ルール 無法都市のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
59

観たい人
72

投稿者:ケイスケ 2019年02月01日

銃撃戦はマイナーな作品ながらクオリティが高く満足

リアルな銃撃戦映画を調べて出てきただけはある

リアルな銃撃戦映画を見てしまうと そのレベルのクオリティがないと物足りなくなってしまう

storyは普通 笑

マイケル・マンの映画を見た後に見るのはダメ笑




でもこの監督の映画は期待出来そう

投稿者:栁夛一 2019年01月07日

銃社会には反対だが、やはり映画の中でのガンアクションはシビれる。

マグナムを撃っても構えた腕が微動だにしないテイタム撃ちのチャニング・テイタム。007で銃を扱う手つきが余りに見事であったためホンモノの方を唸らせたティモシー・ダルトン。海兵隊の教官をして「彼のように早く装填できなかったら追い出す!」と言わしめたヴァル・キルマー。近年ではキアヌ・リーヴスが『ジョン・ウィック』で見事な銃さばきを見せてくれた。少し古いが邦画界でも日活のスター、"エースのジョー"こと宍戸錠もかつては早撃ちの名手として売り出されていた。

そしてこの男、ジョニー・ストロングもまた、作品数はそこまで多くはないものの銃を扱わせたら右に出るものはいないであろう名優である。
気に入らない輩がいた時は心の中にストロングを呼べば全て解決だ。

本作でもストロングの才能が遺憾無く発揮されており、そもそも今回は名だたる銃器メーカーがスポンサーとして装備提供を行っているとのこと。全体的なストーリー自体は何てことないが、ガンアクションはまさしくA級。『ヒート』のように大規模な戦闘シーンこそないものの、実際に銃を扱ったことがない人間にも、これが本物かと思わせるだけの圧を感じた。

投稿者:jigoronha008 2018年05月26日

他の人も言っているように銃撃のシーンは迫力があって良かった。主役の人もなかなかイケメンだし、あまり飽きずに見られる。ダッシュで車に追いつくのはちょっと説明不足かなー。ラッシュだとか一方通行だとか、そういうシーンも入れといて欲しかった。敵役がソウの警官でびっくり。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する