ショーン・コネリーの盗聴作戦のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
105

観たい人
76

投稿者:名店部門 2021年12月05日

ウォーケン目当てにDVD貸りて観ました。
若き日のウォーケン様がきらきら輝いてた
なんか変な効果音みたいなのに時代を感じた。

投稿者:うさどん 2021年09月28日

FBIに盗聴されているにもかかわらず、強盗に挑む男たち。
ただ、ショーン・コネリーを据えていても、作品としては今ひとつ。
盗聴されているのだから、二重三重ではなく、三重四重、更に五重くらいの深みがストーリーにあってもよかったのでは?

投稿者:ぬう 2021年07月20日

シドニールメット×ショーンコネリーという豪華な組み合わせにもかかわらず、なんだかパッとしないお話。
それよりもクインシージョーンズが担当した妙なBGMや効果音の方がやたらと耳に残っているという…。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

欲求不満

投稿者:kimgood 2011年05月12日

ルメットの作品は、最初快調、あとどうも、という作品が多い。職人に徹しきれないのである。変な正義感が邪魔しているのだろうと思う。この映画も設定がいいのに残念である。ただかなり早い時期に監視社会を予見していたのはさすが。


ルメット低迷期最後の作品

投稿者:CCR 2011年03月14日

「質屋」は良かったが「十二人の怒れる男」の栄光から遠ざかっていたルメットはこの次に「セルピコ」を放って
以後快進撃を続けるのでこの作品後に彼に何があったのかと思わせてしまうある意味気になる作品。

ション・コネリーにだって

投稿者:レビュアー名未入力 2010年02月25日

駄作はあるよ。
でも、彼の責任じゃなさそう。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する