ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
1779

観たい人
424

投稿者:ぽむ 2020年08月10日

歌って、踊れるペンギン。第2弾

映像は綺麗でした。
仲間の大切さ。仲間の団結の大事さ。
そうすればなんでも成し遂げれる。

人と違う個性。その個性こそが自分。なんだよ。

前作の方が良かったかもw

投稿者:siro 2020年08月04日

種族をこえた助け合いのストーリー
今回は人間がどうにかできないような自然現象で皇帝ランドがピンチに
ラブレイスのお腹が更にでっぷりとしていたような?
そしてまさかのオキアミの2匹が、ブラッド・ピットとマット・デイモンとか豪華すぎる声優陣

投稿者:ネオニダス 2020年07月21日

なんだかな~、こう、イベント一つ一つがなんか脈絡がないというか行き当たりばったりなんよな。だから最後までみても「で、結局なんやったん?」って感じが強い。最後の御都合主義的解決なんか言い感じの話だった的な雰囲気も前作と変わらず

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

CGアニメの到達点

投稿者:みなさん(退会) 2013年04月30日

ケーブルTVで放送しているのを観て、あまりに面白かったのでDVDを買ってしまった作品。腰を据えてキレイな画質で観たかったのである。……でも、ブルーレイにすれば良かったと、ちょっと後悔している。

お話しは、巨大な流氷がぶつかり、氷に閉ざされたコロニーから仲間たちを救うためにマンブルくんが奮闘する、というもの。前振りは別にして大雑把に言うと、こんな感じ。(笑)
冒頭から地球温暖化に触れるが、決して環境問題を声高に叫んだりはしない。何の関係もないペンギンの世界に与えた影響を描くことで、深刻さを伝えている。そして、各々の小さな一歩が偉業を成し遂げると説く。実によく整理された脚本だった。ただ、よく出来すぎていて批評家筋の評判は悪かったようで、やっかみ半分の記事を読んだことがある。

個人的には好きなストーリー展開なので、それだけでOK。人種、種族を超えて力を合わせて困難に立ち向かう。夢物語に過ぎないかも知れないが、私は単純なので、同じ思いの人たちがいると思うだけで嬉しくなってしまう。(笑)
先の震災の時、世界中から被災者の方々に手が差し伸べられた。まんざら今の世の中も捨てたもんじゃないと思った。中には耳を覆いたくなるような非道な人たちもいたようだが、ほとんどの人たちの善意は、確かに大きな潮流となって、そこにあった。誰もが小さな一歩が大切であることを知っていた。あれから2年が過ぎて、流れは細くはなってしまったが、いまも連綿と続いている。

本作品は、ペンギンの世界を通して、そんな人々の善意を描く。善意とは無償で対価を求めない。「なぁに気にするな」というセリフは、カッコいいボスの決め台詞であると同時に製作サイドの思いが込められている。――けれど、そこはジョージ・ミラー監督だ、冷たくて薄情な現実も織り込んで来る。決してすんなりとはいかないんだよと教えてくれる。
大きな障害に立ち向かうためには、仲間を集めなければならない。そのためには、互いに尊重し合うことや理解することが必要になる。その難しさを、さり気なく物語に忍ばせた脚本は、やはり、見事と言わざるを得ない。

前作も面白かったが、後半の病的なイメージがあまり好きではなかったので、今回は溜飲を下げた思いがした。捕獲されて水族館で次第に精神を病んで行くくだりや、発信器をつけてコロニーに戻って来た場面ではロボトミーを連想させて、かなりひいてしまった。
本作品は、前作の設定をベースにエンターテイメントに徹している。お馴染みのキャラクタも総出演。おかげで安心して観ていることが出来た。

そして、CGのクオリティが格段に向上したことも見逃せない。映像の質感が素晴らしく、音楽とダンスの融合はディズニーの『ノスタルジア』に匹敵すると思う。縦横無尽に動くカメラは、いかにCGとはいえ、センスとパワーが必要だろう。気の遠くなるような作業を思うと脱帽だ。或る意味、CGアニメのひとつの到達点が、本作品だと思う。

興収はふるわなかったようだが、毒にも薬にもならない作品が次々と公開されている中では出色の出来映えだった。オススメ!

本当に、楽しく見ることができました。

投稿者:stm_gen 2012年12月11日

前作にあった、環境破壊に対する人間批判という、社会的なテーマは影をひそめてしまって残念でした。
また、ダンスのだいご味は前作より少なくなっていました。
しかし、ペンギンの踊りと歌は、十分大人でも楽しめました。
こういう楽しみを引き続き提供し続けてほしいですね。
本当に楽しく見ることができました。

歌って踊る正統派アニメなんだろうけど

投稿者:Yohey 2012年07月31日

この作品って、正直あんまり面白くないのよね。ペンギンはかわいらしく描かれているし、氷の世界もキレイだし。今回は、狂言回し的な存在のオキアミくんたちもいたりして、もうアニメとしては真っ当な展開。さらには、随所随所でダンス、そして歌。正統派ディズニー・アニメの展開です。でも、なんだろう、この物足りなさは・・・

で、考えたところ、結論は・・・ギャグがあまりないんですよ。そんなことないだろうと、ロビン・ウィリアムズが声をやっているキャラなんかは笑かせ役、とか思うんだけど、なんかな。クスリと笑えるようなそんなネタがない。楽しさの要素が少ないんですね。そして、なんか、えぇ話を作ろうとしているんだけど、それがうまいこと出来ていない、そんな感じがしました。家族の愛とか、友情とかそういったものも深く描けてないんですよね。もったいない。

前回もストーリーの展開には納得ができずだったので、なんでしょう、脚本もう少ししっかりしてよ、ってことなのかな。残念。映像はほんまいいと思うんだけどなぁ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

日本の大人は

投稿者:食わず嫌いのヘ゜ンタ 2012年02月03日

今はとりあえず福OR愛菜を使っておけばオールOKっていうハ゛カな日本の大人のせいで作品が全てだいなし。

レスキュー隊

投稿者:砂くじら 2012年01月23日

見れないことはありませんでした。 話としては単純なモノでしたが、結局、この映画を通して何を見せたかったのかがボンヤリとした印象。 自分が日本人だからか解りませんが、踊りそのものにあまり馴染みがない為、ペンギンがダンスするって時点で『何で?』と感じます

レビューをもっと見る・投稿する