マイ・フレンド・フォーエバーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

4.1

観た人
29802

観たい人
36712

投稿者:まりぺし 2022年05月24日

デクスターがかわいい。。
デクスターのママも寛大で愛情深くてすき

泣いたけど
あのごっこ遊びはやめたげて

投稿者:MYKKN 2022年05月23日

うわー!なんで今まで観なかったんだろうかー!!!

コンバースー!!!!!

デカいモンスターサンデーをみんなで食べようー!!!!!

投稿者:Ray 2022年05月22日

Here, hold onto this when you sleep. And if you wake up and you're scared, you'll say, "Wait a minute. I'm holding Eric's shoe. Why the hell would I be holding some smelly basketball shoe a trillion light years from the universe? I must be here on earth, safe in my sleeping bag, and Eric must be close by."

25 cents.

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

無知からくる感染者への偏見を乗り越えて芽生える友情に涙

投稿者:飛べない魔女 2020年05月05日

再鑑賞です。
随分前に見たので、泣けた、という記憶がうっすらとあった程度だったので
新鮮な気持ちで見れました。
そしてまた涙腺崩壊、泣けてしまった。。。

今、新型コロナウィルスという脅威と戦っている私たち。
感染者のみならず、医療従事者への差別も問題になっています。
それは私たちがこのウィルスの素顔をまだ良く知らないからなのです。
素顔が判ってくれば、戦闘態勢が万全に整えられば
そういう偏見は無くなるのでしょう。
この物語の少年デクスターはHIV感染者、所謂エイズです。
輸血により感染してしまったのです。
90年代はエイズに対する無知から、空気感染するとか
触っただけでもうつるとか、さまざまな噂が飛び交い
エイズ患者に対する差別が凄かったわけです。
だからデクスターは学校にも行けず、家に閉じこもって生活していました。
母には愛されてはいるが、病気で孤独な少年です。
一方隣に住むエリックは、母には愛されず、父親は若い女と遠くニュージャージーに住み、
学校では悪ガキにイジメられています。
彼もまた孤独な少年です。
そんな二人は、デクスターの『空気感染なんてしないよ』の一言で友達になります。
そこは大人よりある意味純粋なのですぐに仲良しになる二人。
二人の無謀で楽しい冒険の日々の始まりです。

小さな体で自分の病気を受け入れ悟りを開いているような落ち着いた様子のデクスター。
体は大きいけど、愛に飢えていて心は幼いエリック。
二人は親友になります。
エリックはデクスターを救いたいと心から思っていました。
そして、息子の病気と向き合うデクスターのママさんも、素晴らしい人でしした。

こんな時代だからこそ、子供たちに見せてあげたい良作です。

90年代オーソドックス

投稿者:オッドジョブ 2020年03月02日

この映画についてわざわざ悪くいう野暮な人もいないだろうし、気にいる人は高評価しかしないだろうし、ということでここの平均点は高いですね。

少年友情モノと難病モノの掛け算に偏見批判を追加した映画。もうそのまんまオーソドックスに作られているので、この系統好きな人にはどストライク、あまり好まない人(最初から観ようと思わないだろうけど)にはまあ普通の映画。ただ全体のクオリティは確かに高めだと思います。

人種的なポリコレはない映画だけれど、いわゆる白人救世主的展開はちょっと含まれている気がします。

原題通りの内容

投稿者:兼人 2019年04月28日

全体的に単調だが、「治療法を探す」というテーマは新鮮だった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

一番好きな映画です\(^o^)/

投稿者:さくら 2014年04月20日

初めて見たのは小学生の時でした。
幼いながらも、いろんな事を感じ声を上げ泣いた記憶があります。そのあとも30回ほど見てますが、何度見ても本当にいい映画です。
学生の時に担任の先生に良い映画があるとおススメしたら「これはクラスみんなで見る価値があります」と言ってくれて授業を変更して映画鑑賞しました。もちろんみんな号泣でした。。。
ぜひ一度は見てほしい名作です!!!

昔凄くはまりました

投稿者:ノン 2013年12月03日

泣きたい時に観る映画といえば……
これと言う位大好きな作品です。

幼いながらも友達を助けたいと奮闘する少年。
美しくも悲しい友情物語です。

VHSを持っていたのですが、友人が紛失してしまいDVD化を15年以上待ってました。
たまたまTSUTAYAに行った日に発売日で当然即購入です。
レンタルでも良いので是非観て下さい。

ナケル

投稿者:Peace-Lights 2012年04月05日

何度も何度も観ました。
良い作品は何度観てもいいもんですね。

泣きたい方、やさぐれて自暴自棄になるくらいなら一度は観て泣いてください。
多分、やさしい気持ちになれるはず。

レビューをもっと見る・投稿する