ブルーバレンタインのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
36137

観たい人
35638

投稿者:しめこ 2021年10月17日

ぎゃあぁああぁ。なんちゅー映画。
これ、ディーン悪くなさすぎんか。最初っからずっと愛してたし家族を最優先に考えてたやん。やのになんか、お互いにすれ違った的なこと言われてまじでつらいんやけど....もう飽きちゃったし愛してもないんだよねーーーって感じのシンディがまじでだるいし殴りたい。

投稿者:Raymi 2021年10月16日

米津玄師がPale Blue書くときに見たって言ってたので。

ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズは好きなんだけど、話がとにかくリアル過ぎて、見ててつらい。
相手を思っているけれど、分かり合え無くて、結果相手を思いやれてないのが悲しい。ラスト一緒に泣き崩れた…。
私はシンディに感情移入してたので…。ディーンまじ自重しろ。って気持ちが強かったです。見る人の考え方と年齢によってかなり感じ方が左右される映画だと思います。色んな意見があっていい…。

投稿者:ダニー 2021年10月16日

もし僕が君を傷つけたなら それは君を愛してるから 誰よりも

「よく考えるのよ 恋に落ちる相手があなたに相応しいか」
「いつか消える感情なんか信じられる?」
「愛を見つけるには感情を持たなくちゃ」
シンディとおばあちゃんの会話が泣ける

2人の行くラブホテルの空き部屋「キューピッドの入り江」と「未来ルーム」が愛し合っていた過去とこれから先の2人(別れ)を表していて選んだのが 未来=別れ なのかな
愛の拒絶は辛い
それが分かるようになってから見ると全然感情の深みが変わってくる
1回目はただ悲しい物語だなとしか思わなかったけどいざ自分が同じような経験するとかなり辛いわ

初めて観た去年の4月30日にはまさかこんなにも早く2回目を観るとは思わなかった

「考えないようにしても考えてしまう
映画の見すぎかな“一目惚れ”
一目で好きになるなんてあると思う?」
相手を知らなかったとしてもどうしようもなく惹かれてしまうって実際にあるもんだよ
一目惚れはなかなか忘れられない
だからどうしようもなく別れが辛い

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

腐っても鯛…ハゲてもライアン・ゴスリングだろ?

投稿者:ダイアー教授 2020年02月03日

この映画、そういうことを言ってるのではないと思いますが、
嫁さんを大事にしようと思いました。
※急に優しくすると怪しまれるので、徐々に自然に…

同じく夫婦を描いた『ゴーンガール』はやってるのは人殺しって恐ろしいことなのに、
可笑しくて笑っちゃいましたが、
『ブルーバレンタイン』は背筋が寒くなりました…
リアルだからでしょうか?
明日は俺の身にも起こるかもしれない!

私も女性の“心変わり”の怖さを体験してきました。
昨日まで好きと言ってても、今日の朝に嫌いになって、
嫌いになったら明日も来月も変わらないのですね。

その相手がライアン・ゴスリングでも…
腐っても鯛…ハゲてもライアン・ゴスリング、なのにね。

吹っ切った

投稿者:icy 2019年02月17日

ずっと見たかった映画。やっと見ることができた。ほぼ期待通りの良作だった。むしろ、もっと痛くてもよかった。Deanが純粋すぎるのが痛いと感じるべきなのだろうが、実世界で十分汚れている私にとっては、社会的な文脈でもう少し利己的で狡猾なところのある男性キャラクターの方が強く感情移入できただろう。
時と共に変わるものも変わらないものもあるし、忘れたり痛まなくなったりすることも、忘れることなく自分で敢えてその傷をえぐり続けていくこともある。そして、たとえ変わらないものや忘れないものでも、それを吹っ切ることは不可能ではない。キリスト教的には許しという感覚なのかもしれないが、多くの日本人にとっては禅的な意味で「捨てる」という感覚だと思う。この映画を見て痛みを感じるなら、「捨てる」にはほど遠い何かにとらわれているということであり、それは普通の人として普通に生きている証なのだと思う。

オエッてなるつらさ

投稿者:Uruko 2018年12月15日

胸が締め付けられるというよりも、オエッと吐いちゃいそうな心えぐられる映画。

一見して、子どもを可愛がって妻との関係を修復しようとする旦那の方が好感度が高いようにも思えるけど、子どものあやし方(教育に悪いからそんなにふざけないで!と言いたくなる感じとかタバコの吸い方とか)、怒り方とか、人生に向き合う姿勢とか、くだらないこと言うなよとか…「いい男」じゃない感が伝わってきて、ツライ。
(妻は妻で、そんな余計なこと言わなくても…というとこもあるけどね。まぁ夫婦ってそういうお互い様たくさんありますね)
もうね、1回無理!って思ったら本当に無理なんです。過去どんなに素晴らしい思い出を共有してても、感謝してても無理なものは無理なんです!!!っていうのがね、諸行無常でツライ。

夫婦の関係というのは、お互いの気持が向き合っているという奇跡の上に成り立っているんだなとしみじみ思わされたました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

自問自答 反省会

投稿者:sumuchan 2013年06月03日

どこにでもいそうな夫婦のありふれた一日を描きながらも、その内容は確実に観る者の顔を蒼ざめさせる。夫婦ってジグソーパズルみたいなものか。お互いの凹凸をはめ込むだけで終わりという訳にはいかない。しかしそのひとつひとつを補い合えるのが夫婦のいいところというか、醍醐味なのではないかと思う。その場合は、お互いの為に早めに切り上げる方がいいと思う。ディーンとシンディがどんな未来を抱いていたのか。その青写真は本当に別々のものだったのか。二人が下した結論は、なんだかとっても勿体無いような気がするのだが、もしかしたらお互い距離を置くことで新たな視点を得る事が出来るかもしれないし、その時、二人があんなに探しても見つからなかったピースが、思いがけないところから出てくるのかもしれない。愛が始まった日と失った日が重ね合わせて映し出されるこのクライマックスを観ながら、「描かれなかった5年間」に二人がどんな道のりを歩んできたのかを想像しつつ、同じパズルを完成させる為に気をつけたい様々な事柄を、今一度見つめ直してもらえたらと思う。この映画はカップルで鑑賞しない方がよさそうだ。

即興

投稿者:よっしー 2013年05月10日

男女の純真な関係と家族が滅入るまでが同時進行なので二つの様子が際立ちます。二人の考えと愛情が同じように変化出来ないのが人の難しい所です。他愛ない会話と動きが即興に見えるのは俳優達の手腕です。

自ら幸せを壊してる…

投稿者:スダマ 2012年07月07日

一見、凄く満ち足りた家庭なのに…この女性はどんな男でも満足出来ないのでは?カウンセリング受けた方が良いと思う(笑)演技が素晴らしいです。子供が可愛くて、余計に胸が痛んだ…

レビューをもっと見る・投稿する