1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. TSUTAYA on IDOL
  4. TSUTAYA on IDOL - NMB48「甘噛み姫」

TSUTAYA on IDOL

TSUTAYA on IDOL - NMB48「甘噛み姫」

PHOTO GALLERY

NMB48 Live House Tour 2016 FINAL in Zepp Namba 激アツレポート!

2015年11月16日。
前作のNMB48 13thシングル「Must be now」のTSUTATA購入者抽選イベントで、NMB48としては、初となるオールスタンディングのライブハウスイベントを、TSUTAYA O-EAST(東京)で開催。

観客500人のオールスタンディング。

「Must be now」選抜メンバー9人とあずさ(植村梓)の10人での、ライブ・トーク・そしてDJあずさのDJプレイと、1時間という短い時間ながらも、メンバーとの距離も非常に近く、超盛り上がった神イベントとなりました。

「NMB48 × ライブハウス」

これって最高だなー、こういうイベントもっとやってほしいよなー、と思ってたら、なんと、数カ月後!!!
NMB48が全国のライブハウスでチーム別でツアーをやると発表!!!!!!
NMB48、さすがっす!!やる事がファンの心をいつも震わせる!!!

北海道・大阪・東京・愛知・福岡・宮城で、それぞれのチームがライブハウスツアーを成功させ、そしてチームとして成長し、その集大成が全チーム集合した、大阪Zepp Nambaでのツアーファイナルだ。

TSUTAYA on IDOL取材班は、このツアーファイナルに潜入!
そして、3/30の「西村愛華卒業記念公演」と、3/31夜公演「梅田彩佳卒業記念公演」の2つのライブを徹底レポートします!

3月30日(水)
NMB48 Live House Tour 2016 FINAL in Zepp Namba 1日目
西村愛華 卒業記念公演

18時、Zeppなんば会場入り。

会場外では、西村愛華のファン同志が、overtureの愛華MIXと、アンコールでのペンライト企画の説明チラシを配布してました。あいか(西村愛華)ファンの愛が伝わってきました。

1Fはオールスタンディング!!!2Fは指定席。私は2階席から観覧しました。

そして、影アナは、本日の主役、卒業記念公演となるあいか。
「1Fにまだ入れない人が外にたくさんいますので、今会場にいる皆さん、もう1歩前に詰めてもらえますか!」と。
まさに普段Zeppなんばで多くのアーティストさんがやっているような光景を、NMB48で観れる。どんな化学反応が起こるのか。すでにテンションが高まりまくってるファン。暗転し、overtureが爆音で流れる!!!

M01「overture」
まず真っ先に驚いたのが、ファンの熱量とコールのデカさ!!!!!!
ライブハウスならではというか、劇場や大箱のライブとは違った、ファンの気合がビンビンに伝わってくる!!!
そして、事前にチラシ配布されていた通り、本日限定、愛華MIXが炸裂!!恐ろしいぐらいのまとまり!
「N!M!B!48―――!!Lets's GO!あいかー!」

M02「青春ガールズ」
「GO GO GO we are crazy girl…」
とアカペラから始まるこの曲に鳥肌が止まらなかった。
今日は西村愛華卒業記念公演という事で、あいかに関わりが深い楽曲を選んでいるようだ。
あいかの当時の研修生公演が、青春ガールズ公演だったので、当時の研究生メンバー全員でパフォーマンス!!!!今回の「甘噛み姫」インタビューでも語ってくれた様に、なぎさ(渋谷凪咲)が大きなダンスでメンバーを引っ張っていました!

M03「みなさんもご一緒に」
そして、旧チームM「アイドルの夜明け」公演から、定番盛り上がり曲、「みなさんもご一緒に」。
ステージ上方から、グラサンをかけた悪そうな連中(笑)がぞくぞくと登場!!!ももか(木下百花)を筆頭に、ふうちゃん(矢倉楓子)あいり(谷川愛梨)ら、当時の島田チームMメンバーが、ノリノリで登場!!あいかが、研究生当時、アンダーで出演していたM公演の再現!会場のコールのデカさが、マジで凄い…。
間奏のMCはあいか!「ご来場の皆様NMB48の西村愛華でございますーー!!!!」。
なぜか、声ガラガラ(笑)。気合い入りすぎてたのかなw

M04「会いたかった」
こちらは、旧チームBII「会いたかった」公演から。旧上枝BIIメンと、当時の研究生アンダーメンバーで!!!
久々に全力の「会いたかった」を見た気がする。メンバー全員のフリも揃ってて、全力でファンにアピールしている。

