ラスト・ライブ・イン・ジャパン

ラスト・ライブ・イン・ジャパン

ダニエル・コラン

  1. ワールド
  2. フランス

枚方 蔦屋書店

他の店舗で探す

レンタル ラスト・ライブ・イン・ジャパン CD

在庫状況:[ ] 更新日時 1月28日 23時59分

この店舗では取り扱いがありません。

セル ラスト・ライブ・イン・ジャパン CD

在庫状況:[ ] 更新日時 1月28日 23時59分

この店舗では取り扱いがありません。

※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、通販…ネット通販
  • 【BD付】【DVD付】表記がある商品の付属ディスクは、貸出対象外となる場合がございます。詳しくは店舗スタッフにお尋ねください。
曲名 アーティスト名 再生時間
1.タティアーナ (チャールダーシュ) ダニエル・コラン 4:57
2.ラ・ジーニュ・悪運 ダニエル・コラン 2:27
3.パリ野郎 ダニエル・コラン 2:03
4.パリの屋根の下~パリの橋の下 ダニエル・コラン 4:55
5.詩人の魂 ダニエル・コラン 2:34
6.ラ・ブール・タンゴ ダニエル・コラン 5:18
7.チャイニーズ・ワルツ ダニエル・コラン 3:47
8.ナポリのそよ風 ダニエル・コラン 3:41
9.アンディフェランス~パッション ダニエル・コラン 6:14
10.黒い瞳 ダニエル・コラン 4:00
11.青い瞳のジャヴァ ダニエル・コラン 2:56
12.オートバイの男 ダニエル・コラン 1:59
13.何でもない歌 ダニエル・コラン 2:26
14.サン・ジャンの私の恋人 ダニエル・コラン 3:41
15.ラ・ジャヴァネーズ ダニエル・コラン 4:44
16.聞かせてよ 愛の言葉を ダニエル・コラン 3:34
17.群衆 ダニエル・コラン 2:49
18.古きパリの岸辺で ダニエル・コラン 3:29
19.プティ・パパ・ノエル ダニエル・コラン 3:39
20.パリの空の下 ダニエル・コラン 3:49

全曲表示する

作品詳細

フランスを代表するアコーディオン奏者、ダニエル・コラン
感動の“日本さよなら公演”を収録したライブアルバム!
ダニエル・コラン「ラスト・ライブ・イン・ジャパン」
(アルバムジャケットにはフランス語の同義語“Le Dernier Live au Japon”と表記されています)

ミュゼットとシャンソンのベストナンバーを、ライブならではの生き生きとした演奏でお届けします。

■アルバム内容
フランスを代表するアコーディオン奏者であり、日本でも高い人気を誇るダニエル・コラン。2011年11月14日に70歳の誕生日を迎えたことを機に、2006年以来連続6回続けて来た来日公演に終止符を打つことになりました。
本作は2011年12月10日に東京のHAKUJU HALLで行われた、日本さよなら公演を収録したものです。ライブならではの情感あふれる演奏と、流麗な鍵盤さばきは聞き応え十分!まさにマエストロの呼び名に相応しい素晴らしいものです。
また選曲も大変親しみやすいものとなっており、「ベスト・オブ・ミュゼット&シャンソン」と形容出来る内容です。
1994年の雪村いずみとの共演から始まり、日本で多くのステージを重ねて来たダニエル・コラン。そのフィナーレを飾る感動のライブを是非お楽しみ下さい。

1.Tatiana (czardas)(タティアーナ/チャールダーシュ)
ダニエル・コランのオリジナル曲であり、アコーディオン・ソロによる演奏です。
2.La guigne(ラ・ジーニュ・悪運)
ここからはギターのドミニック・クラヴィクが演奏に加わります。マイナー調ワルツの名曲です。
3.Paris Canaille(パリ・カナイユ・パリ野郎)
ピアノのグレゴリー・ヴーが加わり、トリオでの演奏となります。歌手のレオ・フェレ作の名曲です。
4.Sous les toits de Paris(パリの屋根の下)?Sous les ponts de Paris(パリの橋の下)
パリに因んだシャンソンの名曲のメドレーです。情感豊かに奏でられるアコーディオンが、パリに心を運びます。
5.L me des potes(詩人の魂)
シャルル・トレネ作のワルツの名曲です。
6.La boule tango(ラ・ブール・タンゴ)
ギターのドミニック・クラヴィクのオリジナル・タンゴです。ダニエル・コランはバンドネオンを演奏しています。
7.Valse Chinoise(チャイニーズ・ワルツ)
ミュゼットナンバーとして有名な、エキゾチックな中国風ワルツです。ラストのギターとピアノのフレーズがおもしろい。
8.Brise Napolitaine(ナポリのそよ風)
この曲もミュゼットナンバーとして有名です。そよ風を表すかの様な、アコーディオンのパッセージが聞き所です。
9.Indifference(アンディフェランス)?Passion(パッション)
ジョセフ・コロンボとトニー・ミュレナという名のアコーディオン・プレイヤーのコンビが作曲したミュゼットワルツの名曲。「パッション」はダニエル・コランの十八番の曲です。
10.Les yeux noirs(黒い瞳)
ロマ(ジプシー)の国歌とも言える位に、多くのロマに愛され、演奏されて来ました。
11.La java bleue(青色のジャヴァ)
ここからはクレール・エルジエールがボーカルで入ります。浮き浮きとしたミュゼット・ワルツによるアレンジと演奏が聞き所です。
12.L’homme a la moto(オートバイの男)
エディット・ピアフの大ヒット曲として知られる、とてもダイナミックな曲です。ダニエル・コランのアグレッシブなアコーディオンが聞き所です。
13.Un petit air de rien du tout(何でもない歌)
甘く、ノスタルジックなシャンソンです。モンマルトルの丘の上にあったパタシュウの経営するキャバレーで、彼女自身が歌った曲です。
14.Mon amant de Saint-Jean(サン・ジャンの私の恋人)
クレール・エルジエールのフェイバリット・ソングです。アコーディオン奏者のエミール・カララ作の歌です。
15.La javanaise(ラ・ジャヴァネーズ)
ギターのドミニック・クラヴィクがボーカルを取ります。セルジュ・ゲンズブール作の歌です。
16.Parlez-moi d’amour(聞かせてよ愛の言葉を)
シャンソンの名曲&スタンダード曲として愛されています。グレゴリー・ヴーのピアノがリードします。
17.La foule(群衆)
エディット・ピアフの大ヒット曲です。アルゼンチンの作曲家アンヘル・カブラルの作です。
18.Sur les quais du vieux Paris(古きパリの岸辺で)
甘く、ノスタルジックなシャンソンの名曲です。クレール・エルジエールが好んで歌う1曲です。
19.Petit Papa Noёl(プティ・パパ・ノエル)
フランスで愛されているクリスマスソングです。ピアノのグレゴリー・ヴーがリード・ボーカルを取ります。
20.Sous le ciel de Paris(パリの空の下)
シャンソンの大スタンダード曲です。アンコールに相応しいナンバーです。

種別: アルバム
メーカー名: エイベックス・エンタテインメント
演奏者 ダニエル・コラン

この情報は[ラスト・ライブ・イン・ジャパン CD]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

関連アーティスト

  • 発売日、レンタル開始日、価格、タイトル名、ジャケット写真は予告なく変更になる場合もございます
  • 本誌で紹介されている商品、キャンペーン企画、その他は一部取り扱いをしていない店舗もございます

ラスト・ライブ・イン・ジャパン

POWER PUSH

to TOP