TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

メジャーデビュー直前!どうやらBiSHが「ヤバい」らしい

オフィスの隣の席の人も、ある日突然、モヒカンにしてきた隣の島の斜め前の席の人もBiSHが「ヤバい」と口を揃えて言っています。どう「ヤバい」のか彼らの証言を基に要約をしてみました。名盤揃い!アイドルのCDアルバムベスト10選」 (24が8)

J-ROCK 2016年5月4日 エイベックス トラックス ハグ・ミィ 脱退

view

全て再生

パンキッシュな楽曲がヤバい!

アルバム「Brand-new idol SHiT」でデビューを飾ったBiSH。そのアルバムのリード曲と言える「BiSH−星が瞬く夜に−」を1曲目に紹介。アイドルの楽曲とは思えないパンキッシュで荒削りなサウンドと力強いメロディラインとボーカルが魅力の1曲として、アイドルに興味のないロック好きを一気に引き込み、「このアイドルヤバいんじゃね?」といった声があちこちから上がったほどです。

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に-試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Primitive試聴
  5. beautifulさ試聴
  6. OTNK試聴
  7. 身勝手あいにーじゅー試聴
  8. デパーチャーズ試聴
  9. ウォント試聴
  10. サラバかな試聴
  11. ALL YOU NEED IS LOVE試聴
  12. DEAR…試聴
  13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI試聴

アイドルが汚されるPVがヤバい!

2曲目に紹介しておきたいのは、BiSHにとって初のPVになった曲「BiSH−星が瞬く夜に−」です。グループのキャッチコピーである“新生クソアイドル”を体現するかのように汚物まみれになったショッキングなメンバーの姿は、初っ端から遠慮のない「アイドル像の破壊」をしてくれた爽快かつヤバいPVとして一見の価値アリなのです。

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に-試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Primitive試聴
  5. beautifulさ試聴
  6. OTNK試聴
  7. 身勝手あいにーじゅー試聴
  8. デパーチャーズ試聴
  9. ウォント試聴
  10. サラバかな試聴
  11. ALL YOU NEED IS LOVE試聴
  12. DEAR…試聴
  13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI試聴

同じ曲を連発するからヤバい!

BiSHは音源だけじゃなくてライブもヤバいんです! 3曲目に紹介する「BiSH−星が瞬く夜に−」はBiSHの代表曲でもありますが、なんとライブでは同曲を連続して披露することも。昨年の“TOKYO IDOL FESTIVAL 2015”では同曲を3曲連続で披露。さらに今年1月に行われたモヒカン限定ライブでは同曲を13曲連続で披露する等、強烈なインパクトを与えてステージを去っていくのです。

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に-試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Primitive試聴
  5. beautifulさ試聴
  6. OTNK試聴
  7. 身勝手あいにーじゅー試聴
  8. デパーチャーズ試聴
  9. ウォント試聴
  10. サラバかな試聴
  11. ALL YOU NEED IS LOVE試聴
  12. DEAR…試聴
  13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI試聴

ブルース調の曲だってヤバい!

インディーズでリリースした2枚のアルバム両方でオープニングを飾った「スパーク」は、穏やかに流れていく情緒感あふれるブルース調の1曲。ロックバンドeastern youthに近い雰囲気を持った1曲として、アンテナにかかったロック好きも多かったのではないでしょうか。元はプロデューサーである渡辺淳之介氏が歌ったバージョンが、BiSHの活動宣言以前に公開されており、“なにかが俺の中で目覚めた”に代表される男性視点で書かれた歌詞もそのままになっていることからある意味BiSHがカバーしている1曲として捉えることもできます。

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に-試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Primitive試聴
  5. beautifulさ試聴
  6. OTNK試聴
  7. 身勝手あいにーじゅー試聴
  8. デパーチャーズ試聴
  9. ウォント試聴
  10. サラバかな試聴
  11. ALL YOU NEED IS LOVE試聴
  12. DEAR…試聴
  13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI試聴

遠慮のないオマージュがヤバい!

前述の「スパーク」を語る上で外せない1曲がeastern youthの「夜明けの歌」です。曲調も似ている両曲ですが、「夜明けの歌」で“夜が明ける”と歌われ、ほぼ同じメロディで「スパーク」では“世はあける”と歌われることに狙ったオマージュであることを感じさせます。BiS時代を含め、BiSHはオマージュの元ネタを決して勝負しているアイドルシーンからではなく、邦楽ロックシーンや洋楽シーンから持ってくるところに、アイドルファン以外を「ヤバい!」と思わせて取り込んできた理由があるのではないかと思わされます。

感受性応答セヨ

感受性応答セヨ eastern youth

  1. 夜明けの歌
  2. アバヨ、風の残像
  3. スローモーション
  4. 黒い太陽
  5. 踵鳴る
  6. 静寂が燃える
  7. 二月はビニール傘の中
  8. 青の風景
  9. ズッコケ問答
  10. 素晴らしい世界

爆裂する高速ナンバーがヤバい!

