ドールマイトのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
34

観たい人
194

投稿者:KoseiHirata 2021年05月24日

エディ・マーフィの『ルディ・レイ・ムーア』を観たからには外せないブラックムービー。
はっきり言って見るに耐えない作品なんだけど本作の舞台裏を描いた『ルディ・レイ・ムーア』を観てからだと愛おしく感じるから不思議。
カット割り変、セリフとちっても採用してたりホンマにフィルム用意するのに苦労したんやなぁ。

投稿者:kazマックスグローバーレッド 2021年03月20日

エディ・マーフィ主演『ルディ・レイ・ムーア』を見る前か 見た後に鑑賞するか、悩んだ末に見る前に鑑賞。

ルディ・レイ・ムーアは70年代ブラックスプロイテーション映画の主演俳優でポンコツ映画ばかり出ていたコメディアン。実在の人物が低予算で自主制作映画を作るから『エド・ウッド』のようなもの。

『エド・ウッド』の時はティム・バートン監督の映画を先に見た後にエド・ウッド本人のポンコツ映画を見たので、今回は逆の順番で先にルディ・レイ・ムーアのポンコツ映画を見たけど、エド・ウッド監督以上の低俗映画、これぞブラックスプロイテーション!

刑務所上がりのドールマイトが潜入捜査する無理なストーリー設定、雑な編集による繋ぎ、冒頭で画面上に黒く四角い謎の切れ端やマイクが映ってると思ったら今度は終盤で画面下にマイクが映り込んでるお粗末さ。「タイタニック」や「猿とライオン」の小話は必要か??
腹の出た中肉中背のドールマイトが「マザー・ファッカー!」を連呼し、動きの鈍い空手アクションを披露。サミュエル・L・ジャクソン以前の元祖マザー・ファッカー俳優はこの人だったのね。

とりあえずは『ルディ・レイ・ムーア』を見る前の予習は完了。

投稿者:KS 2020年06月11日

70年代のブラックスプロイテーション映画の一つ。

いま起こっているデモの原因である、ミネアポリス警察による暴行死事件があるが、そういった警察の問題をコミカルなタッチでヒップに描いている。70年代のブラックスプロイテーションというムーブメントで、映画の題材として取り上げられるようになったが、それらの問題が未だ未解決である事を描いたスパイク・リー『ブラック・クランズマン』の元ネタの一つでもある。

いま以上に頻繁に起こっていたんだろうし、そういった現実からの逃避であり、不満の吐口として、この映画が受け入れられた側面もあるんだろうと思う。


映画『ルディ・レイ・ムーア』での制作過程を見てからこれを観た方が、この映画のツタナイ所の味わい深さを楽しめるのでオススメ(編集の粗さや音楽の使い方が唐突だったり、同じ部屋を使い回している所など)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

誰の、何のための映画?

投稿者:trygun 2008年03月19日

うあっ、やっちゃった。
これ、面白い?
中学生以下のストーリーに小学生以下のアクション。
黒人がカッコいいと思い込んでいる馬鹿者におすすめしたい作品。黒人=カッコいい、が間違いとわかる映画です。
俺様ってすごいだろう、というなんとかセガールの映画みたい。ただあちらの方がいんちき関西人でこちらはメタボな黒人という感じでしょうか?
かなり損した気分です。

ブラックプロイテーション映画?

投稿者:カプチーノ 2007年05月16日

ブラックプロイテーション映画として著名な本作品、以前から見たかった。この作品と続く「ヒューマン・トルネード」も見たが、こちらよりも2作目の「ヒューマン~」の方が映画として完成している。
成人指定タフガイ・ラッパー、ルーデイ・レイ・ムーアが、カラテを駆使して悪いやつらに立ち向かうというチープな作品。
「まざあ・ふぁつかあ」その他汚い言葉連発ですが、嫌な感じがしないのは、ルーディの人徳か。
自信満々にきらびやかな娼婦たちを侍らせて悪に正々堂々と立ち向かう姿は痛快。しかし、決して粗野にはならない。どことなく詩情を漂わせているあたりは哀愁があっていい。
時代的に現在と違い黒人がまだ抑圧されているなということを感じます。猥雑なところはありますが、そういった抑圧を吹き飛ばしていくぞといったパワーを感じました。
ルーディ・レイ・ムーアは昨今の黒人スター達とは違った独特のキャラクターです。エディ・マーフィのようなコメディ系でもなく、デンゼル・ワシントンでもない。しかし、後に続く彼らに影響を与えているのではないしょうか。喋りについては、コメディ系の人たちへの影響は大きいなと感じます。
1作目は、話の展開が面白くないことと、映像にスピード感がない、加えて音楽もやぼったい感じがしますが、2作目で化けています。これを見て落胆した方も2作目を是非ご覧ください。どちらかひとつという場合は、「ヒューマン~」の方をオススメします。カルト映画マニアはこの1作目を選ばれるかもしれませんが。
ストーリィはB級ですが、いろいろと見所のある作品です。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する