1. TSUTAYAトップ
  2. MOVIE(映画)
  3. 洋画ドラマ
  4. コメディ
  5. バンボーレ!

バンボーレ!

バンボーレ!
  1. 洋画ドラマ
  2. コメディ

お気に入りに追加

アーティストメール登録
登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

リリース日

  • 販売2018/08/13バンボーレ!

関連動画(YouTube)

※ 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

この作品のあらすじ・みどころ

ジーナ・ロロブリジーダ、モニカ・ヴィッティ、ヴィルナ・リージ、エルケ・ソマー、ヨーロッパ4大女優が異性獲得のスゴいテクニックを公開!第1話『電話の呼び出し』(監督:ディーノ・リージ)家に帰ってきた夫(N・マンフレディ)は、セクシーな妻(V・リージ)とのひとときを楽しもうと考えていたところに邪魔が入った。妻の母親からの電話だった。その電話のあまりの長さに耐えかねて彼は・・・・。第2話『優生学理論』(監督:ルイジ・コメンチーニ)ウラ(E・ソマー)は、ローマで運転手を雇って理想の男を探していた。彼女は優生学の学者で、恋愛には興味が無く、優れた男と結婚して美しい子を生むのが狙いだった。しかし理想の夫はなかなか見つからなかった。第3話『スープ』(監督:フランコ・ロッシ)ジョヴァンナ(M・ヴィッティ)の年の離れた夫は、大きな音をたててスープをすする癖があった。ジョヴァンナは夫に我慢ならなかった。彼女は、廃品集めの男に金を払い、トラックで夫を轢き殺してくれるように頼む。第4話『キューピット神父』(監督:マウロ・ボロニーニ)ローマを訪れたアークディ神父は、長年彼に仕えてきたハンサムな甥のヴィンチェンゾ(J・ソレル)を同行させていた。彼に一目惚れしたホテルの女主人ベアトリーチェ(G・ロロブリジーダ)は、ヴィンチェンゾを誘惑し始める。マウロ・ボロニーニ、ルイジ・コメンチーニほかイタリアの名監督たちが手掛け、セクシーな美人女優たちがそれぞれヒロインを演じた、皮肉に満ちた男と女の関係を描くオムニバス映画。「バンボーレ」とはイタリア語で《人形》の意。

作品情報

この情報は[バンボーレ! ]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

バンボーレ!

ネット通販

バンボーレ! DVD
ネット通販で買う

店舗在庫情報

SHIBUYA TSUTAYA ログインすると登録店舗の在庫を簡単に切替えて表示できます
販売 [ ] 更新日時 5月12日 13時30分
バンボーレ!
この店舗では取り扱いがありません。

※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。 もっと在庫情報を見る
在庫ページではログインせずに他の店舗在庫を確認できます レンタル販売

注目!新作リリース

POWER PUSH

おすすめ映画ガイド