1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. アジアTVドラマおすすめ・人気ランキング[アジアMAGAZINE]
  4. アジアMAGAZINE限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

アジアMAGAZINE限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

アジアMAGAZINE 限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

あらすじ

恋愛経験ゼロの天才外科医と、心優しい年下内科医の恋に胸キュン!

「シークレット・ガーデン」「奇皇后 ─ふたつの愛涙の誓い─」などの大ヒット作でヒロインを演じ、日本でも大人気のハ・ジウォンが恋愛初心者のウンジェを好演!常に クールを装う不器用で恋愛オンチの敏腕外科医のウンジェが、年下男子に恋をし、戸惑いながらも変わっていく様子を魅力たっぷりに演じきる!! そんなウンジェの心を開く、 心優しい内科医のヒョン役には、「タンタラ キミを感じてる」などで、演技も高く評価されたカン・ミンヒョク(CNBLUE)。さらにキム・インシク、ミナ(AOA)などの 大注目の若手俳優たちが共演!! じれったさ&ドキドキが満載の恋模様はもちろん、スリリングな展開からも目が離せなくなる、トキメキ度MAXのラブストーリー!

作品詳細を見る

原題:病院船/2017年/全20話/©2017MBC カラー/MPEG-2/16:9ビスタ/ドルビーデジタルステレオ/オリジナル韓国語/日本語字幕
※発売日、仕様、特典、ジャケットデザイン等は、都合により予告なく変更する場合がございます。
発売元:コンテンツセブン/デジタルアドベンチャー 販売元:TCエンタテインメント

【アジアMAGAZINE限定】カン・ミンヒョク[CNBLUE]インタビュー<フルバージョン>

※このインタビューは「病院船~ずっと君のそばに~」の内容を含みます。
まだ、ご覧になっていない方はご注意ください。

ドラマ「病院船」ついて

アジアMAGAZINE 限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

クァク・ヒョン先生は誰の目から見ても、とにかく「いい人」で、非の打ち所がないという役柄でしたがミンヒョクさんから客観的に見たクァク・ヒョンはどんな人でしたか?

クァク・ヒョンは20代で大人になり切れておらず、温かい心の持ち主ではあるものの、他の人に対してその温かみを伝える方法を見つけられていないという人物だったと思います。病院船での治療を通して、ハ・ジウォンさんが演じられたウンジェと共に医師としても人間としても成長していく、そんなキャラクターでした。

自身、初のメディカルドラマ、W主演とプレッシャーもたくさんあったと思いますが、いかがでしたか?

韓国でいくつもの賞を受賞している大先輩との共演でしたので、プレッシャーというよりは一緒に演じられるということが純粋に嬉しかったという感じでした。クァク・ヒョン役を自分なりに理解しながら“いかにうまく演じられるか”を常に意識して撮影に臨んでいました。

手術シーンが多かった印象でしたが、撮影前に準備したことはありますか?

撮影前には実際に病院に行って、たくさん、お医者様のアドバイスを頂きました。
また、撮影時には専門医の方が現場にいらっしゃったので、撮影の前はもちろん、つどつどしっかりと確認をしながらリハーサルをしました。病院船は普通の病院ではなく、劣悪な状況で緊急時に治療することが多いので、その設定に合わせて撮影していくことに注力しました。

撮影が夏ということでとても大変だったそうですが?

そうなんですよ!僕は暑いと集中力が切れがちなのでちょっと大変でした(苦笑)。
汗をものすごくかきましたし、そのせいですごく疲れてしまって・・。
でも、不思議とカメラの前では集中出来たんですよ^^

アジアMAGAZINE 限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

ウンジェのお母さんを最後に診療して、その後亡くなってしまったことで、ウンジェに対して申し訳ない気持ちもあるという役でしたが、ウンジェに対して好感を持ち始めたのはどのあたりからだと思いますか?

同じ空間に一緒にいる時間が長くなっていくと、相手の色々な面が見えてきますよね。
特に、病院船という狭い空間の中で、お互い同じ医者という立場で、患者さんや周りの人に対する姿を見ているうちに好感を覚えたんじゃないかなと思います。
ヒョンは20代の青年だったので心も熱いですよね!病院船で様々な出来事がある中で、自然とそういう感情が沸いたような気がします。

「つらいとき僕を思い出してくれてありがとう」「壁ではなくて扉かもしれない。いつでも開けてでてきて。扉の前で待っているよ」等、素敵なせりふの数々でしたが、難しい部分はなかったでしょうか? 

あぁ・・・・素敵でしたか?
実は、「壁ではなくて扉かもしれない。いつでも開けてでてきて。扉の前で待っているよ」は、僕のお気に入りの台詞の1つなんです。嬉しいです。

最初、台本には、“お互いの前には壁があって・・”というような抽象的な表現になっていました。
その“壁”をうまく表現する方法がないものか・・とても悩みました。少しずつお互いの距離が縮まるような表現にしようと思っていたんです。

結果、一歩ずつ近づいていく姿が映像にはうまく映らなかったのが少し残念だったんですけれども、台詞がすごく良かったのでとっても良いシーンに仕上がったと思います。
一歩近づいて、(相手が)負担に思ったらまた一歩下がる、“壁”だと感じるならそれは“扉”だと思って開けて出てきてほしいという、相手に負担を感じさせないような“思いやり”を表現したかったんです。共感してもらえたら嬉しいです。

アジアMAGAZINE 限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

ウンジェとのラブストーリーも素敵でしたが、同僚たちとの友情も素敵に描かれていたと思います。撮影時の雰囲気はいかがでしたか?