M05「誰かのために」
名曲「誰かのために」。ここで全員登場。さや姉(山本彩)みるきー(渡辺美優紀)らの、満を持して登場感に、ファンも絶叫のコール。そして、あいかがもう泣いている。は、早くないか?(笑)

MC
泣いているあいかをメンバーがイジル。
あいか「自分の歴史ともいえる曲をずっとやってきて、涙が出てきそうで」
メンバー「もう出てるよ(笑)」
そして、今日3月30日は、さえぴぃ(村瀬紗英)となる(古賀成美)の18歳の誕生日!
さえぴぃは、ファッション関係の仕事を、なるはお芝居の仕事を頑張っていきたいとそれぞれ夢と豊富を語った。
そんな中、
けいっち(上西恵)「たしかに、誕生日おめでとう」
メンバー「何それ、冷たい!(笑)」
けいっち「いや、もうひとつ誕生日がありますよね?」と。
そう、今日は我らがりりぽん(須藤凜々花)著の哲学本「人生を危険にさらせ!」の発売日でもありました。
是非、みなさんTSUTAYAで買ってくださいね。

M06「友達」
イントロでチョット泣きそうになった。
山田菜々卒業ソングの一つ、さや姉とななちゃんの友情を歌ったこの曲。あいかと歌ったのは、れいちぇる(中野 麗来)。
間奏でれいちぇるが、あいかに近づき、耳元で何かずっと伝えていた。うんうん、とうなづくあいか。そして不意にあいかが、ぶわっと泣き出した。。。そしてれいちぇるも。。
この二人だけしかわからない言葉を交わしたのだろうか。何を伝えたのかわからないが、その光景を見るだけで、こちらも泣けてきた。

M07「なめくじハート」
この曲は、超絶可愛いアイドルメンバーによるヲタ殺しの神ユニットで披露される事が多いが、今回もエゲツなかった。目下TSUTAYA on IDOLで激推し予定のゆーり(太田夢莉)がセンター。今回の「甘噛み姫」のカップリングユニット曲でもセンターを務める、難波の最終兵器だ!他にちっひー(川上千尋)、りなっち(久代梨奈)らに、ドラフト2期生のゆずなな(本郷柚巴/西仲七海)などもなめくじメンに抜擢!ゆずはたん、ぎこちないながらも一生懸命アイドルしてました!

M08「ハートの独占権」
ゆきりん(柏木由紀)みるきーによるユニット曲。最近ではHKT48のツアー「サシコ・ド・ソレイユ」でも、らぶたん(多田愛佳)とまりあ(今村麻莉愛)で披露されたりと、いろんな所でユニットシャッフルもされる様に成長した曲。あいかのお相手は、ゆーり!!
なんじゃ!この神ユニットは!あいかコールとゆーりコールが、交互に叫ばれる!最後は
ゆーり「あいかちゃんの、ボンッキュッボンッボディには、かないませんなぁー」
あいか「いやいや、ゆーりちゃんは、まんねんちゃんでしょおー?」
とお互いを讃え合う(笑)
※まんねんちゃん=千年に一人の逸材と言われている某アイドルが、せんねんちゃんと呼ばれているのに対し、ゆーりは1万年に一人の逸材で、まんねんちゃんと言われている

M09「どしゃぶりの青春の中で」
みるきーセンター!激しくカッコいナンバー。サビ前のセリフ「ありえへんわ」と、つぶやくみるきーが、怖すぎた!(笑)妖艶!みるるん(白間美瑠)も参加していて、改めてNMB48の層の厚さを感じた。

M10「雨の動物園」
もちろんセンターの象はあいか!

M11「Blue rose」
なる、あやてぃん(森田彩花)、城ちゃん(城恵理子)、るりりん(西澤瑠莉奈)による青薔薇!身長の高いるりりんは、このハードな曲が似合う!城ちゃんもキリッとした表情で魂を吹き込む!イントロでなるとあやてぃんがハグをして気合いを入れる!この4人ならではの青薔薇を堪能できた!

M12「ジッパー」
イントロが鳴っただけで、会場から怒涛の歓声!48グループでも幾度となくユニットシャッフルされてきた難波のキラーユニット!出てきたのはもちろんセンターあいか!両脇を支えるのは、ジッパーオリメンの、女子力おばけことアカリン(吉田朱里)と、琵琶湖の妖精けいっち!あいかの脱ぎっぷりに会場のファンが盛り上がる!

