1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. TSUTAYA on IDOL
  4. TSUTAYA on IDOL - NMB48「僕はいない」

TSUTAYA on IDOL

TSUTAYA on IDOL - NMB48「僕はいない」

PHOTO GALLERY

NMB48渡辺美優紀卒業コンサート 2016年7月4日(月)ラスト・ライブ・レポート。

NMB48 渡辺美優紀 卒業コンサート「最後までわるきーでごめんなさい」
最終日 神戸ワールド記念ホール ライブレポート


(C)NMB48

2016年7月4日。

遂にこの日が来てしまった。

48グループ、唯一無二の「IDOL OF IDOL」。
後にも先にも、彼女のようなキュートで魅力的なアイドルは48グループでは生まれないんじゃないだろうか。

「渡辺美優紀 卒業。」

劇場での卒業発表を聞いたあの日。
覚悟はしていたが、それでも…それでも喪失感は尋常ではなかった。
だが、発表後の日々は、なんとなくみるきーが卒業する実感が沸かなかった。
今回のシングルで取材した、ゆーり(太田夢莉)も、実感が湧いていなかったと取材で答えてくれた。
ただ、ゆーりは「僕はいない」MV撮影で、「タイの強い日差しを浴びて、みんなで空を見上げていたら、ようやくみるきーさんが卒業する実感が湧いてきた」と言う。
そして、今日、この日を迎えてしまって、筆者始めファンも、ようやく実感が湧いてきたんじゃないだろうか。

NMB48から、渡辺美優紀がいなくなる。

彼女の最後の大舞台。
片時も目を離さず、見届けたい。そういう想いでコンサート会場へ。

今回も徹底レポートしたいと思います。いつもの事ですが、長いですよ。

NMB48リクエストアワーなどで、幾度となくNMB48がコンサートを行ってきた、神戸ワールド記念ホールは、もちろんパンパンのフルハウス!!!!

スタンド後方から観覧しました。ライブ開始直前、同じ列に座ってきたのは、NGT48の中井りかちゃんと、荻野由佳ちゃん。「AKB48SHOW」の取材班として、参戦してました。りかちゃん(中井りか)は生粋のみるきーヲタ。心底みるきーに憧れてる事で有名なメンバーなので、終始興奮気味でした。

影アナはもちろんみるきー。ファンのボルテージがヒートアップし、昨日にも増して会場が熱くなる中、「overture」が鳴り響く!!
1曲目は何だ!?

M01「わるきー」
(渡辺美優紀ソロ)
いきなり来たぁぁーーーー!!!
小悪魔の角に、小悪魔の矢印しっぽ!!
最後の、本当に最後の「わるきー」。
コンサートタイトルにもなっているこの曲。おそらく48グループで最もメンバー人気が高いソロ曲じゃないだろうか。
みるきーのキャラクターがなかったら、きっと生まれなかった、秋元先生がみるきーにインスパイアされて書き上げられたこの曲。やはり「わるきー」はみるきーじゃないと!!!!
会場のファン全員による特大の「わるきー」コール!!! ファン有志によって配布された「みるきー団扇」が会場を埋め尽くした!!

M02「妄想ガールフレンド」
(★渡辺・山本・白間・矢倉・須藤・上西・吉田・城・太田・渋谷・村瀬・薮下・木下春奈・谷川・岸野・加藤)
うおおおおおーーーーーー!!! 眠眠打破キターーーー!!!!
みるきーセトリ!!! ステージ袖から、次々とメンバーがネコのコスプレで登場!
「可愛すぎるネココス」でお馴染み、5thシングル「ヴァージニティー」共通カップリング曲で、みるきーがセンターの曲!
現在所属している妄想GFオリメン11人に、抜けた5人の穴をりりぽん(須藤凜々花)・ゆーり(太田夢莉)・ふぅちゃん(矢倉楓子)・なぎちゃん(渋谷凪咲)・さえぴぃ(村瀬紗英)を補充しての16人でのパフォーマンス。
アイドルファンの気持ちを歌った歌詞に注目。
「触れたら消えてく 妄想の花 君はアイドル ねぇ僕だけに話しかけて」
まるで、みるきーのファンの心の中を映しだした様な切ないけど明るい曲です!
会場一体となっての「ガールフレンド!!」コールがこだまする!