BiSHの曲のなかで最もハードかつ、ライブでの狂乱の盛り上がりを見せるのが「MONSTERS」。結成メンバーであるにも関わらず、デビュー前に脱退してしまったユカコ・ラブデラックスによる置き土産的な歌詞、アイナ・ジ・エンドによるハスキーなボーカルが一段と生かされたハードな曲調、映画「フルメタルジャケット」のパロディを取り入れたPVなど、見どころ聴きどころ多数のヤバい1曲なのです。

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に-試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Primitive試聴
  5. beautifulさ試聴
  6. OTNK試聴
  7. 身勝手あいにーじゅー試聴
  8. デパーチャーズ試聴
  9. ウォント試聴
  10. サラバかな試聴
  11. ALL YOU NEED IS LOVE試聴
  12. DEAR…試聴
  13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI試聴

即メンバーが脱退したからヤバい!

デビュー前に脱退したユカコ・ラブデラックスがBiSH参加以前に、八代ゆか名義で活動していたバンドが魅起法則。3人組のギャルバンながら、男顔負けのロックサウンドを聴かせてくれます。ボーカル&ギターを務める八代ゆかのボーカルの魅力も高く、BiSHに残っていたらセントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンドと共に歌唱面での3本柱を築いていたことは間違いないでしょう。そんな今とは違った未来を想像せずにはいられないのが、魅起法則のアルバムからは聴こえてきます。

is escape

is escape 魅起法則

  1. AKANESASE
  2. SOKUBAKU
  3. 覚醒と告白
  4. and more!!
  5. 席替え
  6. 勘違い
  7. MACHIGAI TO JAZZMASTER
  8. あまい
  9. FridgeeZooHogen
  10. フープラ9
  11. にがい
  12. OTOTOI

シンプルな振り付けがヤバい!

タイトルも歌詞もおバカ全開の「ぴらぴろ」はサビのシンプルな振り付けが中毒になってしまってヤバい1曲。両手を同じ方向に交互に突き上げ、突き上げた側の足を上げるというサビで行われる振りは、現場でやると楽しさ120%! 音源だけでなくぜひ動画で振りを覚えて現場で一緒に踊ってみてください。

Brand-new idol SHiT

Brand-new idol SHiT BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Is this call??試聴
  5. サラバかな試聴
  6. SCHOOL GIRLS,BANG BANG試聴
  7. DA DANCE!!試聴
  8. TOUMIN SHOJO試聴
  9. ぴらぴろ試聴
  10. Lonely girl試聴
  11. HUG ME試聴
  12. カラダ・イデオロギー試聴
  13. Story Brighter試聴

とにかく曲名と歌詞がヤバい!

BiSHにとって初のシングルリリースになった曲が「OTNK」です。タイトルは“オーティーエヌケー”と読みますが、これが何の略なのかは……曲のサビ部分を聴いて読み取ってみてください。また、BiSHは昨年8月に新メンバーのハシヤスメ・アツコとリンリンを迎え、6人になった新生BiSHが始めてリリースした音源でもあります。ちなみにサビの歌詞は“追う 鎮火 鎮火”と歌われていますが、卑猥な歌詞を想像したアナタは確実にヤバい!

OTNK

OTNK BiSH

  1. OTNK試聴
  2. NO THANK YOU試聴
  3. MAIN STREET ELECTRICAL PARADE試聴

BiSHへ与える影響がヤバい!

さて、ここでBiSHの先代にあたるBiSの「primal.」を紹介。当時のBiSメンバー自ら書いた歌詞は、BiSでの活動の苦難や未来に向けた覚悟などが散りばめられ、そこに松隈ケンタ氏の作り上げたエモいメロディと相まって感動を呼び起こす1曲です。BiSを知る人にはBiSにとって最高の1曲としてこの曲を挙げる人も多く、またBiSHに与える影響も大きい1曲としてBiSHを語る上でも外すことのできない重要かつヤバい曲なのです。

IDOL is DEAD

IDOL is DEAD BiS

  1. IDOL is DEAD試聴
  2. ASH試聴
  3. PPCC試聴
  4. BLEW試聴
  5. CHELSEA試聴
  6. nerve試聴
  7. Our Song試聴
  8. My Ixxx試聴
  9. I wish I was SpecIaL試聴
  10. hitoribochi試聴
  11. IDOL試聴
  12. urge over kill of love試聴
  13. primal.試聴

振り付けのオマージュがヤバい!