けいっち「あいかの脱ぎっぷりは、いかがでしたかぁー!?」
会場「うおおおおおお!!」

M13「この世界が雪の中に埋もれる前に」
そしてあいか卒業記念公演なら、絶対に外せない曲がありますよね?そう、あいかの初めてのオリジナルユニットとなるこの曲ですね。今日であいかの「この世界~」が、もう聴けなくなる、、、そう思ってあいかの歌声にしっかりと耳を傾けて聴きました、、、あいかがいなくなっても、しっかりとNMB48のメンバーで歌い継がれていく事になる、名曲です。

曲終わり、さや姉がひとり、アコースティックギターを片手にステージのあいかに歩み寄って行く。あいかがたっての希望という事で実現しました。

M14「365日の紙飛行機」
山本彩ギターによる、あいかと二人の365日の紙飛行機。あいかの歌声とさや姉の歌声が、会場を暖かい空気が包み込む。

MC
なぎちゃん、ちっひー、れいちぇる、もか(林萌々香)の4人、あいかの研究生時代の仲間で、あいかの思い出話しを。

初めてここで明かされる話しとして、なぎちゃんはあいかと一度大ゲンカして、酷い事を言ったと。ダンスの振りの違いで口論となり、なぎちゃんがあいかに放った言葉が、
「あいか中心でこの世界まわってんちゃうねんで」
酷い(笑)
なぎちゃんも反省したらしく、この言葉は一生言わないと誓い、このエピソードは冥土の土産に持って行くと(笑)。墓場まで持って行くの間違いだと思うが、メンバーも会場も誰も突っ込まず、笑いが起きる。
そして先ほど披露された、なめくじハートの選抜は、あいかが決めたあいか選抜らしく、なぎちゃんが選ばれてない事を指摘され、
なぎちゃん「あいかでこの世は回ってますね(笑)」

M15「妄想ガールフレンド」
前回大阪城ホールレポでも、絶叫してしまったが、やはりこちらでも絶叫せざるを得ない。
うおおおおーー!
そして今回は難波のドラフト2期の中1コンビ、ゆずなな(本郷柚巴・西仲七海)が妖精の様に可愛く、それを面倒みてる感じの肩幅ことりかにゃん(岸野里香)の3ショットが、じわる(笑)親戚の集まりみたいでした。

M16「命のへそ」
あいか卒業記念公演なので、今日はチームN曲を!チームNのハードなロックチューン!!Nの真骨頂!楽曲の良さもさる事ながら、是非生でパフォーマンスを見て欲しいと、力強く伝えたい。

M17「夢に色がない理由」
命のへそと打って変わって、真逆の曲。この振り幅があいかのいたチームNだ!爽やかな旋律に少し涙がこぼれ落ちる。

MC
ここちゃん(内木志)、みるるん、あんちゅ(石塚朱莉)、いそちゃん(磯佳奈江)、えみち(上枝恵美加)の、今年高校・大学を卒業したメンバーでMC。
卒業ソングといえば、という事で、あんちゅが卒業式で歌う定番曲「旅立ちの歌」を熱唱し始めると、ノリのいいファンが一緒に歌い始める。最終的には会場のファンと、
あんちゅ「♪この広い~」
ファン「♪この広い~」
と、自然発生的に大合唱に(笑)

M18「Must be now」
ここからNMB48ライブの山場、シングルラッシュ!まずはあいかも選抜に選ばれた超絶ダンスナンバーのMust be now。さや姉の稲妻の様なキレキレダンスと、みるきーの絹の様にしなやかなダンス。そして最後になるであろう、あいかのパフォーマンスを目に焼き付けました。

M19「純情U-19」
あいか含め、元研究生によるパフォーマンス!

M20「北川謙二」
ここからはチームMの出番だ!!!!きたけん!期待通り、ももかが大暴れしてました!

M21「Don't look back!」
きたぁー!卒業した山田菜々センター曲をチームMで!もちろんセンターはポスト山田菜々のあずさ(植村梓)!リクアワ以来、ドンルバのセンターにしっくりくる様になって来ました!あずさは新人だけど、ダンススキルも高く、スタイルもいいので、ドンルバのセンターに相応しい!そして両脇を固めるのはふうみる!このフロント3人の布陣。かっこ良すぎます!

M22「オーマイガー!」
今度はチームBIIが、満を持して登場!
特になぎさのダンスが大きくて弾けてました!このみんのこのみんらしいコミカルなダンスも最高に楽しい!そして盛り上がりすぎて大サビのオーマイガー!コールが、デカすぎ!!一気に熱量を放出させた様な咆哮!鳥肌がゾワゾワと立ちました!