M03「やさしくするよりキスをして」
(渡辺美優紀ソロ)
第5回AKB48じゃんけん大会で優勝したみるきーのソロシングル!!!
いつの間にか衣装を早着替えし、80年代アイドル風の衣装に!
アイドルが最もアイドルらしかった80年代。みるきーのソロにふさわしい「ザ・アイドル」な曲。
ゴンドラに乗って、会場をまわって、ファンを魅了しまくる!!

MC01
みるきーを除く、15thシングル「僕はいない」選抜メンバーが登場し、みるきーの着替え待ち。

M04「僕はいない」
(★渡辺・山本・白間・矢倉・薮下・渋谷・須藤・太田・吉田・上西・藤江・沖田・加藤・村瀬・谷川・岸野)
今回の特集記事となるNMB48の15枚目のシングル「僕はいない」。
渡辺美優紀ラストシングルで、もちろん渡辺美優紀センター。
失恋ソングなのだが、みるきーが卒業する、いなくなる事とシンクロし、より涙を誘う素晴らしい新曲。
みるきーソロでの歌い出し
「僕はいない 夏の砂浜 君は誰と海を見るの?」
泣ける。。
そして、間奏でさや姉(山本彩)とみるきーが軽くハグをする…。
……泣くのはまだ早い!まだ4曲目だ!!!!


(C)NMB48

M05「ナギイチ」
(NMB48全員 ※5期生以外)
「僕はいない」で、しんみりしてしまったが、ここから一気にドライブがかかります!!
全メンバー登場し、メインステージでチーム別に3グループに分かれてのナギイチ!!
もちろんステージ真ん中はチームBII!!!
爆発するミックスとコール!!
「渚で一番かわいいGIRL!!」は、みるきーだぁーー!!!!!

MC02
やまりな(山尾梨奈)・このみん(日下このみ)・れいちぇる(中野麗来)・みおりん(市川美織)・ももか(木下百花)によるMC。みるきー卒コンという事で、「誰が一番みるきーっぽいか選手権」。
「マスクをすると、ほぼみるきー」と、かつて話題になったこのみん。もしかしたらラストになるのだろうか、このみんによるマスクみるきーが披露されたりしたが、最後にやっぱりももかが持って行きました。みるきーっぽい選手権なのだが、ももか、全力で松田聖子の「青い珊瑚礁」をガチで熱唱(笑)。しかもメチャクチャ歌上手い(笑)。
結果、ファンの声援で投票し、ももかの圧勝。

そして、ここからは紅組メドレー!!! もちろんセンターは全てみるきー!
紅組曲9曲中6曲を全メンバー入れ替わりながらパフォーマンス!!

※「紅組」=デビューシングル「絶滅黒髪少女」から、9thシングル「高嶺の林檎」までの9作全てのカップリングに、「白組」「紅組」名義のカップリング曲が収録。「白組」には全て山本彩が参加、「紅組」には全て渡辺美優紀が参加。

M06「待ってました、新学期」
(★渡辺・吉田・山本・白間・上西・岸野・川上礼奈・山口)
デビューシングル「絶滅黒髪少女」収録の、紅組初楽曲!!!
白組のさや姉も参加して、新学期オリメン含め1期生で!!!
白組と対照的に、みるきーらしくアイドルっぽく可愛い楽曲が中心の紅組曲。「待ってました、新学期」はその真骨頂じゃないだろうか?
「さすがに飽きた夏休み 扇風機まで退屈そう」
と、みるきーの甘えた声の歌い出しを初めて聴いた時は、あまりの可愛さに「48グループに凄い逸材が入ってきた!」と、驚いたものだった。
「カレンダーの印 指折り数えた」
の「♪ゆーびーおーりー数えたーー」の指折りの振り付けが、可愛すぎて死者続出。

