ファイト・クラブのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

4.0

観た人
114992

観たい人
50179

投稿者:モネ 2022年01月29日

オチは読めちゃうんだけどおもろい
というか、オチが読めてもおもろい

エドワードノートン、結構仕事を選んでる人だからこそこの人の出る映画にハズレはないよね

投稿者:たらのめ 2022年01月29日

なんとあんなに「カッコいい映画!」と記憶していたのに、地下のクラブしか記憶してなかった…。99年か。

カッコいい映画なのは20年超えてもだった。エドワード・ノートンもブラピも若くてかっこよ。歳とってのカッコ良さも知ってるけど、若さだけにあるものがあるのである。二十歳のキムタク見てクラクラするのと同じ。

こんなにいいストーリーテリングだったのだ。世界中がブラピに痺れてその他ぜんぶ吹っ飛んだんだな(私だけか)。

投稿者:kaito 2022年01月29日

衝撃的、やばかった、鳥肌。

ブラピの坊主よかった

あまり説明がなく、観てる側に考えさせてくれるからか、途中混乱して変な感覚になった、笑

サブリミナル効果って面白いし怖い

2回目も観たくなる

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

こんな破壊があれば救われる

投稿者:icy 2021年10月24日

見ていなかったシリーズ。やはりエドワード・ノートンの演技力は怪物級だ。フィンチャーにしては前半のスピード感に物足りなさを感じるものの、物語の核心に入っていく辺りからはらしさを取り戻したかのようにスリリングに突っ走る。村上龍の「愛と幻想のファシズム」を思い出した。
もう20年以上も前の映画なので、今では社会もだいぶ変化した。ブラッド・ピット演じるタイラーが嫌悪し、敵視するものが肥大化し、それはもはや肉体という根源的なものを通じて共感する男達が立ち向かうのは不可能な状態だ。彼ら自身が肉体ではなく欺瞞製造装置であるネットとSNSに溺れてしまうことを選んでしまい、その結果として不能化したのが決定的だろう。近い将来システムが壊れるのは間違いないが、それは外部から破壊されるのではなくて勝手に自己崩壊する形をとるだろうと思う。その意味では、純粋な革命のような古き良き破壊を懐かしむファンタジーのようにも見える作品だ。

ブラピになれたら・・・

投稿者:カマンベール 2019年09月16日

難しい映画だった。
ラストになるに従い、タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)は、
主人公ジャック(エドワード・ノートン)の別人格で同一人間だと分かってくる。
男(ジャック)の憧れを全て持つ男・タイラー(ブラピの実像そのものと言える)
腕っ節が強く、
カリスマ性があり、
完璧は肉体と美しい顔、
女にモテて、
物質文明に侵されない・・・

一流企業に勤め、高価なマンションと高級家具にブランド衣服・・セレブな生活でも満たされず不眠症の男ジャック。

一対一で殴り合うことの快感。
痛みがもたらす解放と覚醒。
ジャックは次第に二重人格の分身タイラー・ダーデンと、狂気のテロリストと化して行く。

全てが精神的遊び=幻覚だとも言える。
ビルが10頭も崩落する爆破をジャックが果たせる訳がない。
全ては夢想なのだ。

しかしこの映画は美しい。
男と男が命を賭して殴り合う意味は、原始的本能。
創ったものを全て壊したいのも本能。

キリキリと本能と感覚に訴えかけて来る映画。
幻想の中の男・ブラッド・ピットは微笑んでいる。

僕はジャックの…

投稿者:ダイアー教授 2017年05月12日

学生自分の10数年前…

映画館を出て、
最初にあった奴にケンカを売ろうと心に決めた!
あの興奮を今も忘れていません!
※映画を女と一緒に観に行くようなヘタレだったので、出来なかった…

結局、私はサラリーマンになり、結婚して妻に給料を上納し、
エドワード・ノートンの祖父が発明したというショッピングモールの近所に暮らし「消費への脅迫」に晒されていますが、
たまに『ファイトクラブ』を観て、
ささやかなメイヘムを会社に家庭に、社会に実行してますよ!
※仕事は飲食ではありませんのでご安心下さい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

今まで見た中で一番の映画

投稿者:ロバート・ポールセン 2012年09月23日

女性ファンから熱烈な支持を得たブラッドピットが出ている映画ですが、女性にはお勧めできないかもしれません。。。。暴力的な表現が結構出てくるので

逆に、男性には「絶対一度は見ろ!!」とお勧めしたいです。特に、最近言われている草食系男子に。理性的で女性的になってしまった現代社会で、男の根底にある願望、本能を奮い立たせてくれる映画です。いい毒になるでしょう

暴力的な面ばかりが取り沙汰された映画ですが、作者、監督が伝えたいのはそんなことではありません。「会社でどんなに使えない奴でも、金が無い奴でも、本気出せばなんでもできるんだ!」という、激励にも似たメッセージが伝わってくる映画です。必要なものは、既に我々の中に全てあるのかもしれません

数回レンタルした後、購入してしまいました。。。。買うほど観たいと思った映画は初めてです

ブラピが神的カッコよさ。

投稿者:りんじゃぶ 2012年04月06日

展開の面白さと、ブラピのかっこよさで2回続けて見てしまいました。

文句なしにおもしろいです。
これ10年以上前の作品ですか?すっごくいいですね。

ブラピ作品は私が見た中で「ジョー・ブラックをよろしく」がトップなんですが
これ首位に並びましたね。

タイラー・ダーデン。
自由で何者にもとらわれない、そして強い、かっこよすぎです。

殴り合うだけじゃない!

投稿者:レントン 2012年03月07日

疾走感あふれるオープニングと爽快なエンディングがよい。さすが
フィンチャー監督!一部では野蛮な映画だと思われているが
そんなことないです。
Pixiesの主題歌もいい曲ですね!
語ってもきりがない。
とにかく見てください。
元気になります。
Let's fight!

レビューをもっと見る・投稿する