ゴーストワールドのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.9

観た人
15412

観たい人
27825

投稿者:moto 2022年06月21日

とくに超好き!って映画ではないけど、最後の故郷を経つバスに乗り込み信仰方向に逆らうように、奥の座席に向かうエニッドが良かった。なんか少しだけ名残惜しいような。気のせいかな。

投稿者:ちちうえ 2022年06月18日

◉ 個性的なセンスを持ったイーニッドが魅力的

高校を卒業したイーニッド(ソーラ・バーチ)とレベッカ(スカーレット・ヨハンソン)は何をするでもなく、毎日、街でブラブラしながら道行く人をネタにおしゃべりしている。普通に生活している人を見下して自尊心が高い彼女たちは、周囲の人間とは折り合いがつかない。
ある日、出会い系に応募してきた中年男(スティーブ・ブシュミ)を待呼び出してからかうが、彼がレコードオタクだとわかってイーニッドは彼と意気投合するが・・・。


超個性派センスで周囲とうまくいかないイーニッドと美人で仕事を探して社会に適合しつつあるレベッカ。普通なら美人のレベッカをメインにするところだが、この映画の主人公はイーニッド。

このイーニッドのビジュアルとキャラクターが素晴らしい。だらしないぽっちゃり体型でメガネ(いくつも持っていてTPOでかけ変える)、独特のファッションや部屋のインテリアや小物の普通じゃない感が凄い。テレビでインド映画を見ながら踊ったり、真面目に働いている同級生の男子を困らせたり、気になる人を見つけるとすぐに尾行したり、アダルトショップに入ってみたり、他人のお祝い用のシャンパンを勝手に開けてしまうし、当然のことながら仕事も長く続かない。

レコードオタクで彼女が出来ない中年男のティーブ・ブシュミが、あいかわらずいい味を出している。「僕に電話してくるような奴と話したくない」という理由で留守番電話にしているのが、「アニー・ホール」でのウディ・アレンの「僕を会員にするようなクラブには入りたくない」というセリフを連想させ傑作。
イーニッドのアドバイスで彼女が出来たが、イーニッドとセックスした瞬間から、どちらともうまくいかなくなるのは定番の展開。

イーニッドの父親は最近はウェス・アンダーソン映画の常連の実力派、ボブ・バラバン。父親の恋人役はテリ―・ガー(「未知との遭遇」「アフター・アワーズ」「トッツィー」)。レベッカの家庭は一切描かれない。
そしてガラクタに無理やり高尚な意味づけをしたがる美術の先生を演じているのは「ケープ・フィアー」でロバート・デ・ニーロにボコボコにされるニック・ノルティの愛人役だったイリーナ・ダグラス。相変らず顔のパーツの一つ一つが派手。

その他の街の人たちがやたらと個性的。上半身裸でヌンチャクを振り回す男。やたらとなれなれしく陽気な嫌われ者の高校の同級生。“変わり者”とあだ名を付けられるモジャモジャ髪のウエイター。廃線になったバス停でひたすらバスを待ち続ける初老の紳士。歩くのが面倒で車椅子にのってクイズに正解して無料のコーヒーを手に入れるホームレス風の容姿の中年男など。
こっちが“Ghost World”か!


最後にバスに乗ったイーニッドはどこへむかうのだろうか?



TUTAYA DISCASのレンタルで鑑賞(吹替え)。
テリー・ツワイゴフが監督した「クラム」が2022年9月にブルーレイ化されるのでこの作品もブルーレイ化希望。

特典映像はメイキングや未公開シーンだけではなく、やたらと頭を振って踊りまくるインド映画の“Jean Pehechaan Hoo”の陽気なPVが強烈。(ヒンズー語で歌詞の内容は一切不明)

投稿者:natsumi 2022年06月13日

もっとコメディだと思っていたのでなんか思ってたのと違かった。痛い… 前半エマっぽくてほんと観てられなかったけど後半イニードに共感できて面白くなって終盤の二人の関係の展開に萎えた。ブシェミの挙動不審なおじさん役のタイプキャストが定着してるの可哀想だけど、実は良い人なのに哀愁漂う幸薄い感じ上手いんだよね… 美大卒としては美術の授業がやばい。ああいう子いたな… 作品は微妙でもでっち上げが上手な成績優秀な子もいたし、先生ウケは悪くてもほんとうに謎な面白いものを作ってる子もいた。口が悪いスカヨハが新鮮。最後イニードにいろいろタイミング悪く一気に降り掛かってきたのが可哀想だし、父親がもうちょい気にかけてくれる人だったらこんなに捻くれなかったんだろうと思うから幸せになってほしい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