M23「高嶺の林檎」
引き続きチームBII。その怒涛の盛り上がりからの高嶺の林檎。今、思い出しても、あんなに熱くてデカいミックスは、そうそう体験できない怒涛の思えるぐらいのデカさと一体感だった。楽曲自体の良さもあってか、サビでなぜか涙が出てきました。

M24「ドリアン少年」
うおりゃーー!アガるーー!今度はチームNの出番だぁー!!!
我らがりりぽんセンター曲!改めてセンター曲って大きいなと。コンサートで、少なくとも1回はりりかのターンが来るのだから!自分のターンを存分に使いこなすりりぽん。オリジナルのコール&レスポンスを!
りりか「ペロ!ペロ!ペロ!ペロ!」
ファン「ペロ!ペロ!ペロ!ペロ!」
(笑)何やらしてんだ、りりか!!
もちろん、ファンは絶頂にノリノリで応えます!あー、楽しい。

M25「らしくない」
引き続きチームN。「ドリアン少年」からの「らしくない」の流れは、もはや最近のコンサートでは、ここがピークと言っていいほどの高揚感を迎えます。多幸感とでもいうのか。NMB48は本当にシングルが神曲ばかりです。

M26「ナギイチ」
最後は全員登場!
全日のぐぐたすで、ゆっぴ(山口夕輝)が、イントロで新しくやるナギイチのなみなみダンスをアップしていて、本日のMCでも少し練習を。「右 左 なみ~ なみ~」っていう振り付け。ステージ側から景色を是非見てみたい!!
メンバーから見た景色はどうだったのかな?今後も定番の振り付けになりそうなので、ファンは是非チェックを!

M27「イビサガール」
MCを挟み、夏曲連発!やはりシングルメドレーのラストはイビサが似合う!!ここまで怒涛の走り抜けで、メンバーもファンも体力尽きそうなものだが、まだまだいけるぜ!ってぐらいのテンションで、全力でコールしました!
「GO!GO!イビサ!イビサ!ガール!」

体も火照ったまま、シングルメドレーを最後まで突っ走った高揚感のまま、すぐさま西村愛華生誕委員の女性ファンが、女性ながら大きな声で全力で声を枯らしながら口上!!!そして、アンコールはあいかコールで!!!
事前配布のチラシで、サイリウム企画。1Fがあいかの好きなピンク色一色に、2FはチームNカラーの黄色一色に。美しい光景が目の前に広がりました。

ほどなく、ステージが明るくなり、あいかが1人で登場。
卒業の挨拶。ファンとメンバーに感謝の気持ちを語り、あいかが呼び出したのは元研究生メンバー!

En.01「転がる石になれ」
アンコール明け、あのイントロが流れる!!!ハードなギターリフが鳴り響く!!!
研究生時代、先輩たちに負けないように、一番みんなで練習をしたのが、「転がる石になれ」との事。当時を思い出してなのか、ものすごい気合で拳を振り上げて、会場のファンが一体になり盛り上がる!

En.02「約束よ」
思い出の「青春ガールズ」公演、アンコール曲。
今回のセットリストは、大半をあいかが考えて、リクエストしたという事で、最後にこの曲を持ってきたのは素晴らしいなと。あいかの思い出に浸りながら聞き入りました。会場全体にあいかの「愛の華」が咲き乱れた気がしたのは、僕だけではないはずだ。

E.03「青春のラップタイム」
最後はやっぱり、「青春のラップタイム」!!最後の力を振り絞り、今日一番のファンの声が会場を覆い尽くしました。
たったひとつの理由は、「好きだからーー!!!!」

これで、遂に本編終了。

と思いきや。

会場からはダブルアンコールのあいかコールが鳴り止まない!!!!
まだまだこの楽しい時間を少しでも引き伸ばしたい!!そういう思いでファンがずっとあいかコールをし続けました!

そして、ようやくあいかが一人で登場。少し困った様子(笑)。
最後は、初めて選抜入りした思い出のシングル曲、「らしくない」をチームNメンバーで!

E.04「らしくない」
ファンもこれが本当に最後と、全力で楽しみました。他のメンバーも全員登場してきて、全員でらしくないを。

見事な卒業記念公演でした。きっとあいかも、あいかファンも大満足だったんじゃないでしょうか。

最後の最後、ステージにはあいか一人残って挨拶かと思いきや、ステージにもう一人、あいかに向かってゆっくりと歩み寄る影が…。そう、ももかである(笑)。

あいかにももかが何やら耳打ち。そのナイスバディを活かして、最後にセクシーなあいかを見せてくれと。
そのままももかがステージからはけて、あいか一人残す。
あいか、照れて照れて迷って迷って、最後の最後に
「あいかです♥」
とセクシーポーズを。するとはけたはずのももかが猛ダッシュでステージに戻ってきて、キュン死に(笑)。

あいかの卒業セレモニーを楽しく、愛の華を添えてもらいました!!!ももかありがとう!!!