M07「僕がもう少し大胆なら」
(★渡辺・薮下・加藤・谷川・植村・磯・井尻・石塚・石田・松村・上枝・堀)
4thシングル「ナギイチ」の紅組曲!
しゅうちゃん(薮下柊)やうーか(加藤夕夏)、あいり(谷川愛梨)らが、センターステージに現れ、みるきーがメインステージから走り寄ってくる。
「♪僕がもう少し大胆なーらー」
のピョンピョン跳ねる振り付けが、紅組らしく可愛い!

M08「存在してないもの」
(★渡辺・須藤・太田・吉田・城・久代・林・植田・東・村中・安田・安藤)
5thシングル「ヴァージニティー」カップリングの紅組曲!
目下、TSUTAYA on IDOL激推し中の、ゆーりりぽんを従えた神すぎる紅組!
ドラ2(ドラフト2期生)3人も最後のみるきーとのステージでいろんなものを得たと思います。

M09「恋愛被害届け」
(★渡辺・渋谷・藤江・矢倉・山口・木下春奈・村瀬・沖田・三田・内木・川上礼奈・古賀)
イントロ鳴った瞬間ガッツポーズ!! 神曲きた!!!
6thシングル「北川謙二」カップリング紅組曲!
歌い出しのみるきーと卒業したななちゃん(山田菜々)との交互に歌う歌割りが印象的なこの曲。
最後の被害届は、みるきーとなぎちゃんで!!! 卒業を迎えるにあたり、いろんな所で「私の後継者として、期待している」と後押しをされているなぎちゃん。最近のなぎちゃんは公演でのパフォーマンスが気合入っていて、特にシリアスな表情などがかなりレベル高くなってきていて、目を見張るものがあるのだが、今日もみるきーに「最後の私のパフォーマンスを見てください!」と言わんばかりに気合の入ったパフォーマンスだった。

M10「野蛮なソフトクリーム」
(★渡辺・矢倉・市川・武井・木下百花・川上千尋・沖田・黒川・森田・西澤・西仲・本郷)
ペロペロしちゃおうぜ キター!!!
7thシングル「僕らのユリイカ」カップリングの紅組曲!ソフトクリームオリメンのアイス矢倉こと、ふうちゃん(矢倉楓子)ももちろん参加です。
ドラフト2期生のゆずなな(本郷柚巴・西仲七海)も参加で、みるきーとなーみがじゃれてたのが微笑ましい。

M11「思わせ光線」
(★渡辺・白間・上西・日下・木下百花・山尾・中野・大段・武井・明石・松岡・鵜野)
「♪混んでーるーゲームーセンターでー」
みるきーの甘い声の歌い出しが、まさに紅組!!
8thシングル「カモネギックス」カップリングの紅組曲!
みるるん(白間美瑠)らと共に、会場に思わせ光線発射しまくってました!!!

MC03
れいにゃん(藤江れいな)・ふうちゃん・さえぴぃ・ここちゃん(内木志)によるMC。
「第二回誰が一番みるきーっぽいか選手権」。ふうちゃんのお題無視のみるきーのものまねに、タジタジのれいにゃん。ここちゃんも頑張ってた。さえぴぃが一番みるきーっぽかったかな、さすがムラセンス。

