1. TSUTAYAトップ
    2. MOVIE(映画)
    3. 洋画アクション
    4. 戦争ドラマ
    5. さすらいの航海

    さすらいの航海

    さすらいの航海
    1. 洋画アクション
    2. 戦争ドラマ

    アーティストメール登録
    登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

    リリース日

    • レンタル2018/02/07【販売禁止】さすらいの航海(スペシャル・プライス)

    関連動画

    ※ 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

    この作品のあらすじ・みどころ

    船は木の葉のように波間を揺れ、涙はとめどなく頬を流れる……神よ、私達が何をしたというのですか!


    1939年5月、ハンブルグ港から937人の乗客とともに客船セントルイス号はキューバに向けて出航した。乗客の大半がユダヤ人だった。冷静で責任感のある船長シュレーダー(M・フォン・シドー)はクリスチャンだが、ユダヤ人に同情的だった。船にはゲシュタポに追われている弁護士のカール(S・ワナメイカー)と、妻(L・グラント)と美しい娘アンナ(L・フレドリック)、高名な大学教授のクライスラー(O・ウェルナー)と、妻(F・ダナウェイ)、娘の元へ向かうハウザー夫人(M・シェル)、教師のジョセフ(J・プライス)、船長付のグンター(M・マクダウェル)らがそれぞれの思いを持って乗っていた。やがて、キューバに到着するが、ナチによる反ユダヤ感情の煽りを受けて、キューバ政府が上陸を拒否し、船内に暗雲が立ち込めた。すぐさまユダヤ救済機関のトローパー(B・ギャザラ)は、乗客の上陸許可を求めて手を尽くそうとするのだが・・・。
    実話をもとに、第二次大戦直前、大国のエゴに翻弄され難民となったユダヤ人たちの悲劇を描いたオールスター・キャストの人間ドラマ。
    監督は「暴力脱獄」(67)のスチュアート・ローゼンバーグ。グランドホテル形式を取りながら、登場人物の過去にフラッシュバックせず、亡命への希望と、強制送還の恐怖に怯える乗客たちの運命を進行形で描いた。

    作品情報

    この情報は[さすらいの航海]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

    さすらいの航海

    宅配レンタル

    【販売禁止】さすらいの航海(スペシャル・プライス) DVD
    ネットで借りる

    ※この作品は他のサービスでも扱っています。

    店舗在庫情報

    注目!新作リリース

    POWER PUSH