GET BACKのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ポールとジョンのケミストリー

投稿者:hinakksk 2020年12月02日

 まだまだ若くてエネルギッシュなポール・マッカートニーの貴重なライブ映像が収められています。ビートルズの珠玉の名曲もたくさん収録されているので、ポールのファンの方のみならず、ビートルズの好きな方々もぜひ一度視聴されることをお勧めします。

 ポールの日本公演にも行ったけれど、このDVDでも、公演でも感じるのは、あるべきものがないという欠落感。ないものねだりということは充分に分かっているけれど、ポールとジョンのケミストリーがあってのビートルズ、お互いに触発し合うジョン・レノンがいてのポール・マッカートニー。ポールは偉大だけれど、せめてジョンが生きていたらと、思わずにはいられない。

 このDVDに収録されているのは、メドレーを含めて全23曲で、そのうち17曲がビートルズ時代の曲です。Hey JudeからThe Endへかけてのラストでは、様々な想いがこみあげてきて心が苦しくなります。 

元気な47才のライブ

投稿者:masaki 2008年07月19日

89~90年に行われたソロ名義では初のワールド・ツアー(ゲット・バック・ツアー)をA Hard Day’s Night、HELP!のリチャード・レスター監督を起用して製作された映像です。

このワールド・ツアーで日本には90年3月に来日。この時ポールは47才! 万全の体調でやりたいとの本人の意向で、一部連日の予定が、一日置きに日程が変更になったと記憶しています。そんな日本でのライブ映像も含まれています。
また、このツアーの約8年後に亡くなるリンダの元気な姿も見ることができます。

DVD発売に伴って、ボーナス・トラック等期待したのですが、残念ながら収録曲は、以下の通り、他、約2分の予告版や、ツアー・データが納められています。
1. Band on the Run
2. Got to Get You into My Life
3. Rough Ride
4. Long and Winding Road
5. Fool on the Hill
6. Sgt. Pepper’s
7. Good Day Sunshine
8. I Saw Her Standing There
9. Put It There
10. Eleanor Rigby
11. Back in the USSR
12. This One
13. Can't Buy Me Love
14. Coming Up
15. Let It Be
16. Live and Let Die
17. Hey Jude
18. Yesterday
19. Get Back
20. Golden Slumbers~Carry That Weight~The End
21. Birthday(ending roll)

ポールの日本公演で。。

投稿者:keith 2007年12月14日

ポールの日本公演の際に、知り合いの方がいい席があるからと誘ってもらい、真ん中の、アリーナの前から2番目の席を取ってもらいました。周りには、芸能関係者が多かったです。ビートルズ時代の曲を歌うポールの元気な姿を見ていると、ジョンの事を思い、何だか悲しい気持ちになり、コンサートの最中で、一時場内が静かになった瞬間に、大声で、「ジョ~ン!!ジョ~ン!!」と思わず叫んでしまいました。その時、周りの人達、及び、ポールも私を見ているではありませんか(^^;その際に、一瞬、小さい声ではありましたが、ポールが、「I know」か、「I see」だったかは忘れてしまいましたが、私を見て、指を指して、親指を立てて、声を掛けてくれたのです。また気のせいかもしれませんが、その後も、何度か私に指を指してくれた様に思います。ポールには大変失礼だった行為かもしれませんが、何か通じ合えた気がして、少し感涙した思い出がありました。。やはり、ビートルズの曲は、ポールだけで、歌うのでは無く、ジョンがいないのは、本当に寂しい事です。思い出話になってしまって申し訳ありませんが、やはり、ジョンあっての、ポールだと思いました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

これでいいんじゃないですか?

投稿者:jun( ̄▽ ̄)ノ 2012年07月30日

伝説になったワールドツアーの記録です。ビートルズファンには御馴染みのリチャードレスターが監督しています。もう最初から最後まで名曲連発。最高です。

ただ、映画の中にメッセージ的な映像がチラホラ入っているのがイヤだという意見が昔からあります。気持ちは分かるんです、ライブ映像の邪魔をされたくないという事なんでしょう。

でも、あの程度の挿入くらいいいじゃないですか? それにライブが阻害されるとか思うんだったら実際のライブに行けばいいのです。これは映画です、実際のライブとは違います。

僕はこの映画がめっぽう好きなので文句はありません。むしろこの後に登場した「ニューワールドツアー」の記録映画の方が普通過ぎて面白くないのであります。

レビューをもっと見る・投稿する