男たちのバッカ野郎のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
53

観たい人
45

投稿者:XXXXX 2022年03月24日

『男たちの挽歌』のもう一つの物語があった...。『男たちの挽歌』を徹底的にパロディした爆笑コメディ。

ユンファとエリック・ツァンとナット・チャンは、おバカな自動車修理工3人組。
タイに貧乏旅行に行くが、そこでユンファとマギー・チャンが恋に落ちる...。

あのメロディーに乗せて、料理屋での銃撃戦をパロディにしていて、植木鉢に銃を隠すマークが、どの鉢に銃をしまったかわからなくなるギャグや、ティ・ロンの偽物が、自動車工場にやってきて、すごい長い手紙を渡すところとか、『男たちの挽歌』を徹底的にパロディにしてます。強いていうなら、『裸の銃を持つ男』に近いと思う。

すごいのが、本家の主役ユンファが、自らこのバカ映画に主演してるってこと。
この頃、ユンファ1年間に13本も映画に出ていた頃なんです!本人的には、こんな映画に出てOKなの??笑 

監督は『シティーハンター』のバリー・ウォンで、彼が監督してるってことは、超級バカ映画ですって事です。笑

当時の香港のテレビCMとかのパロディが多いみたいで、さすがの自分でもよく分からなかった。
『五福星』のマジメさんこと、フォン・ツイフェンが、『ポリスアカデミー』でお馴染みの接着剤ギャグに挑戦していて、このシーン酷すぎて、今じゃソフト化不可能だと思う。爆笑

「俺に南野陽子だ?(なんのヨーコ)」とか、「小森のおばちゃま」「プッツン、ハイホー!」など、ご丁寧にも、80年代当時流行ったんだろうなって死語が、そのまま日本語字幕になってます。笑
『大福星』のエリック・ツァンも、相変わらず超バカで、安宿でインド人にレイプされたり、あのマギー・チャンが屁をこいたりと、かなりキワキワな作品でした。
屁をこくけど、マギー・チャン可愛くて好き❤️
子供の頃リアルタイムで鑑賞しましたが、鬼の様に笑ったのを覚えてます。
トンデモ映画ですが、こんな映画のDVDを持ってる僕を誰か褒めて!←

今作、くだらないコメディ大好きな香港人にバカ受けして、大ヒットしてその後シリーズ化!2004年には『インファナルアフェア』をパロディにした続編も製作されました。香港素敵過ぎる...。

まあ、映画というかひょうきん族みたいな作品でした。どうせなら、ユンファは、元々出演予定だった『プロジェクトA2』に出て欲しかったな。笑

投稿者:ヴレア 2021年09月10日

まさにタイトル通りバッカ野郎な男たち4人組が巻き起こすドタバタ劇。自動車整備工の4人がボスにイタズラを仕掛けたり、気になる女性にアタックしたりというのがメイン。とにかく終始大声で騒ぎまくっているので騒がしい事この上ない。なんとかチョウ・ユンファの魅力だけで見れた感じだが、正直コメディとしては全然面白くない。
“挽歌“を文字っている事からも分かるようにあの作品のパロディがあるにはあるんだけど、無理矢理ぶっ込みました感が強く、ストーリー上全く必要無いシーンなので違和感が凄い。
とは言え、本筋のストーリー自体も有って無いようなものなので、どうせなら全編パロディにした方が面白いのではないかと思えた。

投稿者:犬 2021年04月07日

オレンジ

ガレージに勤める4人が、旅行先で一目惚れした女の子にアタックする姿を描いたロマンスコメディ



ドタバタすぎ
アホでニヤニヤしてました

それぞれのキャラ

ロマンスも良かった

エンドロールまで笑えます

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

これ面白いです。

投稿者:パワリット 2009年09月16日

やはり、香港映画はこうでなくちゃ!(^O^)♪

と笑える映画でした。

チョウ・ユンファの流れるようなジェスチャー?!には

すごい演出力と演技力を感じました。

エリック・ツァンも最近はシリアス(分ったような?!)な役柄が多いですがとことん3枚目で若い彼も魅力的です。

ちょっと下ネタが行き過ぎるシーンもありますが

80年代の良き時代の香港映画でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する