ワンダーウーマンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
61229

観たい人
25232

投稿者:まなん 2022年05月18日

やっと見れました!
女しかいない国、女だけの一族
私も女家族で育ったのでなんだか親近感
戦い方は教わってないけど笑笑
相手を吹き飛ばすパワーはやっぱりかっこいい、アクションシーンも良き
外の世界に出て来た彼女は何にも屈さず、曲げない真の強い女性でまさしくヒーロー
コスチュームを隠してても隠せない美貌
DCのダークな感じとは雰囲気が変わって面白かった
敵は予想通りだったけど、予想外のことも
最近やってた続編も見たいな

投稿者:Dすけ 2022年05月16日

DCEU4作目。
カッコよすぎるヒーローです。
外の世界を知らないワンダーウーマンが段々と成長していく過程が楽しい。

投稿者:らーめん 2022年05月14日

第一次世界大戦×ローマ神話
現実とファンタジーが見事に調和した素晴らしいヒーロー映画!!

かつて女性ヒーローが戦争の前線に立つ映画があっただろうか?DC映画はオリジン作品のジレンマを破ろうとしている気がする。彼女が力に目覚めるまでのストーリーは第一幕の中でも程々にし、第二幕では舞台を島から戦時下のロンドンへ移している。オリジン作品ではなかなかないテンポの良さと大胆な場面展開。かと思えばすぐに前線へ舞台を移している。そして物語の中盤で1つの大きな盛り上がりを見せてくれる。戦場にの無人地帯を先陣切って突き進む彼女は最高にカッコいい。街に着いてからはもっとかっこいい。戦車をひっくり返すとこが個人的に好き。
よくある映画としてここで力を使い果たし終盤尻すぼみになるがそうではない。
平和を取り戻した街で彼女は音楽の素晴らしさと愛を知る。田舎町の酒場の前でダンスする彼女はとても可愛く美しい。
そして第3幕。アレスとの闘いは激しさを増すが、ただ派手に闘って終わるわけではない。ここがDC映画の見所。大切な何かを教えてくれる。
ダイアナもスティーヴもアレスも言っていることは皆んな間違ってはいない。
「人間の本性を知っている。彼らはは過去もそさて未来永劫無力で、残酷で、身勝手で最悪の恐怖を生み出す存在だ」

「ようやく理解したな。この世界を見よ。私ではなく人間がこうしたのだ。奴らは醜悪で憎悪に満ち無力だ。その女を見ろ、私が間違ってるか。くだらん人間どもの良い見本だ。何ひとつ共感するに値しない。こいつら人間どもは万死に値する。」
戦争を始め、人間同士で殺し合い、そこからは何も生まれない。たしかにアレスの言う通りだろう。しかし人間は過ちを犯し、正しきを学ぶ。愚かだが明哲。
ここでスティーヴのセリフがとてもかっこいい
「僕は今日を救う。君は世界を救え。愛してる」

この言葉でダイアナは気づく。

「お前は間違ってる。そんな人間でも希望はある。大事なのは何を信じるか。私は愛を信じる。」

「世界を救おうとしたあの頃、戦争を止め平和をもたらそうとした。だが明るい光に差す影を私は見た。誰の心の中にも常に光と闇があるを選択によって人は決まる。それは英雄にも変えられない。私は学んだ。愛だけがこの世界を本当に救えると。私はここで戦い、そして与える。世界が平和になるまで。これが私の使命。永遠に。」

愛が世界を救うなんて綺麗事かもしれないが、実際それが真実なのかもしれない。

ガル・ガドットは本当にワンダーウーマンにハマり役だと思う。強く美しい女性の象徴にぴったり。そして作戦に加わった仲間たちも主張し過ぎることなくちゃんとかっこいい。ヒーロー映画のなかでもトップクラスに素晴らしいメッセージ性を持った見応えのある作品だと思う。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

見る前に疲れてしまいました

投稿者:MORISS 2020年07月15日

いざ再生を始めたところ本編メニューの前に延々とCM(本品と関係のない予告編など)が続き、疲れてしまいました。こういうDVDはウンザリです。

美しい!

投稿者:Cow27ef 2019年09月21日

景色も主演も美しい!
そしてなによろ世界観が良かった。

かっこいいっす

投稿者:emit0708 2019年04月07日

ワンダーウーマン、初めて見ました。ちょっと感動もあり面白かったです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

家族で楽しめる

投稿者:Miti 2018年10月05日

ヒーローモノでしょ〜程度でレンタル
ところが映像が綺麗で女優さん美しくってスタイルバツグンで釘付け!
ダイアナがイギリスに着いてからの反応がまぁお決まりだけど笑った
長いけど丁寧な作りでお勧め
続編あるって嬉しい

ガドットを眺めるだけ

投稿者:ino 2018年08月02日

あまり見所がない。強いて言うならガドットを見るだけの映画。
戦闘シーンも、アクションもインパクトがなく過ぎていく。
また、ヒロインのアレスアレスには、うんざりする。一度も島外出てはいないとはいえ、駄々をこねくり回して正直倍速で飛ばした。
約一世紀の島外生活を経てジャスティスリーグのような彼女になったことは幸いだった。
ジャスティスリーグの補完で見るなら、全くおすすめしない。

レビューをもっと見る・投稿する