運命の女のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
2554

観たい人
965

投稿者:ぴあのちゃん 2022年01月18日

旦那も子供もいる女の人が、不倫に走る瞬間が何とも言えなくリアルだった

隠しながらも恋愛感情を抑えきれなくどんどん深みにハマる姿が、人を好きになるっていいなー!と呑気にドキドキさせられたりする(不倫だけど)

突っ込みどころがある展開も、リチャードギアの繊細な感情表現が帳尻合わせてきて思わず見入ってしまう

とにかく主役の2人が良い
内容はともかく
最後まで見ていい映画だぁ〜ってなった

投稿者:hidesan 2022年01月16日

何故そうなるのか理解不能。女性の心理は分からない、と、言いたいところだが、逆の立場なら、そうなるのか。つまり、人間はそうなのね。と、言うくらいの作品。結末は、自業自得。

投稿者:ブーコ 2022年01月09日

ヨメの浮気
罪悪感と背徳感で胸が苦しくなる感じで
覆われる映画。
切ない恋愛を思い出す~
定期的に観たくなるお気に入りの映画☆

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

悶えの最高作

投稿者:エロス+ 2021年05月13日

ぼくらのダイアンレインが、列車の中、トイレの中に、ああぁ!

強風に運命を煽られて・・・

投稿者:カマンベール 2019年09月05日

2002年。エイドリアン・ライン監督作品。

貞淑な妻(ダイアン・レイン)が、ソーホーの路地で強風に煽られて、出会ったフランス男に、つい魔が差して浮気してしまうお話しです。

現代はun faithful=不貞な、不実なの意味で、フランス映画「不貞の女」のリメイクだとのことです。

監督のエイドリアン・ラインさんは、
『フラッシュダンス』1988年。
『ナインハーフ』1986年。
『危険な情事』1987年。
などの監督作品があります。
どの映画も一世を風靡する傑作。記憶にも記録にも残る作品です。
上の3作品に比べれば、よくある人妻の不倫ストーリー。

けれどもダイアン・レインの存在が有り触れた情事を、一つの事件に
高めているのです。
ダイアンの美しさ。やつれたような面差し、しかし捲れたスカートから露わになる脚線の美しさ。
情事の後に乗る電車のシートで官能が迸る表情の艶やかさ。
《この恋は溺れますね》
そして夫(リチャード・ギア)の演じる夫。
徹底して好人物に描かれます。
(若い頃からセックスシンボルだったギアが、妻に不貞される夫です。
時の流れを感じますね)

そして夫のとった行動!!
現実に戻ると、ひとときの情事のツケは一生の禍根となるのでしょうね。
旬の美女・ダイアン・レインの美しさとともに、吹っ切れた演技が見ものです。

色男にしてやられる色男

投稿者:Yohey 2015年06月26日

奥さんが不倫に走ってしまう若い男の女を落とすテクニックがすばらしい。やっぱり色男っていうのはやってくれるねぇ、と感心してしまいました。

話は陳腐。なんか、こんな展開あるかなっていう感じの物語。昼ドラみたいね。

軽薄な色男役の多いリチャード・ギアが、若い頃の自分にしてやられてしまうみたいな話でした。リチャード・ギアがあまりにも誠実すぎる男っていうのもどうなのかと思うけど・・・そんな感じに見えないのよね。これが誠実だけがとりえのマジメなブ男だったら、この物語も分からんでもないんだけどなぁ。

まぁ、男目線だからそう思うのでしょうかね。女性からみたらいい映画なのかも知れません。結末後のことを考えると女側としてもどうかと思うけど・・・

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

うーん

投稿者:ヒロ 2011年11月27日

リチャードギアは渋くてよかったですがストーリーはいまいちです

ご存知でしたか?

投稿者:みんみん 2006年11月16日

フランス人の主人がクロード・シャブロル監督のとっても古い映画のDVDをフランスで買ってきました。そうしたら内容が全く同じ。なんと「運命の女」フランス映画のリメークだったんですね。だから愛人がフランス人だったのかなぁ。

ポール!

投稿者:YK 2006年07月19日

ポール役のオリヴィエ・マルティネス最高!あんな男に出会って誘惑されたら理性も吹っ飛んで溺れる気持ちも分かるよ。平凡な暮らしって退屈で飽きるものだしね。結婚しても刺激のある生活は大事だな、と思った。

レビューをもっと見る・投稿する