1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』

22年目の告白 -私が殺人犯です- 6月10日(土)全国ロードショー

予告動画

イントロダクション

「はじめまして、私が殺人犯です」

その男は、突然現れた。華々しくフラッシュを浴びて―。
時効が成立し、誰にも捕まえられないその男の、あってはならない殺人の告白が
日本中を釘付けにし、狂わせていく!

美しき殺人犯・曾根崎を演じるのは、日本屈指の演技派俳優、藤原竜也。
これまでにも幾多の個性的なキャラクターを快演し、『デスノート』『藁の楯』
『るろうに剣心』『僕だけがいない街』など数々の作品を大ヒットに導いてきた演技派が、
史上最悪のクズ(殺人犯)を演じきる。

対する刑事・牧村には、「海猿」シリーズなどで正義の熱血漢を演じる一方、『悪の教典』では
猟奇的殺人犯を熱演し、幅広い役柄で異なる顔を見せ続ける本格派俳優、伊藤英明を起用。

監督・脚本は『SR サイタマノラッパー』『ジョーカー・ゲーム』の入江 悠。

男の告白に、刑事が、遺族が、メディアが、そして日本中が動き出す!
あなたは、その衝撃に裏切られる―。

ストーリー

その告白は始まりにすぎない―。

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。
その犯人が、事件から22年後、突然自ら名乗り出た。
会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。

顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!
賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。

マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。
そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。
それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。

キャスト

曾根崎 雅人(藤原 竜也)

22年前の連続殺人事件の犯人として、突如名乗り出た謎の男。
「私が殺人犯です」というタイトルの告白本を大々的に発表したり、
サイン会を開催したりとメディアを最大限に利用するが、すべてが謎に包まれている。
既に事件の時効が成立していることをいいことに、警察や遺族を挑発し続ける。
特に牧村への挑発は露骨で執拗。一見、凶悪犯とは思えないほど容姿端麗なため、
メディアや大衆を巻きこんで熱狂的な人気を誇る異常事態に。

牧村 航(伊藤 英明)

組織犯罪対策課の刑事。
22年前の連続殺人事件を追っていた際、敬愛する上司=滝を無残に殺害された過去を持つ。
当時犯人をギリギリまで追い詰めるが、格闘の末ナイフで口元を斬りつけられ
最終的には取り逃してしまったことを長年悔いている。
事件で全てを失うも、犯人逮捕に執念を燃やし続ける刑事。
突然現れた曾根崎に対し、刑事として毅然と臨もうとするが……。

ニュース

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会.