マージン・コールのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
1046

観たい人
1101

投稿者:とびまる 2019年06月09日

出演者が豪華なだけに凄いドラマチックな展開があるのかと思ってたけど、結構淡々としたストーリーだった。金融用語は少なめなので理解に苦しむことはなかったです。

投稿者:rYt 2019年06月02日

リーマンショック直前、知らない間にリスクパリティが偏り大規模な損失を出す話。

金融危機前夜にここまで落ち着かれると見てる方も拍子抜け。やっぱビッグショートみたいなバカ騒ぎパニックの方が楽しいな。

投稿者:ゆいまる 2019年05月17日

こういう金融話は難しいんじゃなかろうか?ってみる前から懸念しがちなのですが、そんな私でも面白かったです!!

キャストがとっても豪華で観ていてワクワクが止まらなかったです!!!

ggのダン役 ペンバッジリー

スポックことザカリークイント

我らが(?)スタンリートゥッチ

額に輝くストーン ヴィジョンのポールベタニー

そして私がこの映画を観るきっかけになったケヴィンスペイシー様

1つの会社の上司と部下の関係を追っていったらこんな事に✧⁺⸜(●˙▾˙●)⸝⁺✧!!

個人的に、スペイシーがテッペンだったとしてこのキャストで映画一本出来上がるんじゃないかって途中で思ってましたが・・・・・・

こんなのまだまだ序章!!

でてくるでてくる、スペイシーのボスにボスのボスに・・・止まらない!またこの人達もみんな豪華♥️

〝えっ?この人の上の人は誰?〟ってだけでも映画を楽しめました!

時間としては一晩に起こった出来事を描いているので、緊迫感や臨場感が伝わってきてドキドキしました。

ここぞという時の〝決断力〟がとってもカッコいい映画でした!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

これもリーマンショックが題材

投稿者:mn 2018年01月04日

経済事件、証券スキャンダルとしては掘り下げが浅いけど、ビジネスシーンに素人(おっとごめんなさい)の皆さんにはついていきやすいストーリーかな。最後の方にあったけど、エコノミックアニマルは歴史を何度も繰り返す、いや正確に言えば人間だから似たような出来事は、何度も何度もやってしまう、という教訓でした。わかりやすい良い映画でした。

数字の裏側がちょっとわかりました

投稿者:一番搾り 2015年10月21日

話しには聞いていましたが、アメリカのリストラがどんな感じか良くわかりました。
また、毎日表示されている相場情報の数字の裏でどんな事をしているのかをテンポよく見せてくれています。
数字の説明をさらりとやっていますが、あそこは、もっと突っ込んでやって欲しいところでした。多分こんな事かもと妄想、想像をしてしまいました。
それにしても最後まで緊張して見ることができたドラマ?(ドキュメンタリー映画?)でした。

人と犬 橋と金

投稿者:ちびた 2015年06月03日

いきなりやってくる過酷なリストラ
「デリケートな仕事についていたので…」
と 携帯をとめられ 監視までつく解雇

エレベーターに乗るとき部下に手渡したUSBが一つ

その夜 リストラを免れた元部下が
だれ一人いないオフィスでファイルを開くと…

一応のさサスペンスはあるものの
全体的に地味な印象をぬぐえない
だが その地味さが重厚につながるという見方も…

劇中エリックが
過去に自分が架けた橋の効果をいう場面
投資(投機)という虚業と 実業の対比になっている

吸血鬼かゾンビのような幹部連の中で
結構いいやつに見えるサム
愛犬の死に我を失う場面
自分が踏みつけてきた大勢の人より犬の方が…
という対比

この二つの対比はなかなか

そして評価
対比は鋭いけれどボリューム不足
全体のトーンが告発調でなく 抑えた感じになっているのも
この流れの中ではちょっと不満
なのでポイントは1.0 星四つ

ちびたのブログ 「ご隠居通信」は
こちらのアドレスへ
http://ameblo.jp/chibita5554141

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

リーマン・ショック直前のウォール街

投稿者:さえこ 2012年10月10日

リーマン・ショック直前のウォール街の様子を描いた作品。
大規模なリストラにより解雇された男の分析データにより、投資銀行が保有する大量の金融商品がこのまま値崩れを続けると銀行の総資産を上回る損失が出るという結論に達します。

個人的に、金融関係はやはり難しいですね。「ウォール街」のような作品だと、まだエンターテイメント性に富んでいるので、解ったような気にもなれたのですが、今作はドキュメンタリー風に淡々と表現されており、少々解りづらかったように思います。

豪華キャスト陣の演技は見応えがありましたが、自分の理解不足も影響して地味なストーリーに退屈してしまったことが残念です。

ケヴィン・スペイシーに注目

投稿者:吟遊映人 2012年05月06日

この作品は、役者陣の演技力に支えられて見ごたえのあるヒューマン・ドラマに帰結したものだ。内容は淡々としているため、パニック的要素は薄い気がする。役者の顔ぶれを見ると、英国人俳優が多く、ダンディでスタイリッシュで身のこなしにキレがある。こういう淡々とした映画には、英国人俳優の華のある演技がとても効果的だ。日本では劇場未公開なので、この機会にレンタルして、こういう金融業界の裏事情をのぞいておくのも悪くはない。おすすめの逸作だ。

ラスト

投稿者:こずりん 2012年03月18日

ラストがあっさりし過ぎていると感じたんですが、いいんですかね?!個人的にポール・ベタニーのスマートさが良かったです。若手社員でザッカリーとペンが出ていますが、証券マンにしては骨太です。

レビューをもっと見る・投稿する