1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. 2016年は空前絶後のアメコミイヤー!HARD&COOL!DCヒーローにFocus!!

2016年は空前絶後のアメコミイヤー!HARD&COOL!DCヒーローにFocus!!

多数のアメコミ映画が続々と公開される'16年。
スーパーマンやバットマンを生んだDCコミックスのヒーローたちの魅力を知って、アメコミイヤーを満喫しよう!

'17年以降のアメコミ映画をラインナップ!

'17年6月全米公開『ワンダーウーマン』
'17年11月全米公開『ジャスティス・リーグ』
'18年3月全米公開『The Flash(原題)』
'18年7月全米公開『Aquaman(原題)』
'18年10月全米公開『タイトル未定(バットマンソロ作品)』
'19年4月全米公開『Shazam!(原題)』
'19年6月全米公開『Justice League Part Two(原題)』
'20年4月全米公開『Cyborg(原題)』
'20年7月全米公開『Green Lantern Corps(原題)』

DCフィルムズ、最新情報リポート

DCヒーローを映画化するDCフィルムズの人気は、第2弾『スーサイド・スクワッド』のヒットでますますヒートアップ!今後の作品も期待が膨らむばかりだ!!

『ワンダーウーマン』

アマゾネスの王女が第一次世界大戦の真っただ中へ

神秘の島の王女である最強の戦士ワンダーウーマン(ガル・ガドット)が、剣と盾とムチで第一次世界大戦に参戦する。彼女の運命を変える米国人役にクリス・パイン。監督は『モンスター』の女性監督パティ・ジェンキンス。

『ジャスティス・リーグ』

スーパーマン復活なるか?バットマンがチームを作る目的は

宇宙からの脅威に対抗するため、バットマン(ベン・アフレック)がワンダーウーマンとともに、超人=メタヒューマンたちをスカウトし、“ジャスティス・リーグ”を結成しようとする。スーパーマンも復活して参戦か?

『The Flash(原題)』

人気TVシリーズから外観を一新さらにクールなヒーローに

超高速で動く力を得た青年が、そのスピードで悪に立ち向かう。主人公バリー・アレン役は新たにエズラ・ミラーが務め、赤の強化服もTV版と異なりパワードスーツ風だ。バリーはオタクで少し生意気な若者として描かれる?

『Aquaman(原題)』

ジャスティス・リーグに参加する水陸両棲のヒーロー

『ジャスティス・リーグ』に登場するメタヒューマン、アクアマン(ジェイソン・モモア)の戦い。ヴィランは原作ファンに人気のブラックマンタか。『ワイルド・スピード スカイミッション』シリーズの生みの親、ジェームズ・ワン監督の手腕に期待がかかる。

バットマン新作

ジョーカー&ハーレイ・クインと、ロビンを巡る因縁が描かれる?

ベン・アフレックが監督&主演。物語は、(1)『スーサイド・スクワッド』のデッドショットが登場、(2)2代目ロビン=ジェイソン・トッド殺害にジョーカー&ハーレイが絡む、(3)アーカム収容所が舞台のいずれか、またはすべてか。

Playback DC Movie/TV!

DCフィルムズが始動した第1弾

2大ヒーローの世紀の対決を描く。ワンダーウーマンの言う「100年前に人間への干渉を絶った」理由は、『ワンダーウーマン』で描かれるはず。

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

グラント・ガスティン主演のTV版

ヒーローアクションとして一級の面白さがあり、ガスティンの爽やかな演技で青春ドラマとしても楽しめる。『ARROW/アロー』とたびたびコラボ。

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

ワンダーウーマンと並ぶ女性ヒーロー

ワンダーウーマンが大人の女性なら、スーパーガール(メリッサ・ブノワ)はクラスメイトや妹キャラ的なキュートさが魅力。物語も爽快感たっぷり!

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

その他の注目情報