドル女優として一時代を築く。その後は実力派女優として、日本映画界の屋台骨を支える存在に。『Wの悲劇』('84年)と『今度は愛妻家』('10年)で優秀主演女優賞、『ALWAYS 三丁目の夕日』('05年)と『ALWAYS 続・三丁目の夕日』('07年)で最優秀助演女優賞、優秀助演女優賞を受賞している。

(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

おすすめニュース

「薬師丸ひろ子」の関連作をCHECK

アカデミー賞特集はこちら

その他の注目情報