ここから後半戦。

M12「青い月が見てるから」
(★渡辺・山本・加藤・吉田・上西・市川・白間・須藤・太田・木下春奈・石田・岸野・西澤・山口・古賀・林)
もう見ることはできないと思ってました…(涙)。
「銀河系軍団」と言われた、チームN3rd「ここにだって天使はいる」公演、オリメンチームNによる「青い月が見てるから」!!! 卒業生で抜けた穴は、現チームNメンが埋めました。
「青い月が見てるから」のフロントに、さやみるきー……。これだけで涙が…。
このまま最後までこのメンバーでの「ここ天」公演を見続けたいと思わせてくれるほど、全員光り輝いていました!!!
この衣装、みるきーが凄い似合ってるんだよなー。こんなに明るい楽しい曲なのに、涙しか出ませんでした。
最後は全員で前のメンバーの肩に手を置いて、電車のようにステージを行き来する。そしてみるきーを全員で囲んで…。

M13「雨の動物園」
(★渡辺・沖田・木下百花・川上礼奈・城・川上千尋・中野・大段)
現れたのは、ゾウの衣装に早着替えしたみるきー!!!!
チームN2nd「青春ガールズ」公演から、当時のみるきーのユニット曲「雨の動物園」。
懐かしい。。。象みるきー。
「♪キーリーンーもラーイオンもーチンパンジーもー」
のみるきーの歌声が可愛すぎる!

M14「投げキッスで撃ち落せ」
(★渡辺・白間・薮下・吉田・木下春奈・渋谷)
さらに早着替えで、今度はチームN1st「誰かのために」公演から、みるきーのユニット「投げキッスで撃ち落とせ」。
テンガロンハットが似合いすぎ。みるきーはどんな衣装着ても似合う。絵になる。
懐かしき初代チームN楽曲。昨日の公演ではBIIメドレーをやったのだが、卒業コンサートが終わりに近づくにつれ、過去のみるきーに回帰していくセットリスト。この2日間はみるきーの全てが詰まったコンサートに仕上がってます。

MC04
ゆっぴ(山口夕輝)・ちっひー(川上千尋)・しゅうちゃん・なぎちゃんによるMC。
今度は、「わるきーエピソード暴露大会」。3人共エピソードが面白く、甲乙つけがたい!こちらは映像化を楽しみるきーしてください!

M15「ジッパー」
(★渡辺・吉田・上西)
ラストオリメンジッパー!!!!!
イントロが鳴った瞬間、ファンの大歓声が「待ってました!」に聞こえました!
もう何もいう事はありません。48グループでは、「ここ天」公演でもっとも有名な曲。
やはりこの曲も、秋元先生がみるきーのイメージに宛書きされた歌詞だと思います。みるきーって、秋元先生の作詞家としてのイマジネーションを沸き立たせるメンバーだったんだと思う。みるきーが関わる曲は、やっぱり「みるきーな歌詞」なんですよね。

MC05
そのままアカリン(吉田朱里)・けいっち(上西恵)が残ってMC。
ジッパーの思い出を語りました。NMB48リクエストアワーで、2年連続2位という快挙を成し遂げました。
今年のリクアワで1位になったら、みるきー来てくれるかなーと。

M16「ハートの独占権」
(渡辺・山本)
イントロがなった時、お?? まさかゆきりん(柏木由紀)くるか?などとざわざわしたが、照明の落ちたステージの上手側のファンが異常なぐらい大騒ぎしている。。。
ステージが明るくなり、モニターに映ったのは、
さや姉!!!!!
天井を突き抜けるかと思うほどの、会場のファンの超大歓声!!!!!
ここで!!! この曲で!!!
さ、さ、さ、さ、
さやみるキタァーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

全難波ヲタがアガりまくった!!! ブリブリに可愛く振り切った、さや姉のパフォーマンス!!
「♪目玉焼―きにはケチャーップー」
で、「みーーーーるきーー!! みーーーーるきーー!!」
「♪とんーかーつにはお醤油―」
で、「さーーーーやか!!!! さーーーーやか!!!!」
と、ハートの独占権お馴染みのコール合戦がどちらも熱かった!!

曲が終わると、ブリブリに可愛いパフォーマンスをしていたさや姉が、素に戻って照れ笑い(笑)。
やっぱ、さやみるきーは永遠やで!

