1. TSUTAYAトップ
  2. MOVIE(映画)
  3. 洋画ドラマ
  4. ヒューマン
  5. 陽動作戦
先着で2万名様限定!TSUTAYA×BEAMS JAPAN 選べる47都道府県ロゴ!ここでしか手に入らない完全オリジナル!お申込みはこちら

陽動作戦

陽動作戦
  1. 洋画ドラマ
  2. ヒューマン

お気に入りに追加

アーティストメール登録
登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

リリース日

  • 販売販売中陽動作戦

関連動画(YouTube)

※ 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

この作品のあらすじ・みどころ

世界の激戦史に残る壮烈悲壮ビルマ撤退作戦!1941年1月、米軍はビルマから撤退した。その後、フランク・メリル准将(ジェフ・チャンドラー)指揮の下、3,000名の志願兵からなる第5307部隊がビルマ奪回に向けて編成される。1944年1月、3ヶ月の行軍を続け、敵陣深く入り込んだ第5307編成部隊。小隊を指揮するスコット中尉(タイ・ハーディン)は、メリルが少佐の頃からの部下で、お互いは深い信頼で結ばれていた。スコットの部下、ブルズアイ(ピーター・ブラウン)たちが日本軍の弾薬庫を急襲、基地を制圧する。将軍からメリルに800キロ先にあるミッチナーを奪回せよ、との命令が下される。任務を終え、帰還できると考えていた兵たちにスコットは任務を告げる。一方軍医のコロドニー(アンドリュー・ダガン)は、メリルが冠動脈血栓を患っていることを彼に伝えるが、メリルは行軍の先頭に立ち、兵たちの奮起を促しながら日本軍の鉄道を奪うことに成功する。しかし、日本がインド侵攻を開始したことでミッチナーの重要性が増してくるが、将軍はミッチナー奪回の判断をメリルに委ねてしまう。既に兵は戦闘できる状態でない、と主張するスコットの反対を押し切り、メリルは行軍を決意する。ビルマ奪回作戦に従事、“襲撃隊”と呼ばれた第5307部隊。彼らの苛烈な戦闘と行軍をサミュエル・フラーが鋭く描き出す。

作品情報

この情報は[陽動作戦]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

陽動作戦

ネット通販

陽動作戦 DVD
ネット通販で買う

店舗在庫情報

※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。 もっと在庫情報を見る
レンタル販売

注目!新作リリース

POWER PUSH

おすすめ映画ガイド