エージェント・スティールのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
440

観たい人
248

投稿者:まめだいふく 2021年03月25日

 ひねりのきいたクライム・アクション。なんとなく展開は読めてしまうが、個性派俳優たちが演じる個性的な面々の腹の探り合いが面白い。

 ところで、邦題のエージェントって……誰のこと?

投稿者:Mountain 2021年03月18日

華麗な?強盗集団現る!!

元泥棒でバイクスタントマンのクランチは、弟ニッキーと強盗集団を結成。目的は世界で最も貴重な価値の本を盗み出すこと。しかし次第に、彼らの作戦に狂いが生じ始め、事態は思わぬ方向へ…


コンパクトにまとまった、小気味良いクライムサスペンスといった感じの本作。

まず…、邦題がテキトー過ぎる気がします。
エージェントって何だよ。
どこかに所属するスパイとかの話では無いんだけどなww

カート・ラッセルさんがスタントマン設定なので、「デス・プルーフ」を思い出しちゃいました。

時々挿入される画面いっぱいのサブタイトルなど、スタイリッシュに見せようと頑張ってる感じがひしひしと伝わってきますw

インターポール役の人が、いかにもジョックス顔の無能キャラなのは笑っちゃった。

騙し騙され…なストーリーはなかなか面白かったんですが、オチのインパクトが弱かったかなぁ…。
もうちょいヒネリが欲しかったかも。
これ、途中で展開読めちゃうのよね…。


でもまぁ、そこそこ楽しめました。
そこそこ。



エンドロールにNG集がついてるんですが…
ホントいらないw
面白いでしょ?的な感じに付け足されてるけど、クソつまらない内輪ネタ。


投稿者:叡福寺清子 2021年01月04日

スカッと創価・・・じゃない,スカッと総会・・・でもない,スカッと爽快,プロのお仕事物語であります.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
この手の作品は,「スマートなプロのお仕事」と「そう来たかっ!」が評価ポイントであります.本作はいずれも及第点を叩き出し,優等生的作品として評価できると存じます.一見場当たり的な犯罪計画に見えましたが実は・・・という両評価ポイントを横断して,視聴者を納得させる妙技は素晴らしく本来ならもうちょっとスコアが高くても良かったのですが,峰不二子的キャラの存在感が希薄なのとジジィの癖におセッセお盛ん羨まケシカランただの嫉妬だよで,ちょっとだけ低くしてしまいました.

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

K・ラッセルらしい軽快(軽い)B級クライムどんでん返し!?

投稿者:Bikke兄 2017年04月18日

カート・ラッセル然り、マット・ディロン然り、テレンス・スタンプ然り、登場キャラが見た目通りの分かりやすい設定。
野暮ったい、人の良い、悪人に成りきれなさそうなマッチョキャラにカート・ラッセル様はオジサンになってもハマり役ですね!!
っていうか、それしか出来ない!?

テーマは“信頼”。
「人は裏切りの末、真の通貨は金ではないと知る。信頼だ」と冒頭の主人公クランチのセリフ。
これが最後に効いてくるのですね。

美術品のすり替え詐欺グループの運び屋だったクランチ。
仲間の裏切りでムショ暮らしを経てスタント稼業で生計を立てるクランチ。
一度は足を洗った主人公クランチですが、グループ再結成話が沸いて…

間抜けなインターポールを巻き込んで、一度は裏切られた仲間(義兄弟)との関係やら、新たに加わった仲間やら、緻密に計画された美術品すり替え作業やら、軽妙な笑いを交えながらテンポ良く話が展開します。

何より、最後のどんでん返しがね!?騙されたのは!?ん!?オイラか!?
「おお!!そうきたか~!!」と一応唸らせてもらいました。

原題『THE ART OF THE STEAL』の方がしっくりくるかな?
エージェントじゃないよなぁ…まあいいけど。

何もすることの無い夜長に、軽く楽しむには持って来いの映画でした♪B級ね(^^;

久しぶりに「面白くない映画」を観ました。

投稿者:趣味は洋画 2017年04月02日

久しぶりに「面白くない映画」を観ました。
それも、「まった~~~く、面白くない映画」を。

予備知識も入れず、DISCASさん掲載の、作品スチール写真からくるイメージだけを頼りに。
現代的なサスペンスの作りに、アクションを適度にちりばめ...かと思いきや、この映画はドタバタ・コメディでした。
しかも、コメディに洒落っ気が感じられないので、妙に野暮ったいのです。

主演のカート・ラッセルは本作出演時62歳ですが、往年の野性味や逞しさはすっかり影をひそめ、中年太りの兆し大大です(笑)。
マット・ディロンも相変わらずの眉の濃さを強調してますが、49歳になっているのですね。
まあ強いて言えば、テレンス・スタンプの渋さが好感をもてました。(彼は出演時75歳)

最後にもう一言。
「面白くない」のは、脚本の中身が伝わってこないから...(単に私目のアタマが弱いだけなのかも)...
ラストも弱い印象で、もう一息です。

エージェント・スティール

投稿者:片山刑事 2014年10月11日

 窃盗団の主人公が腹違いの弟に売られて刑務所に入ってしまって、窃盗稼業は引退してスタントマンとして働いてるけど。再びいつものチームを集めて福音書を盗もうとする話。

 冒頭から主人公とそのチームの紹介の盗みのシーンからテンポよく場面展開や小気味いい台詞のやりとりで一気に世界に引き込んでくれる面白い出だしでした。バイクチェイスもあったりして。
 弟に裏切られて刑務所に入って5年後に出所して、今はスタントライダーとしてわざとスタントを失敗して賭けをやったりして生活している。そんな中、昔の仲間を集めて盗みをやって大金を得ようぜとなる。当然、弟と組みたくないと1度は断るけど。お金に困ってるのでやっぱりやると。

 そこから用意周到な準備が描かれていきます。盗みの連中が集まってるぞ、とインタポールから目をつけられたりしつつ監視の目をかいくぐっての盗み。
 映像はスタイリッシュでカッコいいし役者さんたちの冗談を言い合いながらの掛け合いも見てて笑えます。そしてコンゲームとしての騙しあいの面白さもあって、クライマックス後のネタ晴らしで主人公の考えが明らかになるのもやられた~感いっぱいでよかったです。

 90分という短さにギュッと詰まったエンタメ作品で面白い映画でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

痛快なコンゲーム・ロードムービー

投稿者:トレヴェニアン 2014年09月28日

パッケージの印象はスパイ系アクションムービーだったけど、実際はコメディ要素のあるスピーディな詐欺ムービー。
スカっとしますね。

レビューをもっと見る・投稿する