怒涛のファイナル初日はこうして幕を閉じました。
いやーーーー、我ながら長いわ、ライブレポートが。申し訳ない。
もう1公演レポあります。お付き合いください。

3月31日(木)
NMB48 Live House Tour 2016 FINAL in Zepp Namba ファイナル夜公演
梅田彩佳 卒業記念公演

西村愛華卒業公演の翌日、昼公演を終えて、夜。ファイナルのファイナルは、
梅田彩佳卒業記念公演です。

AKB48の2期生として、アイドル活動を初めて、10年。最後はNMB48のメンバーとして、幕を閉じました。
最後にも言いますが、最初にも言っておきます。

梅ちゃん、NMB48に来てくれて、本当にありがとう。

開演は、梅ちゃん(梅田彩佳)の奇跡。AKB48オーディション風景から、いままでの歴史を映像で振り返る。
テロップにはこう書かれていました。
「彼女は いつも 笑顔で 前進してきた」
と。。。。。

M01「overture」
昨日と変わらず、スタートからテンションマックスのファン達!!!おまえら、最高だよ!

M02「引っ越しました」
1曲目にこれを持ってくるかぁぁぁ!!!!って事はもちろんメンバーは。
梅ちゃん、れいにゃん(藤江れいな)、みおりん(市川美織)の3人。
大組閣で、AKB48から移籍してきた3人。いわゆる「同志」とも言える3人。移籍によって、まさに引越しするよ、と。れいにゃんが、もうすでに泣いている…。そら泣くわな―、梅ちゃん横にいてこの曲歌ったら…。
大サビの「♪ここに引越しするよー」の部分、会場の梅ちゃんコールがもの凄い。梅ちゃんの門出を祝うファンの気持ちがビンビンに伝わってくる。

M03「青春ガールズ」
今度は梅ちゃん一人残し、出てきたのはチームN!!
梅ちゃんのAKB48秋元チームKの2nd公演表題曲!そしてチームNにとっても、2nd公演!
「死んだらどうなるんですか?」
「それでも青春は続くんだ!」

M04「RESET」
からのRESETは反則!!!出てきたのはもちろんチームM!
同じく秋元チームKの6th公演表題曲!!そしてチームMにとっても、2nd公演で、現在の公演でもある。
体に染み付いているこの曲を、オリジナルメンバーの梅ちゃんと一緒に全力でパフォーマンス!!!
最後の「♪我らがチームM―」の部分、普段はMの人文字なのだが、今日は違った。
「U」
そう梅ちゃんの「U」なのだ!粋な事するなー!

M05「逆上がり」
という流れで来たらもちろん逆上がりですよね!!!
秋元チームKの5th公演表題曲!!!そしてチームBIIにとっても、3rd公演で、現在の公演でもある。
チームBIIの梅ちゃんとして、今もやり続けているこの曲を。来るとわかっていても、イントロで涙が出てしまった。
明るい曲なのにね、涙が。
このみん(日下このみ)が、間奏でファンを煽りまくります!!最後は全員登場で、全員の逆上がり!!逆上がりをこの大人数でやった事って、多分48グループでなかったんじゃないかな?サビのダンスが、この人数でやると凄い迫力でした!

MC
MCはチームBIIメンバーで梅ちゃんの思い出を。
なぎちゃん、しゅう(薮下柊)、このみん、あんたん(井尻晏菜)、えみちの5人。
面白かったのは、ガチでリアルに似ているこのみんの梅ちゃんのモノマネ。
梅ちゃんに相談したら、いいそうな事、みたいな感じで、ファンの僕達でもなんとなくわかる感じだが、メンバーは「うわ!めっちゃいいそう!!」「それ、同じ事言われた!」と、異常に盛り上がる(笑)。このみんは芸達者やなー。

M06「MARIA」
ここからは梅ちゃんユニットとユニットシャッフルを交互に。昨日のあいかと同じ構成で!
まずは、「MARIA」。梅ちゃん、さや姉、れいにゃんのチームN・Mキャプテンの二人と!!!
なんというか、さすがの安定感というか、完成されたパフォーマンスを見せられて、魅せられました。

M07「Blue rose」
昨日とは全く違うユニットで。肩幅(岸野里香)、あいり(谷川愛梨)、みーれ(植田碧麗)、れいちぇるの4人。肩幅は青薔薇が似合いますねー。あいりもカッコいい!その二人に若手の二人もしっかりついていって、ばっちりキマってました!

