1. TSUTAYAトップ
  2. MOVIE(映画)
  3. 洋画ドラマ
  4. 洋画ドラマ
  5. 民衆の敵

民衆の敵

民衆の敵
  1. 洋画ドラマ
  2. 洋画ドラマ

お気に入りに追加

アーティストメール登録
登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

リリース日

  • 販売販売中民衆の敵

関連動画(YouTube)

※ 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

この作品のあらすじ・みどころ

父はそれが正義だと思った―家族はその父が正しいと信じた。1880年、ノルウェーのキルステン。この町で医者をしているトーマス・ストックマン(スティーヴ・マックィーン)は、主要な観光源である鉱泉の水が上流にあるなめし革工場により汚染されていることを突き止める。自宅に新聞記者と親友のフォースター船長( リチャード・ブラッドフォード)を招いた夕食会でその事実を彼らに告げたトーマスは、大学の調査結果を町長を務める兄のピーター(チャールズ・ダーニング)に届ける。しかし、ピーターは、莫大な工費と2年という期間がかかることを理由にトーマスにこの事実を発表しないよう命令する。自分と同様、ピーターも安全を第一に考えていると信じていたトーマスは、記者のホブスタッド(マイケル・クリストファー)が熱心に薦めることもあり、記事として発表することを決意する。しかし、その夜、新聞社にピーターが訪れ、工費を捻出するために町民に税を課すと脅し、動揺した記者たちは記事の掲載をやめようとする。そこにトーマスが現れ、町民集会を開くとピーターに宣言する。雪が降りしきる中、フォースターの船小屋で集会が開かれた。ピーターは、水質は問題ない、トーマスの目的は権威を破壊することだと断定する。大多数の町民が賛成する中、異議を唱えたトーマスだったが、多数決により“民衆の敵”と認定されてしまう・・・イプセンの戯曲をアーサー・ミラーが翻案、マックィーン自らが製作、主演を務めた渾身の社会派作品、初のソフト化。

作品情報

この情報は[民衆の敵]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

民衆の敵

ネット通販

民衆の敵 オンデマンド
ネット通販で買う

店舗在庫情報

※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。 もっと在庫情報を見る
レンタル販売

POWER PUSH

おすすめ映画ガイド