TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

【御礼・ミンディ・グレッドヒル来日!】素敵音楽レーベル:プロダクション・デシネ

2015年6月に大盛況の来日ツアーが行われたミンディ・グレッドヒルをはじめ、ジャンル、時代を問わずとにかく「良いメロディ、グルーヴィーな音楽」を世界中からセレクトしている素敵なレーベル、プロダクション・デシネ。ほんの一部ですが筆者がファンになった作品たちをご紹介。 (mahonon)

その他/ジャンルレス ロック/ポップス ワールド/レゲエ アディティア・ソフィアン インドネシア シンガーソングライター ブラジル ボサノバ マルティニーク ミンディ・グレッドヒル ヨハン・クリスター・シュッツ ラウンジ 白靴 北欧

view

全て再生

胸いっぱいのあふれる歌心

2015年6月に再来日ツアーを行い、ファンを熱狂させたカリフォルニア生まれのシンガーソングライター、ミンディ・グレッドヒル。彼女の最新アルバムは、1曲目の表題曲「ポケット・フル・オブ・ポエトリー」を聴いた瞬間から、幸福感で満たされます。癒されるキュートな声と、絶妙なバンジョーとストリングス、そして2013年の作品なのにどことなく懐かしい音作りがなせる技なのでしょう。

来日前に僭越ながら筆者が行わせてもらったインタビューはこちら! そして、6月23日に湘南T-SITEで行われた「ツタプレpresentsフリーライヴ」のレポートはこちらです!(筆者も6月24日にはライヴの合間にDJ(選曲係)として参加させていただいたのですが、感無量でした!!)ありがとうございました~!

ポケットフル・オブ・ポエトリー

ポケットフル・オブ・ポエトリー ミンディ・グレッドヒル

    ワンピースにスニーカー、そして傘という素敵なジャケット

    バンジョーのイントロから既に楽しげで、サビに向かってどんどん盛り上がっていく最高のPOPソング①『カリフォルニア』。ミンディ・グレッドヒルの日本デビューアルバムといえる3rdアルバムは、全編を通して彼女の可愛らしさと色っぽさを持ち合わせた魅力的な歌声が堪能できる、極上のアコースティック・ポップ作品です。ジャケ買いしても絶対に損はありません!

    アンカー

    アンカー ミンディ・グレッドヒル

      時代も国境もジャンルも越えた極上のラウンジPOP

      ソフトロック、ラウンジ、ギターポップからディスコ、ジャズ、映画音楽とあらゆるジャンルを吸収した素晴らしい音楽が詰まったこの作品を聴いて、インドネシアの凄さを改めて確信。ポップバンドなんてひとことで決してくくれない6人組の彼らはピチカート・ファイヴのような90年代渋谷系も好きらしい。全曲とにかく心地良いのだけれど、中でもディスコ~フリーソウル風味のキラーチューン④『スランカ・クスブラン』の“パッパラ~”コーラスは耳から離れないこと必須!

      アルバム・ヴァカンシー / ホワイト・シューズ・アンド・ザ・カップルズ・カンパニー

      アルバム・ヴァカンシー ホワイト・シューズ・アンド・ザ・カップルズ・カンパニー

        スウェーデンの現在進行形ボサノヴァシンガー

        イントロから心躍るタイトル曲①『パッション』を聴いただけで名盤の予感を感じさせる、ヨハン・クリスター・シュッツの2004年のデビューアルバム。ほのぼのした歌声と天才的なメロディセンスが、軽快なサンバや哀愁ただようボッサのリズムに絶妙に合わさり、ブラジル音楽への愛情があふれる作品となっている。時々ちょっとしたギターポップ・ネオアコ風味も加わっているところもみずみずしさの理由かも。

        パッション

        パッション ヨハン・クリスター・シュッツ

          北欧産ボサノヴァ~ソフトロックの最高峰

          デンマークの歌姫、ビアギッテ・ルゥストゥエアが1970年に発表した傑作アルバム。中でもブラジルの名曲『Tristeza』をデンマーク語でカヴァーした⑦『Christina』はあどけない子供たちと一緒に爽快なサビを歌い上げる最高のハッピーチューン。他にも、バート・バカラックやボビー・ヘブ、ビートルズなどの名曲も艶やかな歌声でカヴァーされ、じっくり楽しめる一枚となっている。

          ビアギッテ・ルゥストゥエア

          ビアギッテ・ルゥストゥエア ビアギッテ・ルゥストゥエア

          1. VORES EGET LILLE STED試聴
          2. MANDEN PA HOJEN試聴
          3. NAER VED DIG試聴
          4. JEG VENTER PA ET VINK試聴
          5. BIRGER試聴
          6. GA DIN VEJ試聴
          7. CHRISTINA試聴
          8. PA REGNBUEVEJ試聴
          9. ALDRIG BLI' FORELSKET MER'試聴
          10. SA HAR VI HINANDEN試聴
          11. VIS MIG EN VEJ試聴
          12. SMILENDE SUSIE試聴

