1. TSUTAYAトップ
  2. MOVIE(映画)
  3. 邦画ドラマ
  4. 人情/喜劇
  5. ゲゲゲの女房
TSUTAYAプレミアム 夏のキャンペーン 9/1(日)まで CLICK!

ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房
  1. 邦画ドラマ
  2. 人情/喜劇

お気に入りに追加

アーティストメール登録
登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

リリース日

  • レンタルレンタル中ゲゲゲの女房
  • 販売販売中ゲゲゲの女房
  • 動画配信配信中ゲゲゲの女房

関連動画(YouTube)

※ 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

関連画像

  • ゲゲゲの女房

この作品のあらすじ・みどころ

NHKのテレビドラマも好評を博した漫画家・水木しげるの妻・武良布枝の自伝エッセイを吹石一恵と宮藤官九郎の共演で映画化。どん底の貧乏でも漫画家としての矜持を失わず、飄々と生きる夫と、それを支え続けた妻との心温まる夫婦の物語を描く。監督は「私は猫ストーカー」の鈴木卓爾。昭和36年、出雲の安来。大家族の中で育った布枝は、東京に住む貸本漫画家のしげるとお見合いをし、その5日後には結婚、慌ただしく上京することに。そんな布枝を待っていたのは、大都会・東京での甘い新婚生活にはほど遠い、想像を絶する貧乏暮らしと、ひたすら妖怪漫画ばかりを描き続けるぶっきらぼうな夫とのぎこちない生活の日々だった。

作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本
メーカー: キングレコード
出演者: 吹石一恵宮藤官九郎村上淳坂井真紀宮崎将柄本佑夏原遼平岩紙沼田爆天衣織女
監督: 鈴木卓爾
脚本: 大石三知子鈴木卓爾
原作者: 武良布枝
音楽: 鈴木慶一

この情報は[ゲゲゲの女房]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

狗飼恭子さんがこの作品をオススメ

TSUTAYA シネマハンドブック「CINEMA Handbook」狗飼恭子

恋愛小説家

狗飼恭子
「男心と女心の違いを教えてくれる映画」10本

『ブルーバレンタイン』で一番印象的だったのは夫婦がモーテルに行くシーン。妻は抵抗はしていませんが、ずっと我慢していますよね。もう苦痛でしかない。でも夫はそれに気づかず、彼女の快楽につながると信じている。そこがすごくリアルでした。夫は歳をとっても魂レベルが…

   続きを読む   

シネマハンドブック その他の著名人のオススメを読む

おすすめニュース

狗飼恭子が選ぶ「男心と女心の違いを教えてくれる映画」10本

2017年1月24日 (火) 10:00 配信

『ブルーバレンタイン』で一番印象的だったのは夫婦がモーテルに行くシーン。妻は抵抗はしていませんが、ずっと我慢していますよね。もう苦痛でしかない。で...

続きを読む

ゲゲゲの女房

動画配信

ゲゲゲの女房 SD
動画配信で観る

※この作品は他のサービスでも扱っています。

店舗在庫情報

※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。 もっと在庫情報を見る
レンタル販売

POWER PUSH

おすすめ映画ガイド