M17「100年先でも」
(石田・岸野・古賀・上西・山尾・山本・吉田・白間・市川・木下春奈・渡辺)
「ここにだって天使はいる」公演、屈指の名曲!!!
メンバー人気も非常に高いこの曲を、ほぼオリメンで!! 全員キレキレのダンス。みるるん(白間美瑠)の鬼気迫る表情とパフォーマンスが目にとまる。みるるんにとっても、久しぶりの「100年先でも」。気合が違います。
そしてフロントはさやみるきー…。
最後のヴォーグダンスを、オリジナルのさやみるきーで。もうカッコよすぎたんですけど…。この無敵感。

M18「絶滅黒髪少女」
(渡辺・山本・白間・吉田・上西・木下春奈・木下百花・沖田・岸野・川上礼奈・山口)※1期生
昨日の初日コンサートの1曲目でも披露された、NMB48デビューシングル「絶滅黒髪少女」!
この日の為に、黒髪に染めてきたアカリンとりかにゃん(岸野里香)!ももかは黒髪のヅラで(笑)!
黒髪少女たちが復活です!

MC06
りりぽん・ゆーり・あずさ(植村梓)・モカ(林萌々香)の4人によるMC。
りりぽん司会で「先輩に好かれてる選抜」として、この3人を選んだ。
「そのパンチで多くの先輩を虜にした林萌々香!」
「媚びないのに何故か愛される万年こと太田夢莉!」
「人懐っこい笑顔で懐に入り込む植村梓!」
それぞれに担当の1期生がいるとりりぽん。モカはけいっち、あずさはれなぴょん(川上礼奈)、で、ゆーりちゃんは?って聞くと「担当?なにそれ?居ないし」と(笑)。「ゆーりちゃんは彩さんでしょ?」と聞くと、「別に…単なるヲタ友だよ」と。認めませんねー、ゆーり。このようなエピソードを、今回の「僕はいない」のロングインタビューで聞き出せましたので、そちらも是非チェックしてください。

M19「カモネギックス」
(★薮下・加藤・谷川・村瀬・日下・植村・城・久代・山尾・石田・川上千尋・東・上枝・武井・松村・森田)
ここまでなんとみるきーは全ての曲に参加してたんです。凄い…。
しゅうちゃんセンターでカモネギックス!!!

M20「HA!」
(★矢倉・★渋谷・市川・藤江・須藤・太田・内木・中野・林・磯・古賀・植田・大段・三田・石塚・井尻)
ふうちゃん・なぎちゃんセンターで、HA!

M21「甘噛み姫」
(NMB48全員 ※5期生以外)
そして、甘噛み姫。ダンスがかなり激しい曲なのだが、これをNMB48全メンバーでパフォーマンス!!!
スタンドでステージを上から見ていたんだが、これがもう…圧巻…!!!
相当レッスンしたのだろうか、振りが恐ろしいぐらい揃ってる!!!
映像化になった時、是非定点で引きの絵で観てほしいと思うぐらい心が震えるようなパフォーマンス。
NMB48魂を垣間見た!

M22「僕らのユリイカ」
(NMB48全員 ※5期生以外)
こちらも圧巻!!! イントロの右足を出す振りを、全メンバーがメインステージ1列になって!!!
曲中は花道に全メンバーが並んでダンス!!「甘噛み姫」→「僕らのユリイカ」のこの2曲の全メンバーパフォーマンスは、心を打ち震えさせました!

M23「ドリアン少年」
(NMB48全員)
そして、5期生も参加して、本当にNMB48全員が揃って、我らがりりぽんセンターの神曲!!!
もはや恒例となった間奏でのりりぽんオリジナルコール!!!
昨日と同じく、やはりみるきー卒業コンサートなので、コールは「ちゃぷちゃぷコール」で!!!
りりぽん「ちゃぷ!ちゃぷ!ちゃぷ!ちゃぷ!」
会場「ちゃぷ!ちゃぷ!ちゃぷ!ちゃぷ!」
楽しすぎだろ!!!!