          ほっこりと優しい気持ちになるボサノバアルバム

          ブラジルはリオ・デ・ジャネイロ在住のシンガーソングライター、パウロ・ムニツのデビュー作にして名盤といえるこの作品は、全曲彼のオリジナルとはいえ英語詞で歌われていることもあって、ボサノバという枠に決してとらわれないジャズやAOR風味も感じさせる。優しく響く歌声、と心のこもった演奏で贈られる10曲の甘いメロディーたちは、ひとつひとつ大切に繰り返し聴きたくなる。

          トライング・トゥ・フール・デスティニー

          トライング・トゥ・フール・デスティニー パウロ・ムニツ

            燃える夕陽に表現される最高のグルーヴ

            ブラジルを代表するシンガーソングライター・ミルトン・ナシメントの名曲『クローヴとシナモン』と同じ名前の男女混成6人組グループによる、1977年に吹き込まれた幻の一枚。セルジオ・メンデスにも似た華やかな女性のツインヴォーカルやスキャット、エレピやギターの音色にのせて次々と綴られるグルーヴたっぷりの曲たちは、お酒を飲みながら身体を揺らして聴くのがぴったり!

            プレソ・ヂ・カーダ・ウン / クラヴォ・イ・カネーロ

            プレソ・ヂ・カーダ・ウン クラヴォ・イ・カネーロ

              熱帯のパリ、マルティニークからの贈り物

              フランスから遠く離れたカリブ海に浮かぶマルティニーク在住のアーティスト、ピエール・マイゼロワ氏が1983年に発表したセカンドアルバム。「熱帯のパリ」とも呼ばれ、独特の文化を営んできたマルティニークと同様に彼の音楽スタイルも個性的。軽快なカリビアン・サンバやジャズを融合させたリズムにのせた哀愁漂うメロディをメロウなヴォーカルで聴かせている。

              ピエール・マイゼロワ / ピエール・マイゼロワ

              ピエール・マイゼロワ ピエール・マイゼロワ

                シルキー・ヴォイスを聴きながらタイムスリップ

                【2014年3月23日、朝10時半より、代官山蔦屋書店音楽フロアにて、モーニングカフェライブSpecialと称して、マテオ・ストーンマンの弾き語りライヴが開催されました】
                ロサンゼルスとキューバを行き来して活動を続けるアメリカの男性シンガーソングライター、マテオ・ストーンマンの3枚目のアルバム。④タイトル曲「アンダー・ザ・ムーンライト」だけがオリジナルで、残りの14曲は彼が大好きなアメリカン・ポピュラー・ソングなのだけれど、ヴィンテージな機材を使って録音された内容は、アルバムまるまる、古い時代のものと言われてもまったく遜色ない仕上がり!バックにはブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのメンバーも参加しています。(収録曲の映像が無いのでご了承ください…)

                アンダー・ザ・ムーンライト~ヴィンテージ・レコーディング・バイ・マテオ・ストーンマン~

                アンダー・ザ・ムーンライト~ヴィンテージ・レコーディング・バイ・マテオ・ストーンマン~ マテオ・ストーンマン

                1. Dream a Little Dream of Me
                2. I've Got a Crush On You
                3. Tip-Toe Thru the Tulips with Me
                4. Under the Moonlight
                5. Until the Real Thing Comes Along
                6. I Can't Give You Anything But Love
                7. Deep Purple
                8. Harvest Moon
                9. Little White Lies
                10. The Very Thought of You
                11. Nice Work if You Can Get It
                12. It Had To Be You
                13. Moonlight in Vermont
                14. Your My Kind (Bonus songs)
                15. La Puerta (Bonus songs)

                青春120%のキラキラGOOD MUSIC!

                初めてこれを聴いたときの衝撃は、歌っているのがインドネシア・ジャカルタ出身のシンガーソングライターだと知ってさらに倍になり、音楽には国境なんてないんだっていうことを心から実感させられた。天性のメロディ・センスと柔らかな歌声が織り成す11曲すべてが真っ直ぐなフレッシュさに満ち溢れたサンシャイン・ポップアルバムの名盤。

                メイズ・オブ・フィアーズ

                メイズ・オブ・フィアーズ ダリル・ウェジー

                1. Imaginary Hill
                2. Automatic High
                3. Maze of Fears
                4. Perfection Will Stab Your Back
                5. Northern Star
                6. Smile Through Your Sorrow
                7. Wolfie
                8. The War is Over Now
                9. Fantasizing
                10. The Supernova
                11. We Are The Stars

                地味ながら長く聴ける、繊細なベッドルーム・ポップス

                同じくインドネシア・ジャカルタ在住のシンガーソングライター・アディティアが自宅で吹き込んだこのアルバムは、冒頭の大名曲『アデレード・スカイ』をはじめほぼ全曲ギターと歌声というシンプルな作り。だからなおさら、味わい深く優しい声と上質なメロディが心にそっと寄り添ってくれる。ベン・ワットやキングス・オブ・コンビニエンスなどが好きな人には特にお薦めです。

                クワイエット・ダウン / アディティア・ソフィアン

                クワイエット・ダウン アディティア・ソフィアン

                  ※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
                  PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

                  ▲ページの先頭へ