イーニドの心の動き

投稿者:daichan 2017年01月22日

たしかに、女の子たちの会話(ていうか日本語字幕がうまいんですけど)が面白いです。
「これってダサいい」
「よすぎてゲロダサよ」

嫌っている同級生が「コングラチュレイショーン」って胸の前で両手をふるわせるのをふたりでまねて肩をすくめるとこなんかも。

つかみどころのないイーニドの心の動きを追いかけて、シーモアと同じように、それにホンローされるのが正しい映画の見方のようです。

いろいろ中途半端だけど、それでいいのかも

投稿者:トマト 2014年04月07日

主人公が結局好きだったものは、好きだった人は、いったいなんだったんだろーと。
でも、そんなあやふやな主人公だから、こういう人生になったんだろうし
それでいいんかもしれん・・・
最後に、ああ、だからそんなタイトルなの?って感じで
これもまたなんというか中途半端感。

若いからまだ許されて、見てられるけど、年取ったら見苦しい。

ブシェミにひたすら萌えるべし

投稿者:そうだ房総へ行こう 2013年07月28日

ザ・オッサンなのになんでこんなに惹かれるのか・・・
ソーラ・バーチ演じるイーニドはさ、中学高校のとき冴えない先生に惚れちゃうようなそんな感じなのよ。本気じゃないんだけど、半分遊びなんだけど、でもちょっと本気。だからたちが悪い。
ムッチムチの女学生に惚れられたらたまらんでしょ。どうですか?男性諸君。え?顔による?あそ。
ブシェミって本当、この手の役やらせたらピカイチ。不気味なんだけど癒される。憎めない。たまに、どうしてだか、カワイイとすら、思ってしまう!!!!冷静に写真みたら「・・・・うん」って感じなのに(笑)
ベッドシーンのあの生白い貧弱な身体、腕。いや~ん私のパンチで飛んでいきそう!!コトが終わって現実に冷めきったイーニドとますます燃えあがってるオッサンの図・・・。
はーブシェミ・・・ブシェミ最高。あんな若い女に本気になっちゃって。不憫やわ~。慰めてあげたいわ~。そして捨てたいわ~(おい)。

イーニドはイーニドで、わかるのよ。うん。大人になるってなんだろう?大人になんかなりたくない!!
うんうんわかるーわかるよ。バカなこと言い合ってた友達もいつの間にか大人みたいになっちゃってね。気づけば一人、さて、どうしよう。これからの人生。
あ、なんかおもろいオッサンがいる。からかってみよう。なんだこいつ変なの。でも悪くない。え?女できたの?面白くないなー。あたしのほう向いてよ。・・・・・・・・・・
あーあ、やっちゃった。あーあ、つまらない。
てな感じで。若さゆえのなんとやら。見てて痛かったわ。


ま、そんなことはいいのよ(いいの?)とにかく、私としてはひたすらブシェミに萌える映画なので。日本人で演じるなら温水さんかね~。・・・ち、ちょっとリアルになりすぎてキツいかな~。
冴えないオッサン萌え。そんなジャンルがあってもいいよね?


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ゴーストワールド

投稿者:かおり 2012年03月17日

とてもいい映画でした。切なくて、しくしくするけれど、また見たいです。 ゾーラバーチの変身ぶりに驚きます。女優はすごいです。

未だに共感しちゃう

投稿者:47 2011年11月24日

もう結構いい年なんだけど、私なんて未だにこんな感じだもんなぁ。
洋服のテイスト変えてみたりしてもそんなの全然意味ないし…
置いてけぼり感がたまらなく切ない。

この時のソーラ・バーチ、見た目も中身もお姉ちゃんにそっくりで妙に親近感が湧くんです。

ソーラ・バーチがかわいくてセクシー

投稿者:リラ 2005年05月10日

ソーラ・バーチのメイク、ヘアスタイル、ファッション全てがかわいい。ぽっちゃり体型+童顔なのに、黒く染めた髪に真っ赤な口紅。この絶妙なバランスがどこかセクシー。ファッションに興味がある方にもおすすめの一本。学生の頃学校では独りになるのが怖くて友達といつもつるんでいるけど「多分、私の好みは理解できないだろうな」という思いで本当に自分が夢中になっている事を打ち明けられないとかいう経験って誰でもあると思う。そんな人ならソーラ演じるイーニドに共感できるはず。スティーブ・ブシェミがハマリ役。悪役も多いブシェミですが愛すべきキャラでキュートです。

レビューをもっと見る・投稿する