M24「イビサガール」
(NMB48全員)
本編ラストはやはり「イビサガール」!
会場のファンが全ての力を出し尽くすかのような、異常なデカさのコール!!!!!

「GO!GO!イビサ!イビサ!ガール!」

こんな音量になるんだと驚くぐらいの怒涛のコール!!
大興奮のまま、アンコールへ!

みるきーファンの口上から、アンコールは「みるきー」コールで!
会場は自然とアリーナはピンクに、スタンドは白のサイリウムで埋め尽くされた。

M「※さやみる.ver JT新CM披露!!」
会場が暗くなり、モニターにJTの文字。
山本彩が務めるJTのCMで使われた「ひといきつきながら」をバックに、さやみるきーの二人のデビューからの思い出の写真が次々と…。途中でテロップが入る。

「二人が並べば 無敵だと思った。」

涙が…。みるきーの卒業発表を受けた後の、さや姉の言葉…。

そして、

「友達にはなれなかったけど 運命の人」

劇場で卒業発表をしたみるきーが、「さやかちゃん」、とさや姉に向けて伝えた言葉…。
48グループどこを切り取っても、この二人の様な関係性のメンバーはいない。
仲間・戦友・ライバル……どれでもなくて、どれでもある。
この二人の関係性を表現する言葉はあるんだろうか。
だからこそ、この二人は魅力的なのだ。そして今日、その片翼が旅立っていく。

さや姉が一人、ステージに。
「15枚目のシングルにさやみるきーのカップリング曲が収録されています。歌詞は秋元先生。曲は私が作ってます。」
会場からどよめきの様な驚きの歓声!!
「6年の想いを込め、何かできることはないかと思い、作りました。」
…なんという素敵な話。
「それでは聴いてください。“今ならば”。」

En.01「今ならば」
(渡辺美優紀・山本彩)
袖からみるきーがステージへ。
最初で最後のさやみるきー二人の曲。
そして、さや姉が48グループで初となるメンバー作曲。それがみるきーの為に、贈られた曲…。

ステージ両サイドから歩み寄る二人。でも目を合わさずそのまますれ違う…。

固唾を飲むように、歌詞を聴きこむ会場のファンたち。
二人の関係性を見事に表現した、秋元先生渾身の歌詞。
そしてさや姉…なんていい曲を作ったんだ…。

センターステージまで歩いて遂に二人がお互いの目を見て向き合う。
そして、大サビの歌詞に遂に涙腺崩壊。


(C)NMB48

「二人はどこか似てる 誰より負けず嫌いで
知らず知らずに競ってしまう だから距離を置いていた」

涙がぶわっ、と溢れました。そしてこう続く

「今ならば ちゃんと言える 見せなかった全てのこと
今ならば そう素直に 心を開けるんだ
これからはずっと言える 違う道歩いてても
これからは空を見上げ いつでも会いに行くよ」

センターステージからメインステージに戻る二人。
さや姉がみるきーの腰に手を回して、歩んでくる…。もう涙が止まりません。
そして、メインステージでは、二人を1期生たちが待っていました。。

En.02「三日月の背中」
(渡辺・山本・白間・吉田・上西・木下春奈・木下百花・沖田・岸野・川上礼奈・山口)※1期生
この流れで、「三日月の背中」とか…。
神セトリかよ!!!! 最高かよ!!!
「絶滅黒髪少女」カップリング。初めてのカップリング曲。1期生の曲。
こんな明るい曲なのに…「三日月の背中」で泣いたのは初めてだった。

En.03「卒業旅行」
(1期生+山田菜々・近藤・山岸・門脇・三秋(小谷)・AKB48小笠原)
そしてその流れで「卒業旅行」…。山田菜々卒業時に作られた卒業ソング。
今や、1期生が卒業する度に歌われる名曲となった。

そしてステージには、卒業した1期生が…!!!
ななちゃん(山田菜々)・りぽぽ(三秋里歩)・かなきち(門脇佳奈子)・りぃちゃん(近藤里奈)・なつみん(山岸奈津美)。そして、AKB48に移籍したまーちゅん(小笠原茉由)も!!