暑い夏に巨済島(コジェド)という島で長い期間一緒に撮影したので、他の俳優さんたちとの仲もどんどん深まっていきました。撮影のときも自然とそんな良い雰囲気が反映されたんだと思います。

愛を告白するシーン、「会いたくなかった?」「激しい鼓動は誰のせい?」「僕たち恋人になろう?」の台詞は誰もがときめく部分で、しかも映像がとてもきれいなシーンでしたが、このシーンはいかがでしたか?

一番難しかったシーンです(笑)。

どうやって演じたらいいのかすごく悩みました。冗談のような軽い感じも違うと思いましたし、すごく真剣な感じもちょっと重すぎるし・・・。

20代の青年らしく、初々しさや恥ずかしさもありつつ、常にドキドキしながら微笑を忘れない、という姿を意識しました。でも、愛を告白するシーンなので「言葉はしっかり伝える」というそんな姿がいいかな・・と。打ち合わせを重ねながら、リハーサルを念入りにして作り上げたシーンです。

アジアMAGAZINE 限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

クァク・ヒョンは最初トラウマもあって、ミンヒョクさんの見た目もあいまって優しい先生という印象でしたが、ドラマが進むにつれて優しさの中に強さを秘めている先生にかわっていくという印象になりましたが、ご自分としてはどのように感じていましたか?

ヒョンのお父さんはボランティア活動に人生を捧げた人物なので、ヒョンもそういった優しさとか心の温かさは持ち合わせていました。でも、他の人に対してどうやってそれを伝えたらいいのかがわかっていないようでした。

病院船の中でたくさんの出来事を通して、患者さんへ賢明に治療をしたり、その周りにいる方々に接しながら人への接し方を学んでいたように思います。自分の役割を常に意識しながら、「こんなときはどう対処する?」「この状況での判断は?」等、成長の過程で自然に多くを学んでいくというそんなキャラクターでした。

(あることがきっかけで)ウンジェがヒョンの元から嘘をついて去ってしまいますが、このときのウンジェの気持ちはミンヒョクさんご自身は理解できましたか?

そうですね・・・。
あのシーンはウンジェが一番悔しかったと思うのでそれを責めることは出来ませんが、愛する人のそばで出来ることといえば、じっと待ってあげることとか、逆にもっと僕が歩み寄っていくことだと思っていました。
本当は愛する人のそばから離れることなんて出来ないですよね。僕ならば、本人が一番つらいということを理解して守ってあげたいと思いますし。ヒョンは、ウンジェの気持ちは尊重はするけど、男としては放っておくことは出来ないから探し回ったんだと思います。

アジアMAGAZINE 限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

「君の隣が僕の居場所」といってウンジェの元に駆けつけますが、これもヒョンの大きな愛が感じられたシーンでしたが、このシーンのエピソードを教えていただけませんか?

ヒョンが、今まで病院船の中で見てきたウンジェの姿が、愛として完成したのだと思います。
病院船で自分が先立ってやらなければならないタイミング、ウンジェの心を捉えないといけないタイミング、強くならなくてはならないタイミングを知って、考えるよりも体が先に動いてウンジェの元に駆けつけたのではないかなと。最初は積極的ではなかったものの、少しずつヒョンが変わっていく姿も面白かったですし、愛のパワーを感じたシーンでした。

ドラマの見所を一言。

僕が、クァク・ヒョンというキャラクターをうまく表現できたかは分かりません。一般的なメディカルドラマとは違って、病院船という特殊な空間で繰り広げられる様々なことを通して、病院船自体の存在意義も考えさせられますし、人々の温かみを感じられるドラマになっています。 病院船の中で軍医として生活している20~30代の青年が、様々な困難に立ち向かい、賢明に努力する姿も興味深く見られるのではないかと思います。期待して下さい!

その他

アジアMAGAZINE 限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

今まで出演してきた映像作品の中で特に印象に残っているものは何ですか?その理由は?

出演してきた作品1つ1つはすべてが印象的なのでどれかを選ぶことが難しいです。
挙げるとしたら・・あ!趣味で撮影した動画を時々見返すのが面白いですね。

ライブ、ファンミーティング、ドラマと色々な姿をファンの皆さんにお見せしてきた訳ですが、それぞれ取り組む気持ちは違ったりするものでしょうか?

気持ちは全部一緒ですが準備が違いますよね^^
ライブではドラマーとしてどう表現するか、個人ファンミーティングのときは1人ですし、ファンの皆さんの前でたくさんの姿を見せることができるので、僕が何をしたら楽しんで頂けるかを考えますし・・。ドラマでは役柄を通してどうやったら多くを伝えられるか・・すごく悩みます。
でも、気持ちは一緒です。

1ヶ月のお休みをあげる、といわれたら何をしたいですか?その理由は?

メンバーと一緒にスイスに行ったのでヨーロッパも良かったですが、島や暑い国などのバカンス地に行って、太陽の下で何もしないでぼーっとゆったりしたいですね。

アジアMAGAZINE 限定公開!カン・ミンヒョク(CNBLUE)撮り下ろしフォト&フルインタビュー

ファンへのメッセージ

たくさんのファンの方がファンミーティングに来て下さって、しばらくの間、僕を待っていてくれると話してくれたことにすごく感謝しています。
これからももっと楽しいことがたくさん待っていると思っていますので、楽しみにしていてください。引き続き応援宜しくお願いします!

全巻レンタルキャンペーン実施中!

『病院船 ~ずっと君のそばに~』を観ようキャンペーン

TSUTAYA店頭で全巻レンタルし、アンケートに答えてご応募いただくと、抽選で豪華賞品が当たります!
キャンペーン期間:2018/11/1(木)〜2019/1/14(月)

※TSUTAYAオンラインショッピングでの購入/TSUTAYA DISCASでの宅配レンタルは対象外です

その他の注目情報