水を抱く女のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
1015

観たい人
2700

投稿者:いふぁ 2022年01月07日

水を司る精霊ウンディーネの話

ハッピーエンドじゃないけど
神秘的な恋の話だった

クリストフのために魂を水に還したのかな

バックサウンドが良かった〜

投稿者:怒りのメタファー 2022年01月05日

人魚姫の原点となった神話をモチーフにしたメロドラマ。ベルリンの女優賞受賞もピンと来ず。ベルリンの歴史の説明が何度もあり何かのメタファーと思うけど知識が無くて分からなかった。後半の心霊展開の意味が良く分からなかった。解説あれば10点位上がるかも。

投稿者:ペコリンゴ 2022年01月04日

記録。
呪われた愛の代償。

地・水・風・火の四元素を司るという四大精霊の1人(?)、水の精霊ウンディーネの物語を現代ドイツ・ベルリンを舞台に蘇らせた現代の寓話。

原題はそのまま「Undine」。
ゲーマーの方ならナムコ(現バンダイナムコ)のRPG「テイルズ オブ」シリーズの召喚魔法としてお馴染みかもしれません。アンデルセンの人魚姫も影響を受けたんだとか。

このウンディーネ、ゲームでは水属性の攻撃あるいは回復魔法を行使する印象が強いのですが、元来は人間の男性と結婚する事で魂を得るものの、それには3つの禁忌を伴う、とのこと。

その禁忌とは…

1.水のそばで夫に罵倒されると水に還ってしまう

2.夫が不倫した場合、夫を殺して水に還らなければならない

3.水に還ったウンディーネは魂を失う

…2つめとかちょっと怖いですよね。

とまぁ長くなりましたが、言いたいのはこの設定を念頭に置いて観た方が良さそうだってこと。ここ日本では一般的な知識とは言い難いと思いますし、確か映画ではこの辺の明言無いですからね。

本作で特に心に残ったのは、染み入るバッハのピアノ旋律、水の精霊と潜水士の恋愛ということで随所で強い印象を残す水。そしてそんな使われ方するんだ…なBee Geesの「Stayin' Alive」。

まぁアレコレ言いましたが端的に言うと、
美しく、恐ろしいようで切ない。
そんなダークな恋愛ファンタジーでした。

ちなみに、僕も昔女性に「殺す」と言われた事があります。彼女は水の精霊だったのかもしれません。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

フツーのおネエさんと思っていたら

投稿者:daichan 2021年11月12日

自分の全てと思っていた恋人から別れを告げられ
殺す、という言葉が冗談にきこえない眼から
涙がはらはらと落ちる
靴をロッカーに蹴り込みながら急いで着替えて仕事にもどり
新しい恋人との運命的な出会い
ドキドキ、いそいそ、ラブラブ
元彼との運命的な路上でのすれ違い
そしてアクシデント・・・
シーンが変わるたびに全く違う表情を見せるウンディーネ
ハリウッド女優のような完全無欠な美人さんではないだけに
リアルな親近感を感じてお尻を追いかけてしまった
そういう、ちょっとアブナイ隣のお姉さんが
実は人魚だったなんて

現代都市ベルリンを背景にした水の精の幻想譚

投稿者:hinakksk 2021年09月03日

 水の精ウンディーネについて多少の知識のある人には心に迫ってくる作品かもしれないけれど、一般の視聴者に対してはどう考えても説明不足という気がする。長々と都市開発の解説をするシーンよりも、ナレーションやイメージ映像で、まず最初にウンディーネに課せられた哀しい宿命を簡単に語るべきではなかったのかという気がする。

 恋人ヨハネスに別れを告げられて、ウンディーネは、あなたは永遠に私を愛してくれるはず、私を捨てたりしたらあなたを殺すと驚きの発言をするのだが、水の精の伝説を知らなければ、心変わりをした相手にただ執着するだけの未練がましい怖い女としか思えない。しかも、殺すとまで言いながら、直後に出会った別の男性クリストフと簡単に恋愛関係になってしまう。ラブストーリーの展開なのに、優しいクリストフを振り回すウンディーネに共感し難くて戸惑う。

 ウンディーネは、歴史研究者で、ベルリン市の住宅都市開発省の博物館で来館者に展示の解説をする仕事をしている。このシーンが何度もあり、やたらと長く、映画の3分の1ぐらいを占めているのではないかと感じられるほど。東西ベルリンや、再統一後のベルリン市の都市計画について、専門的で詳しい説明が行われているので、思いがけず、この分野についての知見が得られる。ただし、それがこの物語にどれだけ必要だったのかどうかは、別問題なのだけれど…。

 終盤になってやっと神秘的で幻想的なシーンが描かれるが、それでも物足りない。愛する人を救うために宿命に殉じ、自分を犠牲にするウンディーネの哀しみを、もっとストレートに伝えてほしかった気がする。

水に抱かれる女

投稿者:裸足のラヴァース 2.0 2021年08月30日


佳品「水の中のつぼみ」のセリーヌシアマの新作と勘違いしてる
つまり「燃える女の肖像」を見るべきか そして「東ベルリン…」
を見たかどうか定かではないとくる あらら

カフェにて痴話喧嘩 私を捨てたら殺すと 脅す女 不穏なり カルメン
ならぬ 私はウンディーヌと言うなの女 水フェチか いやさ水の方が
彼女を求めているのだ 半分はファンタジーか

ハナから作り物めいた物語で見せようとしている まあ それが
面白いとは言える と思ってると水槽がぶっ壊れる 女も壊れ始める
なんだこりゃ いったん壊して またまた作り物めいて来る その線か

そんなこんなで BGMなピアノが良いな 電車の使い方が上手い
「ドライブマイカー」にゃ ナマズ登場 春樹の方はウナギだったか
リヴェットの様なわざとらしさがあるな ドイツならではな3人共
器量は悪いか そりゃ失礼

水を介して語り手が 後半反転する 「ドライブ」では主人公の妻が
1時間後に死ぬ なんとそこでタイトルが出て 転調する 今作では
女は水に消えるだろう この後ラスト15分は カット割り他 演出が
地味に秀れているなあ 気に入った 面白かったので四つ星

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する