TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

802DJ野村雅夫が選ぶ 『マイ・夏メロ♪』 実は夏がそう好きじゃない文化系の君に

【FM802×ツタプレ】FM802で毎週金曜日15:20からO.A.「Ciao! MUSICA - TSUTAYA MUSICA LIST」 7月の選曲テーマ (TSUTAYA関西商品部)

その他/ジャンルレス 関西 FM802×ツタプレ TSUTAYA MUSICA LIST

view

全て再生

Suchmos / MINT

スチャダラパーの『サマージャム'95』じゃないけど、真っ昼間から外へ出たらクラっときちゃう夏。でも、いい具合にサッと降って去って行った雨雲を見送るように散歩、否、徘徊するにはもってこいでないかい? 今回選んだ中では唯一の新譜。今年はこれだな。

Delta V / Un'estate fa

日本では1978年にサーカスという男女コーラス・グループが『Mr.サマータイム』というタイトルで歌って大ヒットしたこの曲。ムード歌謡っぽいアレンジで当時のオリコン1位を記録したんだけど、オリジナルは実はフランスでした。で、こちらはイタリアのエレクトロユニットが大胆にアレンジしたリバイバルヒット。オシャレな夏ですわ。

画像なし

Un'estate faDelta V

    Gorillaz / On Melancholy Hill

    ゴリラズのサブカル感と音楽の幅の広さは楽しい。音楽をそのまま聴いてもいいし、映像を観てもいい。用意された物語を楽しんでもいいし、自分で想像を膨らませてもいい。いい曲たくさんあるけれど、風鈴を軽く揺らす風のようにそよぐ憂鬱がちょうどいいこちらを。。

    画像なし

    On Melancholy HillGorillaz

      かせきさいだぁ / じゃっ夏なんで

      「梶井基次郎の『檸檬』の中に出てくるような街の中は」とリリックにあるこの曲は、文学的日本語ラップの代表作でしょう。しかし、『檸檬』は京都が舞台だから、この祭りを祇園祭と仮定するのも当たらずといえども遠からずといったところ。では、かせきさいだぁ聴いて、万華鏡のような宵山へいざ。

      じゃっ夏なんで

      じゃっ夏なんで かせきさいだぁ

      1. さいだぁ≡ぶるーす試聴
      2. 相合傘試聴
      3. 土曜日のかせきさいだぁ≡試聴
      4. 苦悩の人試聴
      5. 近未来をぶっとばせ試聴
      6. TONEPAYS GUITAR試聴
      7. 水色のいろおぜ試聴
      8. 冬へと走りだそう試聴
      9. 夢の夢の夢の夢試聴
      10. ディグ・ダグ・プーカ試聴
      11. じゃっ夏なんで試聴
      12. HAPPY END試聴
      13. 冬へと走りだそう・再び試聴

      Bombay Bicycle Club / Luna

      イギリスのインディー・ポップ・バンドで、彼らのサウンド作りがとっても知的。南へ東へとアジアをあちこち巡ってできたアルバムに収められたこの曲は、リズムが豊かでエキゾチック。旅に出たいけれど出られないモヤモヤを、サビの高揚がスッと晴らせてくれるのでは。

      画像なし

      LunaBombay Bicycle Club

        カジヒデキ / ICE CREAM MAN

        大瀧詠一大好きの僕としては、彼のナイアガラサウンドと呼ばれるポップセンスを継承しているミュージシャンもやっぱり好きなんです。それはかせきさいだぁもそうだし、サニーデイ・サービスもそうなんだけど、カジヒデキのこの曲でのアプローチはもうナイアガラそのもの。木陰でアイスをなめながら、溶けないうちに聴いてくださいな。

        ICE CREAM MAN

        ICE CREAM MAN カジヒデキ

        1. 灼熱少女試聴
        2. 続・新しい歌試聴
        3. アイスクリーム・マン試聴
        4. そしてライフはつづく試聴
        5. スマイル&ティー試聴
        6. 雨降り都市試聴
        7. HEY HEY GIRL! HEY DJ!試聴
        8. ハッピー・マンチェスター試聴
        9. サマーキャンプ試聴
        10. プールサイド・コーリング試聴
        11. ブランニュー・ブーツ試聴
        12. 僕らのスタンドバイミー試聴

        サニーデイ・サービス / サマー・ソルジャー

        叙情的でけだるい夏の描写は、曽我部恵一の声で歌われるだけでもグッと来るのに、この90年代後半風のちょいオアシスっぽいギターサウンドがまたたまらないのです。

        サマー・ソルジャー

        サマー・ソルジャー サニーデイ・サービス

        1. 忘れてしまおう
        2. 白い恋人
        3. JET
        4. 知らない街にふたりぼっち
        5. 96粒の涙
        6. 雨の土曜日
        7. 愛と笑いの夜
        8. 週末
        9. サマー・ソルジャー
        10. 海岸行き

        ※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
        PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

        ▲ページの先頭へ