愛をつづる詩(うた)のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
23

観たい人
99

投稿者:コオリ 2021年01月17日

「かなり完成度の高い、大人の映画」
という感想。
好きだったはずの人から「心が離れる」時。
一瞬の出会いで「恋に落ちる」時。
二人の気持ちだけではどうにもならない「壁」に
直面し、悩み、苦しみ、でもだからこそ互いの
「存在」の大切さに「気づく」時。
何とも言えない「温かな涙」が頬を伝わった。
冷静に「解説する言葉」がまたピリッと
スパイスになっていて実にうまくまとまっていた。
真髄を衝く言葉達…
かなり深い「メッセージ」が込められていた。
「男と女」
いつもこんなことを繰り返しながら生きていくのだろうな…。
「人を愛する」
もっともシンプルな感情。
そして…
もっとも純粋な感情。
自分の「心」が求めた時には素直に従いたいと思う。
たとえ様々な「壁」があったとしても…。
そんな風に思わせてくれる映画だった。
人が人として生きていく時に
「大切なモノは何?」
ということを教えてくれたかな…。

投稿者:犬 2021年01月06日



冷えた夫婦生活を送る北アイルランド出身のアメリカ人女性と異国在住のレバノン人男性が、文化の違いという障害を乗り越え、衝突しながらも愛し合う過程を追うサリー・ポッター監督による本格メロドラマ

後悔

大人な話
会話劇です

掃除婦が語りかけてくる

人生について
いろんな問題が

雰囲気ある作品

俳優陣の演技も良かったです

投稿者:Rily 2017年05月13日

冷めきった夫婦のもとで働く掃除婦の女性が黒子的役割をしながら展開し、“汚れ”を絡めた数々の暗示的な台詞が面白い。微生物レベルで考えたときに汚れは完璧には排除出来ない、というさりげない言い回しに笑いかけたが、咄嗟にどうしようもない皮肉である事に気付いて目を瞑りたくなった。このお方の世界観はやっぱり独特。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

予告が次々と。早送りできない

投稿者:tanaka 2018年12月27日

予告が次々と。しかも早送りできない。。。 予告だけでやめてしまいました。

7点満点中

投稿者:ビリケン 2010年03月22日

1点

愛の詩は国境を越えた

投稿者:JIGGY 2008年06月11日

単なる恋愛ものかと思ったら奥が深かった。セリフが理論的で詩的。ただレバノン人の彼があれだけ甘い言葉をささやいていたのに急に大国の人間とは理解しあえないみたいなことを言い出してビックリ。プライドを傷つけられたことを彼女に説明しようとするとああなるのか?宗教を信じてないせいかわかりにくかった。そういえばこの監督さん「耳に残るは君の歌声」でもアンチ・アメリカだったような・・・。
突然の別れに対し冷静なイメージの彼女が取り乱すシーンが生の感情を出していて良かった。仮面夫婦のシーンは将来こんなになったら嫌だけど素直になれない気持ちもわかる。叔母の臨終のシーンでは私自身祖母のお見舞いをしなかったことを今でも悔やんでいるので涙。

カメラワークに凝りすぎていて少しうっとうしく感じた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する