1. TSUTAYAトップ
  2. BOOK(本・コミック)
  3. 文芸書
  4. 海外小説
  5. 海外文芸
  6. キャスリーンとフランク 父と母の話

キャスリーンとフランク 父と母の話

キャスリーンとフランク 父と母の話
  1. 文芸書
  2. 海外小説
  3. 海外文芸

アーティストメール登録
登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

リリース日

  • 販売2022/06/30キャスリーンとフランク 父と母の話
※発売日ほか掲載情報は変更になる場合がございます。 ※発売日は地域によって異なる場合がございます。

この作品のあらすじ・みどころ

母の日記と父の手紙が織りなす英国のある家族のタペストリー。小説家クリストファー・イシャウッド(1904‐1986)の母キャスリーンは、ワイン製造業を営む裕福な家に生まれた快活な女性で、91歳で没するまで70年に亘って日記を書きつづけた。貴族の次男で軍人の父フランクは、ピアノと歌がうまく、塹壕で編みものをするような自由な気質の人だった。絵と本が好きな彼らは、息子二人とともに田園の屋敷で睦まじい暮らしを送っていたが、1915年、フランクが第一次世界大戦の激戦地、ベルギーのイーペルで消息を絶つ―。本書は、克明に記された母キャスリーンの日記と、父フランクが妻に宛てた手紙を長男のイシャウッドが編集し、丹念に読み解いたものである。親族間のあれこれや、老年までイシャウッド家に仕えた乳母を含む家族の回想録であると同時に、地主階級の暮らしのディテールや流行りの芝居、ヴィクトリア女王のダイヤモンド・ジュビリー(即位60年記念)、初の英仏横断飛行、婦人参政権運動、アイルランド問題など、ヴィクトリア朝末期から第一次世界大戦後までをつぶさに描いた英国社会史ともなっている。

作品情報

出版年月: 2022年06月
出版社: 新潮社
ISBN-10: 4105072811
ISBN-13: 9784105072810
著者: クリストファー・イシャウッドクリストファー イシャウッド横山貞子

この情報は[キャスリーンとフランク 父と母の話]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

キャスリーンとフランク 父と母の話

ネット通販

キャスリーンとフランク 父と母の話 書籍
ネット通販で買う

店舗在庫情報

注目!新作リリース

POWER PUSH