BiSにおける「primal.」の立ち位置を持つことを匂わす曲が「Primitive」です。曲名からもそうした雰囲気を感じさせますが、曲調も「primal.」をなぞるかのような展開を見せることと、何よりも振り付けが“primal.立ち”で有名な「primal.」とほぼ同じものを採用していることも元・研究員(BiSファン)や清掃員(BiSHファン)の間で話題となったヤバい1曲です。BiSの二番煎じであることを公言して活動開始したBiSHが、公言通りBiSの軌跡をなぞっていくことを意識的にやっている1曲としてBiSHの歴史上でも重要な1曲になることは間違いないでしょう。

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に-試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Primitive試聴
  5. beautifulさ試聴
  6. OTNK試聴
  7. 身勝手あいにーじゅー試聴
  8. デパーチャーズ試聴
  9. ウォント試聴
  10. サラバかな試聴
  11. ALL YOU NEED IS LOVE試聴
  12. DEAR…試聴
  13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI試聴

PVでのオマージュがヤバい!

楽曲と振り付けで「primal.」を再現したのが「Primitive」なら、PVで「primal.」を再現したのがこちらの「ALL YOU NEED IS LOVE」。メンバーの子供時代のプライベートな写真やホームビデオで撮影された動画をPVに効果的に使い、アイドルも普通の女の子であり普通の人間であることを突きつけられるヤバい1曲です。BiSをなぞっていくと見せ掛け、冒頭の長いオフショットシーンはBiSHだけのストーリー展開がすでに始まってることを教えてくれます。

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に-試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Primitive試聴
  5. beautifulさ試聴
  6. OTNK試聴
  7. 身勝手あいにーじゅー試聴
  8. デパーチャーズ試聴
  9. ウォント試聴
  10. サラバかな試聴
  11. ALL YOU NEED IS LOVE試聴
  12. DEAR…試聴
  13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI試聴

あの曲をカバーしてるからヤバい!

BiSの代表曲でもあり、アイドル界にとっても定番ソングとなっている曲が「nerve」。昨年9月に行われた夏フェス“夏の魔物”において、BiSHが「BiSを封印するために「nerve」を私達のものにする」と宣言し、BiSH版「nerve」を初披露し、以降も度々ライブで「nerve」を披露しています。それはBiSHにとってライバルとは他のアイドルではなく、先代であるBiSであることを宣言したようなものでしょう。BiSHにとって一番怖いのは先代のBiSに再結成されてしまうこと。それによって自分達の立ち位置を揺るがされる可能性があるのですから。そうさせないために代表曲を奪ってドラキュラの墓に十字架を立てるべく、完全にBiSを封印する、BiSHが「nerve」をやる意味にはこんなヤバい理由を感じずにはいられないのです。

Brand-new idol Society

Brand-new idol Society BiS

  1. Give me your love 全部試聴
  2. BiS試聴
  3. 太陽のじゅもん試聴
  4. nerve試聴
  5. パプリカ試聴
  6. Let me sleep試聴
  7. サウザンボルト試聴
  8. エレガントの怪物試聴
  9. ティーンネイヂフレイバ試聴
  10. Spoon試聴
  11. YELL!!試聴
  12. one day試聴
  13. レリビ試聴

リアルタイムなストーリーがヤバい!

1stアルバム「Brand-new idol SHiT」のラストを飾る曲が「Story Brighter」です。輝けるBiSHの物語をしっかりと自分達で作っていこう、そんな意志を歌詞に込め、解放感ある曲調に乗せて歌われる1曲です。“このままで諦めてたらだめだよ”という一節は自分達に向けるのと同時に、この曲を受け取る全ての人へ向けたメッセージとも取れ、聴く人へ元気を与えるという、ある意味BiSHにとって一番アイドルらしいことが逆にヤバいという妙な1曲なのです。

Brand-new idol SHiT

Brand-new idol SHiT BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Is this call??試聴
  5. サラバかな試聴
  6. SCHOOL GIRLS,BANG BANG試聴
  7. DA DANCE!!試聴
  8. TOUMIN SHOJO試聴
  9. ぴらぴろ試聴
  10. Lonely girl試聴
  11. HUG ME試聴
  12. カラダ・イデオロギー試聴
  13. Story Brighter試聴

代表曲が瞬き過ぎるからヤバい!

アイドルファンだけでなく、広い音楽ファンの間でヤバいと話題沸騰のBiSH、最後に紹介するのはやはりこの曲でなくてはなりません。「BiSH−星が瞬く夜に−」(4回目)。BiSHのフォロワーは音楽ファンだけでなく、業界内にも蔓延し、今年2月に対バンをしたNightmareのRUKA率いるThe LEGENDARY SIX NINEが同曲をバンド編成でカバーしたことでも話題となりました。今後も更なるファン層の広がり、そして最高の楽曲とパフォーマンスを期待しつつ、BiSHを応援していきたいと思います。メジャーデビューおめでとうございます!

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET BiSH

  1. スパーク試聴
  2. BiSH-星が瞬く夜に-試聴
  3. MONSTERS試聴
  4. Primitive試聴
  5. beautifulさ試聴
  6. OTNK試聴
  7. 身勝手あいにーじゅー試聴
  8. デパーチャーズ試聴
  9. ウォント試聴
  10. サラバかな試聴
  11. ALL YOU NEED IS LOVE試聴
  12. DEAR…試聴
  13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI試聴

※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

▲ページの先頭へ