M08「雨の動物園」
う、梅ちゃんの雨の動物園!!最後にレアなもの見せてもらいました!
梅ちゃん、みるきー、けいっち、はる(木下春奈)、ちっひー、ももか、いそちゃん、そしてドラフト2期生の子供えーりん(安藤愛璃菜)。えーりんが動物園で着ぐるみ着ると、学芸会みたいで微笑ましい。もちろん梅ちゃんは保母さんねw

M09「ハートの独占権」
昨日はあいりとゆーりのユニットだったが、今日は????
うおおおおおおおーーーー!!!!!
これこれ!!!これよ!!!
ゆーりりぽん!!!
TSUTAYA on IDOLから、勝手に激推され中の、ゆーりとりりぽんのユニット!!!
「甘噛み姫」のカップリングユニットにも選抜されている、今もっとも注目すべき二人。これぞ、NMB48の未来の宝!!幸せです。この二人のユニットが見れて。ハートの独占権なので、ゆーりコールとりりぽんコールのコール合戦で盛り上がる!

M10「エンドロール」
ダンスメンバーが好んでユニットシャッフルでよくパフォーマンスされるこの曲。もちろん梅ちゃんはオリジナルメンバーです。一緒にパフォーマンスしたのは、チームBIIの振付師ことこのみん、甘噛み姫で初選抜されたダンス番長1期生のあーぽん(沖田彩華)とゆきつんカメラで活躍中のゆきつん(東由樹)。ちょうど2階席の真ん中から見ていたので、間奏のダンスが見事に揃っていて綺麗だった。

M11「奇跡は間に合わない」
初挑戦じゃないかな?うーか(加藤夕夏)センターで、、ここちゃん、まおきゅん(三田麻央)と。
珍しい組み合わせ!うーかも間奏のハットパフォーマンス(?)も見事に成功!

M12「心の端のソファー」
梅ちゃんの公演曲といえばやはり、この曲ですかね。秋元チームKでは、優子(大島優子)、梅ちゃん、れいにゃんのユニットでした。ソファーメンのうち、二人がNMB48に移籍したんですね。今日は、BIIメンで、梅ちゃん、えみち、
あんたんの3人で。梅ちゃんの最後のソファーを一緒に歌えて、えみち、あんたんも幸せだったと思う。

M13「背中から抱きしめて」
アカリン・なる・あいか・まいち(大段舞依)・もか・ちっひー・ちほ(松岡知穂)の7人で。アカリンセンター。
意外な曲が組み込まれる。

M14「ピーク」
梅ちゃんも選抜メンバーで、個人的には難波のアッパーチューンの神曲中の神曲!!!!アガりまくりです。ヤバいです。

MC
あかりん、ふうちゃん、なる、れいちぇる、れいにゃんの5人で、梅ちゃんの思い出。
面白かったのは、梅ちゃんは、汗をかくと下も脱ぐ(笑)というエピソード。
そしてなぎちゃんの梅ちゃんとの耳かきのエピソードもここで披露されたが、そちらは本TSUTAYA on IDOL、甘噛み姫ロングインタビューで、なぎちゃん自らこの話をしていたので、そちらを是非参照してください!!!

日下プロデュースBIIスペシャルメドレー
そして、ここから梅ちゃん卒業記念公演という事で、BIIパート!!!
Zepp名古屋・福岡のチームBIIツアーでも披露されたという、このみんプロデュースのBII曲のメドレー!!!
ダンスのアレンジや構成をこのみんが考えたという。大阪城ホールでもこのみんがプロデュースしたパートがありましたが、今回も期待!!!!

オープニングは、まるでブロードウェイのショーケースの様な、カッコいいダンスからスタート!

M15「空腹で恋愛するな」
そして、1曲目は「空腹で恋愛するな」!!!妖艶な腰振りダンスに釘付けになる!

M16「君にヤラレタ」
アルバム収録のチームBII曲から!!!そしていつもよりテンポアップさせて、1.3倍速ぐらいかな?メンバーが忙しくコミカルにダンスする!!!このみんらしい楽しい演出!テンポアップで全く違う曲に聴こえる!楽しい!!

M17「ロマンティックスノー」
チームBII、個人的神曲。サビでスクラッチを入れるアレンジで、それに合わせたこのみん演出のダンスが楽しい!
曲終わり、カメラのシャッター音に合わせて振り付けを。カメラのシャッター音って事は?

