1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. アカデミー賞
  4. 日本アカデミー賞
  5. 第42回 日本アカデミー賞(2019年)優秀助演女優賞受賞映画 - TSUTAYA/ツタヤ

日本アカデミー賞

第42回 日本アカデミー賞(2019年)優秀助演女優賞受賞映画 - TSUTAYA/ツタヤ

第42回 日本アカデミー賞 受賞作品・受賞者発表。
優秀作品賞、優秀アニメーション作品賞、優秀監督賞、優秀主演男優賞など、計8部門の受賞作品をまとめてご紹介。
さらに、受賞作と一緒にチェックしたい前作や関連作のDVD情報も!

優秀助演女優賞

樹木希林(Kirin Kiki)

「万引き家族」

  • 4月3日(水) レンタル/販売開始

日本アカデミー賞受賞

'43年1月15日生まれ。東京都出身。20歳代だった'60年代から個性派女優・悠木千帆として活躍し、'77年に樹木希林へ改名。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』('07年)と『わが母の記』('12年)で最優秀主演女優賞、『悪人』('10年)で最優秀助演女優賞に輝く。晩年は『そして父になる』('13年)など是枝組の常連に。『あん』('15年)で孫・内田伽羅と、『モリのいる場所』('18年)で名優・山崎努と初共演を果たす。'18年9月に75歳で永眠。

(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

「樹木希林」の関連作をCHECK

'43年1月15日生まれ。東京都出身。20歳代だった'60年代から個性派女優・悠木千帆として活躍し、'77年に樹木希林へ改名。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』('07年)と『わが母の記』('12年)で最優秀主演女優賞、『悪人』('10年)で最優秀助演女優賞に輝く。晩年は『そして父になる』('13年)など是枝組の常連に。『あん』('15年)で孫・内田伽羅と、『モリのいる場所』('18年)で名優・山崎努と初共演を果たす。'18年9月に75歳で永眠。

(C)2018「日日是好日」製作委員会

「樹木希林」の関連作をCHECK

'73年8月13日生まれ。群馬県出身。'90年代に大人気ユニット「東京パフォーマンスドール」のメンバーからソロシンガーへ。最新主演作の音楽映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』('18年)では、邦楽シーンでミリオンセラーを連発した当時の姿も彷彿させる。'00年代以降は女優活動を本格化し、主演ドラマから『アンフェア the movie』('07年)『アンフェア the answer』('11年)『アンフェア the end』('15年)を大人気シリーズに成長させた。

(C)2018「北の桜守」製作委員会

「篠原涼子」の関連作をCHECK

'82年11月2日生まれ。東京都出身。中学生の頃に、ホリプロスカウトキャラバン・グランプリから芸能界入り。高校時代の'98年にドラマ『神様、もう少しだけ』で大ブレイクし、その後は主演作『死者の学園祭』('00年)で新人俳優賞、『下妻物語』('04年)で第28回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。人気劇作家・ 鴻上尚史がメガホンを執った『恋愛戯曲 私と恋におちてください。』('10年)、北川景子とのW主演が話題となった『ルームメイト』('13年)などで、艶やかな魔性の演技にも磨きをかける。

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

「深田恭子」の関連作をCHECK

'82年10月15日生まれ。千葉県出身。'01年に『DRUG』で映画デビュー。初主演作『ベロニカは死ぬことにした』や『ゆれる』(ともに'06年)で注目され、『さよなら渓谷』('13年)で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『そして父になる』('13年)では最優秀助演女優賞を受賞。アラサー女性の苦悩を描くラブコメ『脳内ポイズンベリー』('15年)、是枝裕和監督の人間ドラマ『海よりもまだ深く』('16年)など、個性的で振り幅の広い演技が高く評価されている。

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

 

「真木よう子」の関連作をCHECK

松岡茉優(Mayu Matsuoka)

「万引き家族」

  • 4月3日(水) レンタル/販売開始

'95年2月16日生まれ。東京都出身。テレビドラマの子役から『おはスタ』“おはガール”などを経て、高校時代から本格的に女優へと転身。テレビドラマ『鈴木先生』や同劇場版('12年)で注目され、『桐島、部活やめるってよ』『悪の教典』('12年)などで演技力の評価を高めた。NHK大河ドラマ『真田丸』や映画『ちはやふる』3部作('16〜'18年)でも好演し、『勝手にふるえてろ』('17年)では待望の初主演作にして優秀主演女優賞を受賞した。

(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

「松岡茉優」の関連作をCHECK

アカデミー賞特集はこちら

その他の注目情報