そして歌い出しがさや姉なんだが……。

さや姉が涙をこらえきれず、歌えない…。

顔を抑えるさや姉。。。
今まで…こういう場面で…さや姉はこういう泣き方をした事は一度たりともなかったはず。
だから、だからこそ、会場のファン全員が涙した。横を見たらNGT48のおぎゆかが、大号泣していた。
ずるい…さや姉ずるい…。これみたら誰でも泣くわ…。
それをみた1期生たちも次々に泣き出す。。。

「同じ線路 走り続け それぞれの終点が近づいた時に
私たちが見てきたものの全てが 生きる意味と教えられた
長い夢を 振り返る」

この3曲。
「今ならば」「三日月の背中」「卒業旅行」は、今までの卒業セレモニーで最強の流れだったと思います。
ずっと泣きっぱなしでした。


(C)NMB48

MC08
みるきーがはけて、懐かしの1期生でMC。
この1期生のMC。これが難波のMCだよなーと。テンポもよくて、役割も自然とできてて、ツッコミ、ガヤのタイミングなどバランス良くて。ずっと安心して見てられる。
まーちゅん「ほんとババアになった」
さや姉「横見てみ」
まーちゅん「もっとババアおった!」
山田「誰がババアやねん!」
この安定のくだり(笑)。そして、小谷里歩から卒業と同時に改名したりぽぽが、
りぽぽ「どうも、三秋里歩です」
まーちゅん「誰やねん!!」

この涙の3曲の流れを、1期生で最後は楽しいMCで笑いに変える。これがNMB48だな。
そして着替え終わったみるきーが、ピンクの美しいドレス姿で登場。
みるきーと一番仲良しの、りぃちゃんがいきなり「みるきー!! 可愛いーー!!!(泣)」となぜか号泣(笑)。
そして1期生がはけてステージにはみるきー一人に。
「秋元先生が私の卒業ソングを書いて頂きました。聴いてください。“夢の名残り”。」

En.04「夢の名残り」
(渡辺美優紀)
みるきーの高音がとても美しいバラード。
秋元先生が、また素晴らしい歌詞を。

「夢の名残り 瞳閉じれば
過ぎた日々が浮かんでくる
眩しいくらい輝いてた 記憶の全ては月の形」

と綴り、

「夢は隠れまた膨らんで いつの日にか返ってくる
やりたい事をやる為に ここから離れる私みたい」

そして最後は、

「涙を流すぐらいなら 待っててほしいよ 夢の続き」

みるきーの最後のメッセージなのかも知れない。
卒業した後も、みるきーを応援し続けよう、そう思えた卒業ソングだった。

センターステージから戻ると、メインステージに、全メンバーが1列になって待っていた。


(C)NMB48

En.05「青春のラップタイム」
(NMB48全員)
このまましんみり終わるわけにはいかない!!!
最後はNMB48国歌斉唱!!!

「たった一つの理由は 好きだからーー!!!!」

怒涛のコールで、異常な熱が会場を包み込んだ。

MC09
最後のMC。
今日のコンサートの感想、卒業するみるきーへの言葉など、りかにゃん・ももか・なぎちゃんに話を振って、最後はみるるんに。
みるるん「私とみるきーは同期なのに追いかける存在で、やっと近づけたと思っても、近づけば近づくほど、知れば知るほど凄くて、遠くなるような気がしてました。もう、背中を捕まえる事は出来ないので、今、捕まえてもいいですか?」さや姉「物理的に??(笑)」みるるんが、みるきーの背中に抱きつく(笑)。