M18「スターになんてなりたくない」
この曲ですね!BII、いい曲だらけやんかいさ。

M19「心の文字を書け」
最後は「心の文字を書け」。これこそ、このみんがフルで振り付けを考えたBII曲!!!
このみん「みんなーーー!!!!!可愛く踊ろうぜぇぇーーーー!!!」
と叫ぶ!!!
間奏では、なぎっしゅう先導で、会場をサイリウムのウェーブ!!!2階から見てたが、

ちょっと文字にするのが難しかったですが、この5曲のメドレー、様々なギミックも入れ、アレンジも楽しく、ダンスもこのみんらしいコミカルな部分もあり、キュートな部分もある素晴らしい構成でした!もう一回観たい!!!

MC
みおりん、いそちゃん、ここちゃん、みーれ、ゆーり、りりぽんの6人でMC。

ここからは昨日と同様の怒涛のシングルラッシュ!!!!

M20「Must be now」
M21「北川謙二」
M22「Don't look back!」
M23「オーマイガー!」
M24「高嶺の林檎」
M25「ドリアン少年」

今日もまたりりぽんのオリジナルコール!昨日は「ペロペロ」コールでしたが、今日はやっぱり
りりか「うめ!うめ!うめ!うめ!」
ファン「うめ!うめ!うめ!うめ!」
間奏ではなぜか後ろで、さや姉とりりぽんが、ガチ相撲対決を(笑)。
まぁまぁガチで勝負してたが、りりかが勝てるわけもなく、さや姉に投げ飛ばされ、さや姉の勝利!
M26「らしくない」
M27「ギンガムチェック」

このままナギイチにいくのかと思いきや!!!!!
梅ちゃんの第4回AKB48選抜総選挙、感動の選抜入りを果たしたこの曲を!!!!!
NMB48のメンバーが全員でギンガムチェックのフリを覚えて、梅ちゃんの思い出の曲を!!!!
これは感動しましたね。

MC
全体MC。しゅう「では梅ちゃんの最後の素晴らしい言葉を」(笑)

M28「365日の紙飛行機」
本編最後は紙飛行機で。「甘噛み姫」カップリングでさや姉のソロバージョンも収録されるという事もあり、紅白で披露した事もあり、もはや完全にNMB48の楽曲になったといってもいいんじゃないでしょうか?
爽やかに本編終了。

アンコールは盛大な梅ちゃんコールで!!!!!!
ピンクのドレスに身を包んで梅ちゃんが登場。あぁ、梅ちゃんの卒業セレモニーなんだなぁ、と改めて実感…。

M29「抱きしめちゃいけない」
そして、本日のハイライトはココ。
梅ちゃんにとって、もっとも大事な曲といってもいいと思います。
第3回AKB48選抜総選挙で、アンダーガールズでセンターをとった、梅ちゃんの唯一のセンター楽曲。通称「めちゃイケ」。歌詞の切なさもあり、梅ちゃんが最後と思うと、涙無しには見れませんでした。
何より、曲途中、梅ちゃんに近寄ったしゅうちゃんが、いきなり号泣し始めたんです。。。
「どうせ、梅ちゃん、最後やしなー」ってな感じで、照れなのか悲しいそぶりをここまで全然見せてなかったくせに…。あんな顔で泣かれたら、こっちも泣けてくる。それにつられてか、ずっと笑顔だったなぎちゃんも顔を伏せて号泣してる…。BIIのみんなも泣いている。そんなBIIメンバーを見て、梅ちゃんは幸せそうにずっと笑顔でした。
この光景を見て、心の底から思いました。
梅ちゃん、NMB48に来てくれて、本当にありがとう。
と。

感動の「抱きしめちゃいけない」でした。

ここで、スペシャルゲストで、梅ちゃんと仲がいいという事で、ふなっしーが登場!!!
梅ちゃん「ふなっしーの凄い仲良しで、中の人めっちゃいい人なんですよ」(笑)
みるきー「あれ、ネバールくんはいないの?」
ももかはふなっしーの中身をガン見(笑)。しっかり見た後、「…なるほど」(笑)
ふなっしーもNMB48メンバーにかかれば、いじり倒されますねw

M30「イビサガール」
ふなっしーも一緒に全員で!!!ふなっしーが、結構イビサガールのダンスをまともに踊ってたのがワロタw
そして、ふなっしーも退場に、最後の曲へ。

M31「To be continued」
あーーーーー、やるかと思ったが、やっぱりやったかぁーーー!!!!
あかんてーーーー!!!泣くからぁーーー!!!!!
最後はこの曲をやるしかないですよねーー。梅ちゃん卒業公演だし。
「♪明日―やりたいーこーとーをーひとつー」
の部分での、梅ちゃんコールはもう号泣しながらコールですよ。今日一番の梅ちゃんコール。
ここまで全く涙をみせず笑顔だった梅ちゃんが、この最後の梅ちゃんコールで、遂に涙ぐむ…。
この光景を見れただけでも、幸せでした。

アンコールも終了したが、このままでは終われない!もちろんダブルアンコール!

