カーズ 2のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
27360

観たい人
2637

投稿者:ち 2021年11月28日

東京、イタリア、フランスっていくと町並みも車もおしゃれさのレベルの違いがありすぎた。楽しい、イタリアとかfiatばっかりでほんと可愛くて仕方ない、画面中新旧チンクだらけでニヤニヤしちゃうカーズはストーリーそこそこに車見れるのが楽しい。配信の映像特典でピクサーでやってる愛車自慢する行事の様子もテンション上がった。

投稿者:タカナリ 2021年11月21日

「ピストン・カップ」を4度優勝したライトニング・マックィーンが、今度は「ワールド・グランプリ」に挑戦。友人であるメーターもピットクルーとして参加することになったが、メーターの行動が原因となり、マックィーンとメーターの友情に亀裂が入ってしまいます。

「カーズ」の続編ではありますが、主人公はマックィーンではなくメーターです。ですので、2というかスピンオフと言った方がいいのかもしれません。
そして内容も、メインはレースではなくスパイ活動です。
今回メーターは、アメリカの諜報員に間違われて、スパイになるわけなんですが、メーターなんでまともに出来るわけがありません。そのまともじゃない感じを楽しむんでしょうけど、ノれない人はいるでしょうね。
私は若干イラッときました。

スパイ映画としては甘い出来ではありますが、話自体は面白いです。終盤の爆弾騒ぎとかも好き。
だけど、なにもカーズの世界観でスパイものやらなくても良かったのではないかとは思いましたね。

なぜメーターを主人公にしたんだ。

投稿者:Johan 2021年11月18日

メータが主人公の外伝感があった。

個人的にそこまで嫌いじゃない。

前作で成長したライトニングに対し、親友である彼も、変わらないなりに、自分らしさを良さとして、活躍するのは素敵だった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

息つく暇もない

投稿者:bell 2017年12月11日

 カーレースとスパイ作戦が混ざった吹っ飛んだ筋書きで、アニメアクションで見せられるもの全てのオンパレードという感じ。その分、盛り込みすぎな感もあるが、息つく暇もないアクションとの動きとスピード感には目が離せない。しかしカーズに期待するのはまさにそこ。
 メーターは調子に乗りすぎるのと空気読めないとかで、ときに迷惑者になっているが、じつは気が優しくてなんでも引き受けてくれる親しみがある。こういうお節介者は何処にで居そうだし、また居てくれないと困る奴。強者でも無能でもなく、ちょっとした差異による一個人としての生きづらさを「君は君のままでいい」とアドバイスするマックィーンとの友情は、普通に生活している者の多くを勇気づけることだろう。私も頷きながら観ていた。そんな仲間の絆をキャラクターに押し着せなく映しこんでいるのも、このシリーズの好感の持てるところだ。
 それにしても次々と見せ場をつくるテンポは、さすが娯楽大国アメリカアニメという感じで、参りましたという感じでした。★★★★

面白かった

投稿者:potteryman 2014年12月11日

面白くって、楽しかった。3歳の孫は、ハラハラドキドキ。4回もみました。

カーズ2

投稿者:片山刑事 2014年12月07日

 画面の作りこみがハンパなくて、実写より綺麗だと思えるくらいの街並の風景画凄いです。
 それに、主人公達の勘違いなどで日ごろの鬱憤がたまって爆発してしまい友情にひびが入るけど。いなくなって、やっぱりお互いが大事に思っていることを再確認する展開も面白く見ることができました。
 
 ところが、メインのストーリーである果たして車である必要があったのかがわからないくらい普通のスパイコメディになっているのが残念でした。それに、メーターたちの勘違いやドタバタ騒いで。気づかないうちに解決してしまう展開は見ていてイライラしてしまいました。
 マックイーンのレースシーンも合間に挿入されますが、全くの脇道なので盛り上がることがないです。むしろない方が、時間が短くなってよかったと思いました。

 石油の問題なんかを巡ってのスパイものですが。やっぱり、数あるスパイ物を子どもむけにやっているだけで。目新しさがなくて残念でした。
 映像はすごいけど、中身は普通。というのが天下のピクサーが作ってしまうのが残念でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

主役が余り活躍してなくて

投稿者:猫娘 2015年07月25日

このアニメの主役が今回は余り活躍してなくてなんか面白く感じなかった

国際色豊かな車たちの世界

投稿者:さえこ 2012年12月10日

車たちの活躍を描くピクサーのアニメーション映画「カーズ」の第二弾。
レースカーのマックィーンは、ワールド・グランプリに出場することになり、レッカー車のメーターたちチームと開催地である日本へ訪れます。

前作と比べ、マックィーンのレースシーンは少なく、バイオ燃料“アリノール”をめぐるメーター中心のスパイアクションものに変わっていたと思います。
どちらかといえば大人向けの作品。
人間の世界に通ずるようなまた違った楽しみを味わえました。

今回は、国際色豊かな車たちの世界が、観ていて楽しかったですね。
前作よりもより光沢がある滑らかな車体にユニークな動きをつけたピクサーの映像技術には、本当に感心させられます。

そして、日本、イタリア、フランス、イギリスと各国をまわるのですが、日本が舞台となっている場面では、ウォシュレットネタを車の世界でも表現しているところが斬新でした。
後、車たち仕様になったスパイグッズがまた楽しくて良かったです。
スパイが車だったらこういうこともできるんだという新しい感覚でした。
田舎者のメーターが何気にスパイとして活躍しているところも面白かったように思います。

うーん

投稿者:ののっち 2012年03月17日

前作の方が面白かった

レビューをもっと見る・投稿する