そして、和やかな雰囲気になったと思いきや、みるるんが真剣な面持ちで語り出し、会場の空気は一変する。

みるるん「そして皆さん。みるきーが卒業する今、私がNMB48を引っ張って行きたいです!
昨日、りりかのソロ曲が発表されて、さや姉、みるきーに次ぐ3番目のソロ曲を狙ってたから、凄く悔しいです!
だから、私は、NMB48のセンターの座は誰にも譲りたくないんです!!!」

会場から、嵐の様な賞賛の大歓声!!!!!
みるるん!! よくぞ言った!!
この状況で!! この場面で!! これが言えたメンバーがてっぺんだ!!!!
まさに、みるきーが卒業する今!NMB48第二章の幕開けであり、この白間美瑠の宣言が、第二章幕開けの鐘の音だ!!!!
漫画「ワンピース」、ローグタウンの処刑台で、「俺は海賊王になる男だー!」と叫んだルフィの様に、白間美瑠がアイドル王になる幕開けでもあるかもしれない。NMB48の歴史的場面だったと思う。
この宣言を聞いた他のメンバーもきっとふつふつと湧き上がる感情があったと思う。
みるきーが卒業するという喪失感と不安から、最後の最後で、一気にNMB48の未来が期待できる最高の展開になった。みるるん、ありがとう!!!

En.06「NMB48」
(NMB48全員)
みるきーが「まだ終わりたくない~~」と、最後までみるきー節で甘えて見せた。
最後はやっぱり、「NMB48」!!!

会場のファンを次々に釣っていくみるきー。
最後の最後まで、あなたはアイドルでした。

「メンバー、スタッフさん、そしてファンの皆さん、本当に本当にありがとうございましたぁーー!!!!」
と、一度も涙をみせる事もなく、最後まで笑顔でいてくれたみるきーでした。
劇場での卒業公演まで約1ヶ月。最後まで「アイドル」のみるきーでいてください。

みるきー、本当にありがとう!!

ライター:show-z

TOI限定コメント動画

CAMPAIGN

先着特典

(1)NMB48×TSUTAYA on IDOL応募用フォトジャケット
(2)生写真(Type別絵柄)

※特典はなくなり次第終了とさせていただきます。

抽選特典

太田夢莉/加藤夕夏/岸野里香 直筆サイン入り撮りおろしポスター(10名様)

NEW RELEASE

2016.8.20 RELEASE

(A)/YRCS 90128/価格(税抜):1,524円
(B)/YRCS 90129/価格(税抜):1,524円
(C)/YRCS 90130/価格(税抜):1,524円
(D)/YRCS 90131/価格(税抜):1,524円

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. 僕はいない NMB48 00:03:37
2. 今ならば さやみるきー 00:04:03
3. 空から愛が降って来る Team N 00:04:38
4. 僕はいない (off vocal ver.) 秋元康 00:03:36
5. 今ならば (off vocal ver.) 秋元康 00:04:03
6. 空から愛が降って来る (off vocal ver.) 秋元康 00:04:37

ARTIST PROFILE

NMB48

東京・秋葉原のAKB48、名古屋・栄のSKE48に続き、大阪に進出。難波(なんば)のN a M B a の頭文字をとって「NMB」である。
作詞家でもある秋元康が総合プロデューサーを務める2010年10月9日より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは、「会いにいけるアイドル」。大阪・難波のNMB48劇場にて、歌とダンスとトークから構成される約2時間の公演をほぼ毎日行っている。

岸野 里香(きしの りか)

生年月日:199464

血液型:O

出身地兵庫県

身長:162cm

太田 夢莉(おおた ゆうり)

生年月日:1999121

血液型:AB

出身地奈良県

身長:160cm

加藤 夕夏(かとう ゆうか)

生年月日:199781

血液型:A

出身地大阪府

身長:163cm

次回予告

次回、TSUTAYA on IDOLロングインタビュー(前編)公開!

EPISODE

その他の注目情報