M32「ナギイチ」
昨日と同じく、なみなみダンスからスタート!
M33「青春のラップタイム」
最後はやっぱり国家斉唱!!!!
M34「NMB48」
でもまだまだ終わりたくない!という事で、最後の最後は、NMB48!!!!

2年前。大組閣でAKB48からまさかの移籍となった、梅ちゃん。
最初はNMB48のメンバーに溶け込めるかなー、とファンは心配したものですが、本当は人見知りなのに、梅ちゃんは自ら積極的にメンバーに近寄ってきてくれて、溶けこんでくれました。しゅうちゃんの誕生日には、夢の国に二人でいってくれたり、なぎちゃんの耳かきは全て梅ちゃんがやってくれたり。

梅ちゃんは言いました。
「やり残した事はありません。本当に満足です!」

メンバーも、ファンもきっと同じ気持です。最後にもう一度。

梅ちゃん、NMB48を愛してくれて、ありがとう。

ライター:show-z

ここでしか見られない!「Va」裏取材日記

2016年3月某日、大阪難波はNMB48劇場から徒歩7分のTSUTAYA EBISUBASHIにて、14thシングル「甘噛み姫」の取材をさせて頂きました。

撮影に参加してくれたのは、薮下柊ちゃん、渋谷凪咲ちゃん、内木志ちゃんの3人!
今回も店内ポスターや店頭Vaの撮影や、インタビュー、コメント動画収録をさせていただきました!

薮下柊ちゃん、渋谷凪咲ちゃんは、前作「Must be now」から連続での出演です!
これはTSUTAYAがこの2人を推しているに違いない!と、コメント動画では内木志ちゃんが、先輩2に推される秘訣を聴くシーンも。
インタビューでは今作のシングルMV撮影や、カップリング発表時の裏話などもぶっちゃけてくれています。

こちらは次回以降本サイトで順次公開していきます!お楽しみに!

CAMPAIGN

先着特典

(1)TSUTAYA on IDOL応募ハガキ
(2)生写真 ※Type別絵柄 ※1枚ご購入で1枚お渡し

※特典はなくなり次第終了とさせていただきます。

抽選賞品

薮下柊/渋谷凪咲/内木志 直筆サイン入り撮り下ろしポスター(10名様)

「モカしんぶん TSUTAYA号」の原本を店頭展示します!

SHIBUYA TSUTAYAとEBISUBASHI TSUTAYAの平台展開にて「モカ新聞 TSUTAYA号」の原本を展示予定!
次回TOIで内容を公開!

NEW RELEASE

2016/4/27 RELEASE

(A)/YRCS 90120/価格(税抜):1,524円

(B)/YRCS 90121/価格(税抜):1,524円

(C)/YRCS 90122/価格(税抜):1,524円

(D)/YRCS 90123/価格(税抜):1,524円

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. 甘噛み姫 NMB48 00:04:12
2. 365日の紙飛行機 山本彩 00:04:39
3. 儚い物語 Team N 00:04:43
4. 甘噛み姫 (off vocal ver.) 秋元康 00:04:12
5. 365日の紙飛行機 (off vocal ver.) 秋元康 00:04:39
6. 儚い物語 (off vocal ver.) 秋元康 00:04:42

ARTIST PROFILE

NMB48

東京・秋葉原のAKB48、名古屋・栄のSKE48に続き、大阪に進出。難波(なんば)のN a M B a の頭文字をとって「NMB」である。
作詞家でもある秋元康が総合プロデューサーを務める2010年10月9日より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは、「会いにいけるアイドル」。大阪・難波のNMB48劇場にて、歌とダンスとトークから構成される約2時間の公演をほぼ毎日行っている。

薮下 柊(やぶした しゅう)

生年月日:1998122

血液型:AB

出身地大阪府

身長:157cm

渋谷 凪咲(しぶや なぎさ)

生年月日:1996825

血液型:A

出身地大阪府

身長:162cm

内木 志(ないき こころ

生年月日:1997年4月6日

血液型:A型

出身地:滋賀県

身長:162cm

次回予告

次回、「甘噛み姫」発売記念ロングインタビュー(前編)大公開!

EPISODE

その他の注目情報